サインツ、F1モナコGPでの2位は「キャリアのなかで一番うれしくない表彰台だった 」と明かす …

サインツ、F1モナコGPでの2位は「キャリアのなかで一番うれしくない表彰台だった」と明かす …

auto sport Premiumが登場。 詳細を見る. autosport web Translation: AKARAG. F1 …

サインツ、F1モナコGPでの2位は「キャリアのなかで一番うれしくない表彰台だった」と明かす | F1 | autosport web
 フェラーリのカルロス・サインツは2021年に初めてモナコで表彰台を獲得した。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)についで2位でフィニッシュしたが、今振り返ると、それは彼のキャリアにおいて"一番うれしくないトップ3フィニッシュ"だったと認めた。

アルピーヌF1チーム、エグゼクティブディレクターのブコウスキー離脱を発表。後任はアストン …

アルピーヌF1チームは、エグゼクティブディレクターを務めたマルチン・ブコウスキーが、チームを離れることを発表した。 1月13日付けでチーム …

アルピーヌF1チーム、エグゼクティブディレクターのブコウスキー離脱を発表。後任はアストンマーティン元代表との噂 | F1 | autosport web
 アルピーヌF1チームは、エグゼクティブディレクターを務めたマルチン・ブコウスキーが、チームを離れることを発表した。 1月13日付けでチームは「アルピーヌF1チームと同チームのエグゼクティブディレクター、マルチン・ブコウスキーは、2022年1月13日をもって両者の協力関係を終了するという決定を、本日発表する」という声明...

フェラーリ、2022年のFDAドライバーを発表。シュワルツマンやルクレール弟らは残留、アーム …

F1からカートにいたるメンバーを見ていくと、まずシューマッハーはFDAで唯一のF1参戦ドライバーになる。22歳のシューマッハーはハースF1チームで2年目の …

フェラーリ、2022年のFDAドライバーを発表。シュワルツマンやルクレール弟らは残留、アームストロングが離脱へ | F1 | autosport web
 フェラーリは、2022年のフェラーリドライバーアカデミー(FDA)の多彩な若手メンバー10名を発表した。メンバーにはミック・シューマッハーと何人かの新規メンバーも含まれている。 F1からカートにいたるメンバーを見ていくと、まずシューマッハーはFDAで唯一のF1参戦ドライバーになる。22歳のシューマッハーはハースF1チ...

角田裕毅「2022年シーズンは非常に重要。チームメイトに勝たないといけない」 | F1 | autosport web

角田裕毅(アルファタウリ)が、海外メディア各社によるシーズン終了後のインタビューに答えた。角田はF1でのデビューシーズンをキャリアの中でも難しい年 …

角田裕毅「2022年シーズンは非常に重要。チームメイトに勝たないといけない」 | F1 | autosport web
 角田裕毅(アルファタウリ)が、海外メディア各社によるシーズン終了後のインタビューに答えた。角田はF1でのデビューシーズンをキャリアの中でも難しい年だったと明かした上で、チームメイトに打ち勝つという2022年シーズンに向けた意気込みを語った。

2021年のF1最終戦は意図的に操作されたのか?ファンはあの劇的展開をどうとらえた …

非常に大きな物議をかもした2021年のF1最終戦アブダビGPだが、『Formula1News.co.uk』が行った世論調査によれば、レース終盤にセーフティカーが導入された際 …

2021年のF1最終戦は意図的に操作されたのか?ファンはあの劇的展開をどうとらえた?(TopNews) - Yahoo!ニュース
非常に大きな物議をかもした2021年のF1最終戦アブダビGPだが、『Formula1News.co.uk』が行った世論調査によれば、レース終盤にセーフティカーが導入された際にF1レースディレクターが

アルボンとの交渉は「それほど難しくなかった」とウイリアムズF1代表。メルセデスとの関係性も …

2021年F1第20戦カタールGP ヨースト・カピート(ウイリアムズ CEO兼チーム代表)&アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ リザーブドライバー).

アルボンとの交渉は「それほど難しくなかった」とウイリアムズF1代表。メルセデスとの関係性も良好だと主張(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 ウイリアムズ・レーシングのCEO兼チーム代表であるヨースト・カピートは、2022年にジョージ・ラッセルの後任としてアレクサンダー・アルボンを起用するための交渉は、外部から見られていたほど難しくもな

F1参戦が噂されるアウディ「驚きを生み出したい」と発言。F1ボスは“VWグループに関して重要な …

2026年からのF1参戦の可能性がうわさされているアウディの技術開発担当取締役であるオリバー・ホフマンが、F1参戦については認めなかったものの「我々の …

F1参戦が噂されるアウディ「驚きを生み出したい」と発言。F1ボスは“VWグループに関して重要な1カ月”と認める(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 2026年からのF1参戦の可能性がうわさされているアウディの技術開発担当取締役であるオリバー・ホフマンが、F1参戦については認めなかったものの「我々のモータースポーツプロジェクトによって驚きを生み

アラン・プロスト 「ルイス・ハミルトンがF1を続ける可能性は五分五分」

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPのF1レースディレクターのマイケル・マシが決定した物議を醸すセーフティカー手順の後、 …

F1:アラン・プロスト 「ルイス・ハミルトンがF1を続ける可能性は五分五分」
アラン・プロストは、沈黙を続けるルイス・ハミルトンがF1を続ける可能性は「五分五分」だと考えている。7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPのF1レースディレクターのマイケル・マシが決定した物議を醸すセーフティカー手順の後、最終ラップでライバルであるマックス・フェルスタッペンにリードを...

アルファタウリF1代表 「2022年は予算上限で最も困難なシーズンになる」 【 F1-Gate .com 】

アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2022年は予選上限のレベルまで支出することになり、管理するのが複雑な状況に陥る可能性があると …

アルファタウリF1代表 「2022年は予算上限で最も困難なシーズンになる」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2022年は予選上限のレベルまで支出することになり、管理するのが複雑な状況に陥る可能性があると語る。2021年のF1世界選手権、F1チームは1億4500万ドルという予算上限で運営された最初のシーズンだった。上限は2022年には1億4000万ドルまで下げられる。

F1新マシン、狙いの”接戦増加”はまだ未知数……ヒュルケンベルグ「シミュレーターでは大きく …

元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグは、オーバーテイクの増加を狙っている2022年の新レギュレーションについて、後方乱気流の問題が確実に解決されるか …

F1新マシン、狙いの”接戦増加”はまだ未知数……ヒュルケンベルグ「シミュレーターでは大きく変わらなかった」
元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグは、オーバーテイクの増加を狙っている2022年の新レギュレーションについて、後方乱気流の問題が確実に解決されるかは分からないと語っている。
タイトルとURLをコピーしました