アストンマーティンF1、いち早く2022年型車のローンチデーを発表。『AMR22』の発表 会を本社 …

アストンマーティンF1、いち早く2022年型車のローンチデーを発表。『AMR22』の発表会を本社 …

アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チームが、他チームに先駆け、2022年型F1マシン『AMR22』の発表日を公表した。

アストンマーティンF1、いち早く2022年型車のローンチデーを発表。『AMR22』の発表会を本社で開催へ | F1 | autosport web
 アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チームが、他チームに先駆け、2022年型F1マシン『AMR22』の発表日を公表した。 チームは2月10日(木)に、イギリス・ゲイドンのアストンマーティン・ラゴンダ本拠において、『AMR22』の発表会を行い、その模様を配信すると、1月14日に発表した。

シューマッハー、2022年型F1マシンには「うまくいけば小さなアドバンテージを与えてくれる何か …

F1でのシーズン前の準備は、チームとドライバーが長時間のシミュレーター作業を行うのが常だ。また、2022年シーズンには大幅なレギュレーション変更がある …

シューマッハー、2022年型F1マシンには「うまくいけば小さなアドバンテージを与えてくれる何かがあるかも」 | F1 | autosport web
 ミック・シューマッハーは、2月に初めてハースの2022年型マシンに乗ることになる。ハースはチームでシミュレーターを所有していないため、シューマッハーはバルセロナのコースに赴いて新マシンを走行させる。 F1でのシーズン前の準備は、チームとドライバーが長時間のシミュレーター作業を行うのが常だ。また、2022年シーズンには...

BBSジャパン、2022年から供給するF1全チーム、NASCARの統一ホイールをお披露目【東京 …

BBSジャパン、2022年から供給するF1全チーム、NASCARの統一ホイールをお披露目【東京オートサロン2022】. レースを愛してやまないファンの方々へ auto sport …

BBSジャパン、2022年から供給するF1全チーム、NASCARの統一ホイールをお披露目【東京オートサロン2022】 | F1 | autosport web
 1月14日、千葉県の幕張メッセで開幕した東京オートサロン2022で、BBSジャパン株式会社はプレスカンファレンスを行い、2022年からFIAフォーミュラワン世界選手権で採用される統一ホイールを全チームへ、さらにアメリカのNASCAR最高峰のカップシリーズで採用される統一ホイールを供給すると発表し、両カテゴリー用のホイ...

元王者D・ヒル氏ら、英国の元F1ドライバー3人が昨季アブダビGPの結末に不満…マイケル・マシ …

元F1ドライバー3人が、2021年の最終戦アブダビGPで起こったことについて、それぞれの見解を示している。 昨季、マックス・フェルスタッペンとルイス・ …

元王者D・ヒル氏ら、英国の元F1ドライバー3人が昨季アブダビGPの結末に不満…マイケル・マシを糾弾|F1(DAZN News) - Yahoo!ニュース
元F1ドライバー3人が、2021年の最終戦アブダビGPで起こったことについて、それぞれの見解を示している。 昨季、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンのタイトル争いは最終戦までもつれ、2

レッドブルF1、2022年F1マシン『RB18』の発表会を予告

レッドブルF1は、2022年F1マシン『RB18』の発表会を予告。日程は明らかにしてはいないが、“革新的”な発表イベントをネット上で展開する。2021年にマックス・ …

レッドブルF1、2022年F1マシン『RB18』の発表会を予告
レッドブルF1は、2022年F1マシン『RB18』の発表会を予告。日程は明らかにしてはいないが、“革新的”な発表イベントをネット上で展開する。2021年にマックス・フェルスタッペンがホンダのF1エンジンを搭載したRB16Bで自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得したレッドブルF1。チームにとっては2013年のセバスチャ...

ホンダ/レッドブルF1育成の岩佐歩夢、2022年はDAMSからF2に参戦 【 F1-Gate .com 】

レッドブルF1とホンダの育成ドライバーである岩佐歩夢が、2022年にDAMSからFIA-F2選手権に参戦することが発表された。ホンダは1月14日(金)に東京オート …

ホンダ/レッドブルF1育成の岩佐歩夢、2022年はDAMSからF2に参戦
レッドブルF1とホンダの育成ドライバーである岩佐歩夢が、2022年にDAMSからFIA-F2選手権に参戦することが発表された。ホンダは1月14日(金)に東京オートサロンで『2022 モータースポーツ参戦体制発表』を実施。育成ドライバーである岩佐歩夢がFIA-F2にステップアップすることが発表された。

レッドブルF1、2022年に5名のジュニアドライバーをFIA-F2に投入 – F1-Gate.com

レッドブルF1は、2022年にF1のフィーダーシリーズであるFIA-F2に5名のジュニアドライバーを送り込む。潜在的な2023年のアルファタウリのF1ドライバー候補で …

レッドブルF1、2022年に5名のジュニアドライバーをFIA-F2に投入
レッドブルF1は、2022年にF1のフィーダーシリーズであるFIA-F2に5名のジュニアドライバーを送り込む。潜在的な2023年のアルファタウリのF1ドライバー候補である5人は、4つの異なるチームに分散される。レッドブルのジュニアドライバーが唯一ペアを組むのは、昨年、チャンピオンを獲得したアルピーヌF1育成のオスカー・...

ホンダが若手育成のSRSをHRSへと名称変更、レッドブルとも連携強化し次のF1ドライバー育成へ …

フランスF4にはSRS-Fスカラシップの荒尾創大と野村勇斗が参戦、ともに16歳だ。 ホンダはF1活動を終えたものの、次の日本人F1ドライバーや優秀なドライバーの育成 …

ホンダが若手育成のSRSをHRSへと名称変更、レッドブルとも連携強化し次のF1ドライバー育成へ(TopNews) - Yahoo!ニュース
1月14日、ホンダは「2022年 Hondaモータースポーツ参戦体制発表会」を開催し、「鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)」の名称を「ホンダレーシングスクール鈴鹿(Honda Racing

ホンダ 「新生HRCの技術でレッドブルのF1参戦を支えていく」 – F1-Gate.com

ホンダのブランド・コミュニケーション本部長を務める渡辺康治が、2022年のホンダのモータースポーツ活動を概説。F1に関しては新生HRCでレッドブルのF1活動 …

ホンダ 「新生HRCの技術でレッドブルのF1参戦を支えていく」
ホンダのブランド・コミュニケーション本部長を務める渡辺康治が、2022年のホンダのモータースポーツ活動を概説。F1に関しては新生HRCでレッドブルのF1活動をサポートしていくとした。ホンダは、2021年にパワーユニットサプライヤーとして参戦したF1世界選手権において、レッドブル・レーシング・ホンダのマックス・フェルスタ...

F1:バルテリ・ボッタス 「単年契約のプレッシャーは内側から心を喰い始める」

バルテリ・ボッタスが、メルセデスF1のキャリアを振り返り、単年契約のプレッシャーがどのように影響していたかについて語った。2017年にウィリアムズから …

F1:バルテリ・ボッタス 「単年契約のプレッシャーは内側から心を喰い始める」
バルテリ・ボッタスが、メルセデスF1のキャリアを振り返り、単年契約のプレッシャーがどのように影響していたかについて語った。2017年にウィリアムズからメルセデスF1に移籍したバルテリ・ボッタスは、5回のコンストラクターズタイトルに貢献。チームと101戦に出場し、10勝、58回の表彰台、20回のポールポジションを獲得した...
タイトルとURLをコピーしました