ボッタス、"常に学び続ける"ハミルトンの強さを語る「今も伸び代があって 、決して楽をしようと …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ボッタス、"常に学び続ける"ハミルトンの強さを語る「今も伸び代があって、決して楽をしようと …

F1 | ボッタス、“常に学び続ける”ハミルトンの強さを語る「. 元メルセデスのドライバーであるバルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンが絶え間なく前年 …

ボッタス、"常に学び続ける"ハミルトンの強さを語る「今も伸び代があって、決して楽をしようとしない」 | F1 | autosport web
 元メルセデスのドライバーであるバルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンが絶え間なく前年から改善していく能力が、7度の世界チャンピオンである彼の最大の強みを表していると考えている。 ボッタスは5シーズンにわたってハミルトンとコンビを組んできたが、それは充実した期間となった。ふたりの仕事上の関係は決して揺らぐことはなく、...

F1参戦3年目、マクラーレン・ホンダはバラバラ。アロンソに「こんなことなら、去年のエンジン …

ホンダF1参戦2015-2021第4期の歩み(4) フルワークス体制で再び挑んだ第3期(2000年~2008年)から7年—-。ホンダはパワーユニットのサプライヤー …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

F1自己最高得点の裏側……ガスリー、牽引役として戦った2021年を振り返る「ユウキとの関係は …

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は2021年シーズンのアゼルバイジャンGPで3位表彰台を獲得し、いくつかのレースではトップ6フィニッシュを …

F1自己最高得点の裏側……ガスリー、牽引役として戦った2021年を振り返る「ユウキとの関係は上位チームと同じ」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は2021年シーズンのアゼルバイジャンGPで3位表彰台を獲得し、いくつかのレースではトップ6フィニッシュを獲得。20名のF1ドライバーの中でも傑出したパ

メルセデスF1代表、引退が噂されるルイス・ハミルトンと2月に面談

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンの電撃的なF1引退を取り巻くストーリーはしばらく止むことはないと警告する。

メルセデスF1代表、引退が噂されるルイス・ハミルトンと2月に面談
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンの電撃的なF1引退を取り巻くストーリーはしばらく止むことはないと警告する。トト・ヴォルフは、先週金曜日にFIA会長のモハメド・ビン・スライエムと問題について話し合ったと考えられている。一方、ソーシャルメディアで沈黙を貫いているルイス・ハミルトンは、コ...

2022年のF1年俸ランキングを専門メディアが発表!「最高額」ハミルトンに対して「最低額 …

2022年のF1世界選手権は、10チーム20人のドライバーが史上最多となる23レースでチャンピオンシップを争うことになるが、新レギュレーションの施行によって …

2022年のF1年俸ランキングを専門メディアが発表!「最高額」ハミルトンに対して「最低額」角田裕毅は今季も50分の1以下に(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース
 2022年のF1世界選手権は、10チーム20人のドライバーが史上最多となる23レースでチャンピオンシップを争うことになるが、新レギュレーションの施行によってこれまでの勢力分布に変化が生まれる可能性

角田裕毅、真価を問われる2年目 「言い訳は通じない。結果を求めていく」 – F1-Gate.com

アルファタウリF1の角田裕毅が、ルーキーシーズンを振り返るとともに、2年目となる2022年シーズンについての豊富を語った。昨年、7年ぶりの日本人F1 …

F1:角田裕毅、真価を問われる2年目 「言い訳は通じない。結果を求めていく」
アルファタウリF1の角田裕毅が、ルーキーシーズンを振り返るとともに、2年目となる2022年シーズンについての豊富を語った。昨年、7年ぶりの日本人F1ドライバーとしてアルファタウリF1でデビューを飾った角田裕毅は、開幕戦バーレーンGPで9位入賞という好スタートを切ったが、その後はクラッシュなどのミスが多発し、次第に自信を...

F1最高技術責任者 「電化だけが将来のF1パワーユニットの答えではない」 【 F1-Gate .com 】

パット・シモンズは、将来のF1エンジンルールにおける電力の役割を認めるが、F1は、完全に持続可能な燃料の製造に重点を置き、ハイブリッドフォーミュラにさらに …

F1最高技術責任者 「電化だけが将来のF1パワーユニットの答えではない」
F1の最高技術責任者を務めるパット・シモンズは、F1パワーユニットにおける電気要素は重要だと感じてはいるものの、検討する必要のあるオプションは他にもあると語る。F1は、パット・シモンズ曰く、2025年にグランプリ週末を完全にサスティナブルで運営し、2030年までにネットカーボンゼロを達成するという“野心的”で“非常に厳...

最年長F1ドライバーになったアロンソ。積み重ねた日々は「アドバンテージになる」 – Motorsport

アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、自身の長いキャリアは、新レギュレーションが導入される2022年シーズンのアドバンテージになるはずだと考えて …

最年長F1ドライバーになったアロンソ。積み重ねた日々は「アドバンテージになる」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、自身の長いキャリアは、新レギュレーションが導入される2022年シーズンのアドバンテージになるはずだと考えている。

アルファロメオ代表が若き才能プルシェールの昇格に慎重な理由「F1は“1発勝負”。しくじる訳に …

現在最も有望なF1候補生のひとりであるテオ・プルシェール。彼をサポートするザウバーは、その若き才能をF1に送り出すタイミングを慎重に見極めている。

アルファロメオ代表が若き才能プルシェールの昇格に慎重な理由「F1は“1発勝負”。しくじる訳にはいかない」
現在最も有望なF1候補生のひとりであるテオ・プルシェール。彼をサポートするザウバーは、その若き才能をF1に送り出すタイミングを慎重に見極めている。

F1参戦3年目、マクラーレン・ホンダはバラバラ。アロンソに「こんなことなら – web Sportiva

ホンダF1参戦2015−2021第4期の歩み(4) フルワークス体制で再び挑んだ第3期(2000年〜2008年)から7年——。ホンダはパワーユニットのサプライヤー …

F1参戦3年目、マクラーレン・ホンダはバラバラ。アロンソに「こんなことなら、去年のエンジンでよかった」と言われ…|モーター|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
ホンダF1参戦2015−2021第4期の歩み(4) フルワークス体制で再び挑んだ第3期(2000年〜2008年)から7年——。ホンダはパワーユニットのサプライヤーとしてF1サーカスに復帰した。2015年にマクラーレンとともに歩み始め、2018年からトロロッソ(現アルファタウリ…
タイトルとURLをコピーしました