緊急入電! 令和にホークが復活!? ホーク1100って一体どんなバイク? – Yahoo!ニュー ス

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

緊急入電! 令和にホークが復活!? ホーク1100って一体どんなバイク? – Yahoo!ニュース

スクープ!ホンダが2022年に向けて、ホーク1100(HAWK1100)なるモデルをスタンバイしているというウワサをキャッチ。ホークと言えば、1970年後半 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

バイクで「立ちゴケしない」ホンダの最新技術がスゴイ – Yahoo!ニュース

立ちゴケの不安を解消する、ホンダの2輪姿勢制御テクノロジー. 「立ちゴケしないバイクなんて簡単に開発できるはずじゃん。メーカーの怠慢だよね」と、僕( …

バイクで「立ちゴケしない」ホンダの最新技術がスゴイ(バイクのニュース) - Yahoo!ニュース
「立ちゴケしないバイクなんて簡単に開発できるはずじゃん。メーカーの怠慢だよね」と、僕(筆者:木下隆之)が自らの未熟なライディング技術と脚の短さを棚に上げてディスったのはつい最近のこと。停止した瞬間に

ホンダレーシング サンクスデイ、2年ぶり開催へ…ファンとSUPER GTドライバーが直接対話 …

ホンダアクセスは、2月6日に鈴鹿サーキットにて開催される「ホンダレーシング サンクスデイ 2021-2022」にモデューロブースを出展、各種プログラムで …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ホンダ、荒れた路面でも自律走行できるEV作業車「Autonomous Work Vehicle」 – Car Watch

本田技研工業は1月18日(現地時間)、北米最大のコンクリート・セメントショー「World of Concrete 2022」に、第2世代のEV自律作業車「Autonomous Work …

ホンダ、荒れた路面でも自律走行できるEV作業車「Autonomous Work Vehicle」
 本田技研工業は1月18日(現地時間)、北米最大のコンクリート・セメントショー「World of Concrete 2022」に、第2世代のEV自律作業車「Autonomous Work Vehicle(AWV)」のプロトタイプを展示すると発表した。

ホンダ、米社とEV用電池開発で締結 次世代電池検討の一環 – ロイター

ホンダは19日、米国の電気自動車(EV)用電池研究開発会社SESホールディングス(本社:ボストン、以下SES)とリチウム金属二次電池に関する共同 …

ホンダ、米社とEV用電池開発で締結 次世代電池検討の一環
ホンダは19日、米国の電気自動車(EV)用電池研究開発会社SESホールディングス(本社:ボストン、以下SES)とリチウム金属二次電池に関する共同開発契約を昨年12月に締結したと発表した。ホンダは独自に開発している全固体電池のほか、次世代電池として複数の選択肢を並行して検討しており、今回の契約はその一環。

ホンダ、EV用バッテリ研究開発会社SES Holdingsとリチウム金属二次電池を共同開発 – Car Watch

今回の発表について、本田技研工業 執行役常務 電動化担当の青山真二氏は「バッテリはEVの基幹部品であり、ホンダは大容量で安全、低コストな次世代バッテリを …

ホンダ、EV用バッテリ研究開発会社SES Holdingsとリチウム金属二次電池を共同開発
 本田技研工業は1月19日、EV用バッテリ研究開発会社であるSES Holdings Pte. Ltd.(本社:米国ボストン)と、2021年12月にリチウム金属二次電池に関する共同開発契約を締結したと発表した。SESはSPAC(特別買収目的会社)スキームによるニューヨーク証券取引所(NYSE)への株式上場を予定しており...

ホンダ「新型シビック タイプR」への期待と不安 | 新車レポート | 東洋経済オンライン

ホンダの5ドアハッチバックモデル「シビック」のスポーツ仕様で、6代目となる新型「シビック タイプR」のプロトタイプが、東京オートサロン2022(1月14~16 …

ホンダ「新型シビック タイプR」への期待と不安 | 新車レポート
ホンダの5ドアハッチバックモデル「シビック」のスポーツ仕様で、6代目となる新型「シビック タイプR」のプロトタイプが、東京オートサロン2022(1月14~16日、千葉県・幕張メッセ)で初公開された。1997年の初代EK…

ホンダ 「Honda e」と双方向充電器を活用した実証実験開始へ | 中古車なら【グーネット】

EV(電気自動車)「Honda e(ホンダ イー)」50台をカーシェアリング用に提供するとともに、V2G実証用に提供する双方向充電器「Honda Power Manager(パワー …

ホンダ 「Honda e」と双方向充電器を活用した実証実験開始へ | 中古車なら【グーネット】
Honda eを移動&蓄電池の両面で活用!スイスで2022年9月より実証実験開始へ。

ホンダがEVを蓄電池として活用するスイスのV2Gエネルギーマネジメント実証プロジェクトに参加 …

ホンダの英国現地法人ホンダモーターヨーロッパ・リミテッドはこのほど、スイス国内でV2G(Vehicle to Grid)エネルギーマネジメント実証プロジェクトを行う …

ホンダがEVを蓄電池として活用するスイスのV2Gエネルギーマネジメント実証プロジェクトに参加。今年9月から実証実験を開始
ホンダの英国現地法人ホンダモーターヨーロッパ・リミテッドはこのほど、スイス国内でV2G(Vehicle to Grid)エネルギーマネジメント実証プロジェクトを行うコンソーシアム「V2X Suisse(スイス)」に参画し、EVの「ホンダe」50台をカーシェアリング用に提供するとともに、V2G実証用に提供する双方向充電器...

EVを蓄電池として活用、ホンダがスイスのV2Gエネルギーマネジメント実証プロジェクトに参画 …

ホンダはスイス国内でV2G(Vehicle to Grid)エネルギーマネジメント実証プロジェクトを行うコンソーシアム「V2Xスイス」に参画。EV『ホンダe』50台をカーシ …

EVを蓄電池として活用、ホンダがスイスのV2Gエネルギーマネジメント実証プロジェクトに参画 - 価格.com
ホンダは1月19日、EVを蓄電池として活用するスイスのV2Gエネルギーマネジメント実証プロジェクトに参画すると発表した。ホンダはスイス国内でV2G(VehicletoGrid)エネルギーマネジメント実証プロジェクトを行うコンソーシアム「V...
タイトルとURLをコピーしました