FIAがF1新体制を検討中。競技・技術の総責任者候補に元アルピーヌのブコウスキー が浮上 | F1 …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

FIAがF1新体制を検討中。競技・技術の総責任者候補に元アルピーヌのブコウスキーが浮上 | F1 …

FIAのF1レースディレクター、マイケル・マシとシングルシーター技術責任者ニコラス・トンバジスは、現在FIAが公開している組織図のなかに名前が掲載されてい …

FIAがF1新体制を検討中。競技・技術の総責任者候補に元アルピーヌのブコウスキーが浮上 | F1 | autosport web
 FIAのF1レースディレクター、マイケル・マシとシングルシーター技術責任者ニコラス・トンバジスは、現在FIAが公開している組織図のなかに名前が掲載されていないが、現在も契約は継続しており、その職務に当たっている。ふたりが更迭されるといううわさもあるものの、FIAはふたりを残留させる形で新たな体制を形成するかもしれない...

レッドブルF1の空力責任者ファローズが4月にアストンマーティンに加入。法廷闘争を経て両 …

レッドブル・レーシングの元ヘッド・オブ・エアロダイナミクス、ダン・ファローズのアストンマーティン移籍に関し、両チームは合意に達したことを発表した。

レッドブルF1の空力責任者ファローズが4月にアストンマーティンに加入。法廷闘争を経て両チームが合意 | F1 | autosport web
 レッドブル・レーシングの元ヘッド・オブ・エアロダイナミクス、ダン・ファローズのアストンマーティン移籍に関し、両チームは合意に達したことを発表した。ファローズは4月2日付けでアストンマーティンにテクニカルディレクターとして加入する。

【結果発表】autosport web読者が選ぶ2021年のF1ベストレースは?

2021年のF1を振り返り、autosport web読者のみなさまの選ぶベストレースを共有したいとの想いから始まった投票企画。年末の投票受付開始から非常に多くの方 …

【結果発表】autosport web読者が選ぶ2021年のF1ベストレースは? | F1 | autosport web
 2021年のF1を振り返り、autosport web読者のみなさまの選ぶベストレースを共有したいとの想いから始まった投票企画。年末の投票受付開始から非常に多くの方が投票&コメントにご協力してくださいました。ありがとうございます。

グランプリのうわさ話:危険を指摘されたサウジアラビアGPのコースが見直しへ | F1 | autosport web

事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる …

グランプリのうわさ話:危険を指摘されたサウジアラビアGPのコースが見直しへ | F1 | autosport web
 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グロージャン、2021年のF1最終戦は「心臓がバクバクだった」と振り返る……メルセデスでのF1 …

元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、F1の2021年シーズンの劇的な幕切れを気に入っていると語った他、当初予定されていたメルセデスでのF1テストが実施 …

グロージャン、2021年のF1最終戦は「心臓がバクバクだった」と振り返る……メルセデスでのF1テストは今年中に実施予定
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、F1の2021年シーズンの劇的な幕切れを気に入っていると語った他、当初予定されていたメルセデスでのF1テストが実施されることを期待している。

ホンダF1の4年目は屈辱的危機から最高のスタートへ。トロロッソとの出会いが運命を変えた …

現場の責任者には第2期と第3期に現場のエンジニアを歴任した田辺豊治、そしてモータースポーツ部長の山本雅史がホンダ本社のF1活動運営を采配するかたちとなっ …

ホンダF1の4年目は屈辱的危機から最高のスタートへ。トロロッソとの出会いが運命を変えた(webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース
ホンダF1参戦2015-2021第4期の歩み(5)  フルワークス体制で再び挑んだ第3期(2000年~2008年)から7年----。ホンダはパワーユニットのサプライヤーとしてF1サーカスに復帰した

レッドブルF1代表 「RB18はターゲットの大部分を達成している」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1マシン『RB18』に開発と製造の進捗について説明した。2022年の大幅なF1 …

レッドブルF1代表 「RB18はターゲットの大部分を達成している」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1マシン『RB18』に開発と製造の進捗について説明した。2022年の大幅なF1レギュレーション変更に対応した最初のマシンとなるレッドブル RB18の正式な発表日はまだ確認されていないが、先週、チームはRB18の背後からの魅力的なティザー画像を公開し...

アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1で2022年の作業を開始 – F1-Gate.com

アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズF1で2022年シーズンに向けた準備を開始した。2019年シーズン途中から2020年末までレッドブル・ホンダのドライバー …

アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1で2022年の作業を開始
アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズF1で2022年シーズンに向けた準備を開始した。2019年シーズン途中から2020年末までレッドブル・ホンダのドライバーを務めたアレクサンダー・アルボンは、昨年はレッドブルF1のテスト兼リザーブドライバーとしてシミュレーター作業などでチームに貢献。レース週末には角田裕毅のコーチ役...

「ルイス・ハミルトンがF1引退を決断してもショックではない」とザク・ブラウン

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがF1アブダビGPの結論に“幻滅”しており、F1でレースを続けるかどうかは保証できないと …

「ルイス・ハミルトンがF1引退を決断してもショックではない」とザク・ブラウン
ルイス・ハミルトンがF1を引退するという決断をしても“ショックではない”とマクラーレンF1のCEOを務めるザク・ブラウンは語る。ルイス・ハミルトンは、2021年のタイトル争いでマックス・フェルスタッペンにファイナルラップで敗れて以来、メディアやSNSで何も語らずに沈黙を続けている。

マクラーレンのブラウン、予算の上限引き上げを求める一部チームは「F1を“人質”にして優位性を …

マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、競争上の優位性を守るためにF1の予算制限額を増額しようと、このスポーツを人質にしている一部チームの …

マクラーレンのブラウン、予算の上限引き上げを求める一部チームは「F1を“人質”にして優位性を守ろうとしている」と非難(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、競争上の優位性を守るためにF1の予算制限額を増額しようと、このスポーツを人質にしている一部チームの姿勢を非難した。
タイトルとURLをコピーしました