トヨタ・ホンダ、生産計画に再び狂い コロナ感染拡大で – 日本経済新聞

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

トヨタ・ホンダ、生産計画に再び狂い コロナ感染拡大で – 日本経済新聞

ホンダも新型コロナ感染の広がりで半導体など部品調達難が続き国内生産が減る。トヨタは国内全14工場のうち11工場が一部で生産調整を強いられ.

トヨタ・ホンダ、生産計画に再び狂い コロナ感染拡大で
自動車各社の生産計画に再び狂いが生じている。トヨタ自動車は20日、自社工場の従業員や取引先部品メーカーでの新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、21~24日に国内で最大11工場21ラインを一部停止すると明らかにした。1月は4万7000台の生産に影響が拡大する。ホンダも新型コロナ感染の広がりで半導体など部品調達難が続き国...

ホンダ 新型SUV「e:NS1」が走った! 「ホンダEVサウンド」が走行感演出 2022年春の中国発売 …

ホンダは、中国市場で初となるホンダブランドのEV「e:N」シリーズの第一弾「e:NS1」「e:NP1」(前者が東風ホンダ、後者が広汽ホンダの取扱)を2021年10 …

ホンダ 新型SUV「e:NS1」が走った! 「ホンダEVサウンド」が走行感演出 2022年春の中国発売に向け期待高まる(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダは、中国市場で初となるホンダブランドのEV「e:N」シリーズの第一弾「e:NS1」「e:NP1」(前者が東風ホンダ、後者が広汽ホンダの取扱)を2021年10月13日に発表、2022年春に発売

ホンダ 新型「ステップワゴン プレミアム」初公開! オラ顔控えめも良き … – Yahoo!ニュース

ホンダは、新型「ステップワゴンスパーダ プレミアムライン」をベースにしたカスタムモデル「ステップワゴン e:HEV スパーダ コンセプト」を東京オート …

ホンダ 新型「ステップワゴン プレミアム」初公開! オラ顔控えめも良き? 15mmサゲのカスタム仕様で登場(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダは、新型「ステップワゴンスパーダ プレミアムライン」をベースにしたカスタムモデル「ステップワゴン e:HEV スパーダ コンセプト」を東京オートサロン2022(2022年1月14日から16日

ホンダ、三重の工場で2月上旬に1割減産 半導体不足などで | ロイター

ホンダは20日、三重県の鈴鹿製作所の生産稼働率が2月上旬に約1割減となるとの見通しを発表した。半導体供給の不足や海外での新型コロナウイルス感染症に …

ホンダ、三重の工場で2月上旬に1割減産 半導体不足などで
ホンダは20日、三重県の鈴鹿製作所の生産稼働率が2月上旬に約1割減となるとの見通しを発表した。半導体供給の不足や海外での新型コロナウイルス感染症に伴うロックダウンなどの複合的な要因により、部品入荷や物流に遅れが出ているという。

ホンダ 新型「ステップワゴン プレミアム」初公開! オラ顔控えめも良き? 15mmサゲのカスタム …

ホンダが東京オートサロン2022で初公開したカスタムモデル「ステップワゴン e:HEV スパーダ コンセプト」は、新型「ステップワゴンスパーダ プレミアム …

ホンダ 新型「ステップワゴン プレミアム」初公開! オラ顔控えめも良き? 15mmサゲのカスタム仕様で登場
ホンダが東京オートサロン2022で初公開したカスタムモデル「ステップワゴン e:HEV スパーダ コンセプト」は、新型「ステップワゴンスパーダ プレミアムライン」をベースにカスタムパーツを装着した仕様だといいます。どんな外観に仕上がっているのでしょうか。

ホンダ「2050年交通事故死者ゼロ目標」に必要な技 | 西村直人の乗り物見聞録 – 東洋経済オンライン

2022年1月4日、警察庁は2021年中の交通事故死亡者数(24時間以内)が2636人であったと発表した。この数値は2020年比で203人(7.2%)減 …

ホンダ「2050年交通事故死者ゼロ目標」に必要な技 | 西村直人の乗り物見聞録
2022年1月4日、警察庁は2021年中の交通事故死亡者数(24時間以内)が2636人であったと発表した。この数値は2020年比で203人(7.2%)減にあたり、1948(昭和23)年からの統計では5年連続で最少を更新したことにな…

【2021年のマイベスト|ホンダ・ヴェゼル】軽い、安い、燃費が良い! ハイブリッドより純 …

第1位:ホンダ・ヴェゼルのe:HEVじゃないオンリー・ガソリンエンジンモデル · 「自分のクルマ!? · 第2位:日産ノート オーラ NISMO · 「しなやかなサスペンションが …

【2021年のマイベスト|ホンダ・ヴェゼル】軽い、安い、燃費が良い! ハイブリッドより純ガソリンモデルがイチオシ(松田秀士)
2021年1月〜2021年12月の1年間に発表・発売されたニューモデルのなかから、「このクルマが好きだ!」と推しのクルマを個人的な観点から選出していただくこの企画。かつてインディ500にも出場された経験を持つ松田秀士さんが選んだベスト1は、ホンダ・ヴェゼル。大ヒット中のSUVだが、松田さんのお気に入りは売れ線のハイブリ...

ホンダ、2月上旬1割減産 鈴鹿製作所、半導体不足で – 産経ニュース

ホンダは20日、鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で2月上旬、従来計画に比べて約1割減産する見込みだと発表した。半導体不足や海外の新型コロナウイルス感染 …

ホンダ、2月上旬1割減産 鈴鹿製作所、半導体不足で
ホンダは20日、鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で2月上旬、従来計画に比べて約1割減産する見込みだと発表した。半導体不足や海外の新型コロナウイルス感染拡大で部品調達…

ホンダ、AI画像認識ソフトウェア開発の米国スタートアップに出資 | レスポンス(Response.jp)

ホンダは、ソフトウェア技術の開発強化に向け、2021年12月、教師なし学習によるAI画像認識技術に強みを持つ米国Helm.ai社に出資したと発表した。

ホンダ、AI画像認識ソフトウェア開発の米国スタートアップに出資 | レスポンス(Response.jp)
ホンダは、ソフトウェア技術の開発強化に向け、2021年12月、教師なし学習によるAI画像認識技術に強みを持つ米国Helm.ai社に出資したと発表した。

新型ステップワゴン登場で考える今のホンダが失ったもの〜「偉大なる初代 … – ベストカー

ホンダとしても是が非でも売りたいため、最大のライバルとなるトヨタノア/ヴォクシーの発売に合わせて発表してきたとも言える。

新型ステップワゴン登場で考える今のホンダが失ったもの〜「偉大なる初代ステップワゴンという存在」 - 自動車情報誌「ベストカー」
昨年末突如ティザーサイトが公開され、東京オートサロンでは実車がお披露目されたホンダ新型「ステップワゴン」。初代より築き上げた人気も先代はやや失速気味。新型投入で再び人気を取り戻せるか?これまでの足跡を辿りつつ新型への期待と不安点についても触れていく
タイトルとURLをコピーしました