【ホンダ シビック MTモデル 新型試乗】MTをチョイスした人、大正解です…中村孝 仁 | レスポンス …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

【ホンダ シビック MTモデル 新型試乗】MTをチョイスした人、大正解です…中村孝仁 | レスポンス …

前回CVTとのコンビに乗った時も颯爽とした気持ちの良い走りを披露してくれたので、今度はMTでホンダ『シビック』を試してみた。一言で言って、このクルマの …

【ホンダ シビック MTモデル 新型試乗】MTをチョイスした人、大正解です…中村孝仁 | レスポンス(Response.jp)
◆ほぼ完ぺきにドライバーの意思に同調してくれる ◆ネガティブ要素は(季節柄)アルミシフトノブくらい ◆1台ですべてをこなせるクルマ

ホンダ新型「ステップワゴンスパーダ」新タイプ初公開! 2種展開で噂の「エアー」は設定なし …

ホンダは、公式ウェブサイト上で展開している6代目 新型「ステップワゴン」のティザーサイトを1月21日に更新し、新たな情報を一部明らかにしました。

ホンダ新型「ステップワゴンスパーダ」新タイプ初公開! 2種展開で噂の「エアー」は設定なし 福祉仕様含め2月上旬予約開始へ(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダは、公式ウェブサイト上で展開している6代目 新型「ステップワゴン」のティザーサイトを1月21日に更新し、新たな情報を一部明らかにしました。

飯田章とホンダF1をめぐる知られざる物語。1996年国際F3000挑戦の裏側にあった … – autosport web

不世出のレーサー、高橋国光のレースキャリアと愛機たちを特集したauto sport特別編集『国光THE RACER』。その制作にあたって行なった様々な取材で得た証言 …

飯田章とホンダF1をめぐる知られざる物語。1996年国際F3000挑戦の裏側にあったプロジェクト | F1 | autosport web
 不世出のレーサー、高橋国光のレースキャリアと愛機たちを特集したauto sport特別編集『国光THE RACER』。その制作にあたって行なったさまざまな取材で得た証言には、高橋国光に直接関係しないことであるため本に収めなかったものが多数ある。そうした証言をもとに構成した逸話をご紹介する。今回はチームクニミツのドライ...

ホンダ三部社長「新規参入は歓迎したい」…ソニーのEV参入検討表明で

ホンダの三部敏宏社長は、ソニーグループが電気自動車(EV)事業参入の検討を表明したことについて「新規参入は歓迎したい」との考えを示した。三部社長は …

ホンダ三部社長「新規参入は歓迎したい」…ソニーのEV参入検討表明で | レスポンス(Response.jp)
ホンダの三部敏宏社長は、ソニーグループが電気自動車(EV)事業参入の検討を表明したことについて「新規参入は歓迎したい」との考えを示した。三部社長は日本自動車工業会が1月27日に行ったオンライン記者会見で同会副会長の立場からコメントした。

爆裂610馬力! ホンダ最後の「NSX」の本気度がスゴかった 存在感溢れる迫力顔とは 約6年の …

ホンダの米国法人は、現行(2代目)「NSX」として最後のモデルとなる限定車「NSXタイプS」(米国ではアキュラブランド)の生産をパフォーマンス・マニュ …

爆裂610馬力! ホンダ最後の「NSX」の本気度がスゴかった 存在感溢れる迫力顔とは 約6年の歴史に幕(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダの米国法人は、現行(2代目)「NSX」として最後のモデルとなる限定車「NSXタイプS」(米国ではアキュラブランド)の生産をパフォーマンス・マニュファクチャリング・センター(オハイオ州)で開始

他社との提携を嫌なのではなく根本を見極めている! ホンダが「独自路線」を突き進むワケ(WEB …

本田宗一郎が、旧陸軍の放出エンジンを自転車に取り付け、のちに独自開発による2ストロークエンジンを開発して二輪メーカーとして歩みはじめたのは有名だ。

他社との提携を嫌なのではなく根本を見極めている! ホンダが「独自路線」を突き進むワケ(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 国内に乗用車メーカーは8社あり、このうちトヨタと提携関係を結ぶのは、ダイハツが100%子会社であるほかにも、スバル、マツダ、スズキが挙げられる。日産自動車と三菱自動車工業がもうひとつの柱として提携

他社との提携を嫌なのではなく根本を見極めている! ホンダが「独自路線」を突き進むワケ

ホンダは、1946年に本田宗一郎が本田技術研究所を設立したことにはじまり、2年後に現在の本田技研工業を名乗るようになった。 本田宗一郎が、旧陸軍の放出 …

他社との提携を嫌なのではなく根本を見極めている! ホンダが「独自路線」を突き進むワケ
この記事をまとめると■国産自動車メーカーのうちでホンダだけが国内他社と提携関係を結んでいない■いすゞ・GMとは一部の分野でのみ提携■競合他社を見ながらの開発や経営ではなく、なさなければならないことを忘れない経営だ創業以来ホンダは独自路線を歩…

ホンダの“F1撤退”と“レッドブル・パワートレインズ”エンジンの曖昧 – F1-Gate.com

来月、レッドブルのバッチが付いたF1エンジンが初めてコース上を走ることになる。だが、それは名前だけの“レッドブル・エンジン”であり、ホンダの“F1撤退”は …

ホンダの“F1撤退”と“レッドブル・パワートレインズ”エンジンの曖昧
来月、レッドブルのバッチが付いたF1エンジンが初めてコース上を走ることになる。だが、それは名前だけの“レッドブル・エンジン”であり、ホンダの“F1撤退”は曖昧なままだ。2022年もホンダは、設計したエンジンの生産、組み立て、保守、サポートを継続し、2025年までそれが継続されると考えられている。しかし、ホンダのF1から...

山本雅史氏、今月末でホンダを退社。今後は新会社を設立し、“日本とレッドブルの架け橋”に

山本はホンダでモータースポーツ部長などを務めた後、2019年からF1マネージングディレクターとしてF1専任の役職を担い、ホンダのF1活動を取り仕切ってきた。

山本雅史氏、今月末でホンダを退社。今後は新会社を設立し、“日本とレッドブルの架け橋”に
ホンダF1のマネージングディレクターを昨年まで務めていた山本雅史氏が、2022年の1月をもってホンダを退社。今後は自身で新たに会社を設立し、レッドブルと日本を繋ぐ架け橋的な役割を担うという。

ホンダ、中国でEV販売本格化「30年に80万台」 – 日本経済新聞

【広州=川上尚志】ホンダが中国で電気自動車(EV)事業を本格化する。現地トップの井上勝史・中国本部長が日本経済新聞の取材に応じ、「2030年に80万台のEV …

ホンダ、中国でEV販売本格化「30年に80万台」
【広州=川上尚志】ホンダが中国で電気自動車(EV)事業を本格化する。現地トップの井上勝史・中国本部長が日本経済新聞の取材に応じ、「2030年に80万台のEVの販売を目指す」と明らかにした。世界最大の自動車市場である中国ではEVが急増しているが、ホンダの21年の販売は1万台にとどまった。車種や生産能力の拡充を進め、巻き返...
タイトルとURLをコピーしました