スバル・STI、SUPER GTチーム体制とレースクイーンBREEZEを発表…東京オートサロン202 2 …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

スバル・STI、SUPER GTチーム体制とレースクイーンBREEZEを発表…東京オートサロン2022 …

スバル・STIは東京オートサロン2022初日(14日)のプレスブリーフィングにて、SUPERGT2022年シーズンのGT300クラスにSUBARUBRZR&Dスポーツとして継続参戦 …

スバル・STI、SUPER GTチーム体制とレースクイーンBREEZEを発表…東京オートサロン2022 - 価格.com
スバル・STIは東京オートサロン2022初日(14日)のプレスブリーフィングにて、SUPERGT2022年シーズンのGT300クラスにSUBARUBRZR&Dスポーツとして継続参戦すること発表、同時にドライバー・監督・レースクイーンのBR...

「STI E-RA」は4モーターで1088ps! スバル初のレーシングプロトタイプが実戦投入の可能性大 …

東京オートサロン2022でスバルとSTIが初公開するといわれていた「STI E-RA CONCEPT(コンセプト)」。1月14日のビジネスデーで世界初公開されたスタイルは、 …

「STI E-RA」は4モーターで1088ps! スバル初のレーシングプロトタイプが実戦投入の可能性大【東京オートサロン2022】 - Webモーターマガジン
東京オートサロン2022でスバルとSTIが初公開するといわれていた「STI E-RA CONCEPT(コンセプト)」。1月14日のビジネスデーで世界初公開されたスタイルは、いままでのスバルでは見ることのなかった、レーシングプロトタイプのようなものだった。

実は初代はコチラです! スバル・GH系インプレッサXV(2010年6月 – モーターファン

スバル・GH系インプレッサXV(2010年6月〜2012年2月)【当時は高嶺!? いま気になる中古車の新車レビュー】. 公開日 2022/01/18 20:00 …

実は初代はコチラです! スバル・GH系インプレッサXV(2010年6月〜2012年2月)【当時は高嶺!? いま気になる中古車の新車当時レビュー】 
クルマ選びで迷うことのひとつが、新車か中古車のどちらを選ぶか。新車であれば、最新の機能を体感できるうえ、購入時にある程度自分好みにオーダーすることも可能。しかし現実的な予算を考えると厳しい場合も。一方、予算的にグッと抑えられるのが中古車だ。年式やクルマの状態によって金額は変わってくるが、新車当時買えなかった憧れのクルマ...

自動車7社の「コスト上昇痛手度」を分析、2位スバル、ワースト1位は? – ダイヤモンド・オンライン

自動車7社の「コスト上昇痛手度」を分析、2位スバル、ワースト1位は? ダイヤモンド編集部. 杉本りうこ:副編集長. 著者の新規記事を通知.

自動車7社の「コスト上昇痛手度」を分析、2位スバル、ワースト1位は?
日本の基幹産業、自動車。この業界が見舞われているのは、半導体飢饉だけではない。世界的に広がる鋼材高、素材高が、日本の自動車メーカー各社をどれだけむしばんでいるのか。メーカー別に「痛手度」を実額で公開する。

なぜスバルは「インプレッサ」に最新技術を初搭載する? 30周年のロングセラー車が果たす役割と …

2022年に誕生30周年を迎えるインプレッサ スバル車は、とくにクルマ好きの間で人気が高いです。その背景には、スバルならではの個性的なクルマ造りが …

なぜスバルは「インプレッサ」に最新技術を初搭載する? 30周年のロングセラー車が果たす役割とは(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■2022年に誕生30周年を迎えるインプレッサ スバル車は、とくにクルマ好きの間で人気が高いです。その背景には、スバルならではの個性的なクルマ造りがあります。 もともとスバルは技術指向の強いメーカーで、古くから安全性の向上に力を注いできまし...

スバル・STI、SUPER GTチーム体制とレースクイーンBREEZEを発表…東京オート … – carview!

スバル・STIは東京オートサロン2022初日(14日)のプレスブリーフィングにて、SUPER GT2022年シーズンのGT300クラスにSUBARU BRZ R&Dスポーツとして継続参戦 …

スバル・STI、SUPER GTチーム体制とレースクイーンBREEZEを発表…東京オートサロン2022(レスポンス) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
スバル・STIは東京オートサロン2022初日(14日)のプレスブリーフィングにて、SUPER GT2022年シーズンのGT300クラスにSUBARU BRZ R&Dスポーツとして継続参戦すること発表、同時にドライバー・監督・レースク...

そのマシン、1088馬力!! ヤマハとスバルが強力タッグでニュルブルクリンク『400秒』に挑む …

ヤマハの“エモい”モーターを搭載 ヤマハは、スバルテクニカインターナショナル(STI)が開発中の近未来モータースポーツEV「STI E-RA」に搭載される電動 …

そのマシン、1088馬力!! ヤマハとスバルが強力タッグでニュルブルクリンク『400秒』に挑む!(WEBヤングマシン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ヤマハの“エモい”モーターを搭載 ヤマハは、スバルテクニカインターナショナル(STI)が開発中の近未来モータースポーツEV「STI E-RA」に搭載される電動モーターユニットを提供したと発表した。STIは、このマ...

トヨタ GR GT3コンセプトは新型スープラか!? スバルのEV レーシングカー「STI E-RAコンセプト …

スバルのEV レーシングカー「STI E-RAコンセプト」も合わせて登場!【東京オートサロン2022】. 2022/01/17 19:00 MOTA.

トヨタ GR GT3コンセプトは新型スープラか!? スバルのEV レーシングカー「STI E-RAコンセプト」も合わせて登場!【東京オートサロン2022】(MOTA) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
東京オートサロン2022にはモータースポーツの将来を示唆する2台のコンセプトカーが出展され、注目を集めた。1台目はトヨタが出展した「GR GT3コンセプト」、もう一台はスバルの「STI E-RAコンセプト」だ。どちらもレース参戦を想定して作...

スバル 近未来モータースポーツEVコンセプト「STI E-RA CONCEPT」を世界初公開 | SlashGear …

スバルが、東京オートサロン2022で、近未来モータースポーツEVコンセプト「STI E-RA CONCEPT」を公開しました。カーボンニュートラル時代に向けて、モーター …

スバル 近未来モータースポーツEVコンセプト「STI E-RA CONCEPT」を世界初公開
スバルが、東京オートサロン2022で、近未来モータースポーツEVコンセプト「STI E-RA CONCEPT」

ニュル400秒切りめざすSTI E-RA、開発の理由…東京オートサロン2022[インタビュー …

東京オートサロン2022のSUBARUブースに置かれた『STI E-RA CONCEPT』。 … その時にSTIとして、将来スバルで行うモータスポーツの電動化の部分を技術開発し …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました