F1分析|パワー・オブ・フェルスタッペン……チャンピオン獲得をもたらした”超 … – Yahoo!ニュース

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

F1分析|パワー・オブ・フェルスタッペン……チャンピオン獲得をもたらした”超 … – Yahoo!ニュース

2021年、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、シーズンを通して冷静かつ弾丸のような存在であった。そして、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が …

F1分析|パワー・オブ・フェルスタッペン……チャンピオン獲得をもたらした”超冷静な”マインドセット(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2021年、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、シーズンを通して冷静かつ弾丸のような存在であった。そして、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が攻勢を見せたシーズン終盤でも、ワールドチャンピオ

COTA、大規模な路面の再舗装に取り組み。F1やMotoGPから懸念が寄せられたバンプを除去へ …

サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)は、2021年に同地でレースを開催したF1とMotoGPからの批判を受けて、コースの一部のエリアの再舗装を行っている。

COTA、大規模な路面の再舗装に取り組み。F1やMotoGPから懸念が寄せられたバンプを除去へ | F1 | autosport web
 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)は、2021年に同地でレースを開催したF1とMotoGPからの批判を受けて、コースの一部のエリアの再舗装を行っている。 2021年、MotoGPの第15戦アメリカズGPはレースを前に危機に見舞われた。初日のフリー走行後、多くのライダーが安全性を脅かす多くのバンプがコース上に...

メルセデスF1代表 「次世代F1エンジンは交渉が必要な細かな問題がある」 【 F1-Gate .com 】

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2026年の次世代F1エンジンの主要なパズルのピースは揃ったが、まだ詰めなければならない小さな問題が …

メルセデスF1代表 「次世代F1エンジンは交渉が必要な細かな問題がある」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2026年の次世代F1エンジンの主要なパズルのピースは揃ったが、まだ詰めなければならない小さな問題があると語る。持続可能な未来に向けたF1の推進の一環として、次世代F1パワーユニットはその大きな要因になってくる。F1は、新しいF1エンジンに完全に持続可能なバイオ燃料を...

ランド・ノリス 「フェラーリとの激戦は両チームにとって有益だった」 – F1-Gate.com

F1の夏休みが始まる頃には、マクラーレンがフェアーリ上回っていた。 しかし、F1イタリアGFPでのセンセーショナルな1-2フィニッシュ後の一連の貧弱なレース …

マクラーレンF1のランド・ノリス 「フェラーリとの激戦は両チームにとって有益だった」
マクラーレンは、2021年にコンストラクターズランキングの3位争いでフェラーリに敗れたが、ランド・ノリシは、2つのチーム間の激しい戦いは両方のチームにとって有益だったと考えている。マクラーレンとフェラーリは2021年シーズンの比較的早い段階でミッドフィールドのライバルから離れていた。F1の夏休みが始まる頃には、マクラー...

アルピーヌF1、オトマー・サフナウアーがBWTを持ち込んでピンク色に? 【 F1-Gate .com 】

元アストンマーティンF1のチーム代表であるオトマー・サフナウアーが、アルピーヌF1にBWTを持ち込み、2022年F1マシン『A522』はピンクのカラーリングが追加 …

アルピーヌF1、オトマー・サフナウアーがBWTを持ち込んでピンク色に?
元アストンマーティンF1のチーム代表であるオトマー・サフナウアーが、アルピーヌF1にBWTを持ち込み、2022年F1マシン『A522』はピンクのカラーリングが追加されると伝えられている。アルピーヌF1とアストンマーティンF1はどちらもオフシーズンに体制に変化があった。アストンマーティンF1は、マーティン・ウィットマーシ...

跳馬1年目でルクレールを下したサインツ、過小評価されていた? レッドブルを去ったのは …

Courtesy Of Ferrari S.p.A.. インタビューに応じるフェラーリのカルロス・サインツ、2021年10月9日F1トルコGP予選にて.

跳馬1年目でルクレールを下したサインツ、過小評価されていた? レッドブルを去ったのは「遅かったからではない」とマルコ | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
2021年シーズンの殊勲賞なるものがあるとすれば、それが与えられるべきドライバーの一人はカルロス・サインツだろう。ラリー界レジェンド、カルロス・サインツの息子は

2022年のF1スプリント予選開催に暗雲。一部チームが予算の引き上げを要求し、コストを巡って …

2022年シーズンのF1のスプリント予選レースは開催できるかどうかの危機にあるとマクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは述べており、一部チーム …

2022年のF1スプリント予選開催に暗雲。一部チームが予算の引き上げを要求し、コストを巡って対立 | F1 | autosport web
 2022年シーズンのF1のスプリント予選レースは開催できるかどうかの危機にあるとマクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは述べており、一部チームによる"ばかげた"財政上の要求を非難した。 F1は2021年シーズンに土曜日のスプリント予選を3カ所の会場で成功させており、今年は回数を6回に増やすと見られていた。3回...

2022年のF1スプリント予選実施の鍵はレッドブルとメルセデス、追加予算で対立…期限迫る | F1 …

F1は2022年シーズンにスプリント予選を倍増させたい考えだが、チームは追加予算の額を巡って対立している。最悪の場合、実施そのものが見送られる可能性も …

2022年のF1スプリント予選実施の鍵はレッドブルとメルセデス、追加予算で対立…期限迫る | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
F1は2022年シーズンにスプリント予選を倍増させたい考えだが、チームは追加予算の額を巡って対立している。最悪の場合、実施そのものが見送られる可能性もある。鍵を

マゼピンが考えるハースF1での2年目に必要なこと「チーム全員との絆を深めなきゃ」

ハースのニキータ・マゼピンは、F1での2シーズン目にパフォーマンスを向上させるためには、チームとのやりとりを改善する必要があると語る。

マゼピンが考えるハースF1での2年目に必要なこと「チーム全員との絆を深めなきゃ」
ハースのニキータ・マゼピンは、F1での2シーズン目にパフォーマンスを向上させるためには、チームとのやりとりを改善する必要があると語る。

2022年、F1の18インチ化でなにが変わる? そしてパワーダウンを狙ったE10燃料とは – ベストカー

来月2月にはF1の新車が発表されるが、注目されるのはそのスタイリングだ。エアロに頼っていたフォルムがグランドエフェクトになり、さらにホイールも18 …

2022年のF1 18インチ化でなにが変わる? パワーダウンを狙ったE10燃料とは - 自動車情報誌「ベストカー」
来月2月にはF1の新車が発表されるが、注目されるのはそのスタイリングだ。エアロに頼っていたフォルムがグランドエフェクトになり、さらにホイールも18インチになった。そして燃料がE10に変更されることで、レースにはどう影響するのか? 元F1メカニックの津川哲夫氏に解説していただいた。
タイトルとURLをコピーしました