2億円オーバーの最後のV12スーパーカー現る!「T.50」に続くゴードン・マレー第2弾 「T.33」は …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

2億円オーバーの最後のV12スーパーカー現る!「T.50」に続くゴードン・マレー第2弾「T.33」は …

V12搭載の最後の伝説的なスーパーカーになるか? 2021年のオークションで23億円オーバーとなる最高額で落札されたマクラーレン「F1」の生みの親である …

2億円オーバーの最後のV12スーパーカー現る!「T.50」に続くゴードン・マレー第2弾「T.33」は使いやすい2シーター(VAGUE) - Yahoo!ニュース
 2021年のオークションで23億円オーバーとなる最高額で落札されたマクラーレン「F1」の生みの親であるゴードン・マレーが、自身のブランドから2番目となるスーパーカーを発表した。

フェラーリ『デイトナSP3』、世界で最も美しいスーパーカーに…ブランド史上最強の840馬力 …

… SP3)がフランス・パリで開催された「第37回国際自動車フェスティバル」において、「世界で最も美しいスーパーカー2022」を受賞した、と発表した。

フェラーリ『デイトナSP3』、世界で最も美しいスーパーカーに…ブランド史上最強の840馬力 | レスポンス(Response.jp)
フェラーリは1月27日、『デイトナSP3』(Ferrari Daytona SP3)がフランス・パリで開催された「第37回国際自動車フェスティバル」において、「世界で最も美しいスーパーカー2022」を受賞した、と発表した。

ゴードン・マレー、ニューモデル「T.33」を公開! 100台限定のウルトラレアなスーパーカーは …

もしもたった1台だけスーパーカーを持たなければいけないのなら、T.33こそがふさわしい」と公式の資料では謳う。 1万rpm以上まで回るV12エンジン. ゴードン・ …

ゴードン・マレー、ニューモデル「T.33」を公開! 100台限定のウルトラレアなスーパーカーは2024年生産開始
ゴードン・マレー オートモーティブは、「T.50」「T.50s」に続くプロダクトとして「T.33」を投入する。T.50同様、コスワース共同開発のV12エンジンをミッドに搭載。一方でオールラウンダーとしての使い勝手や快適性も重視したという。

新型ゴードン・マレーT33 創業者に聞く「実用重視」のワケ V12スーパーカー第2弾初公開 …

ゴードン・マレー・オートモーティブは、新型スーパーカー「T33」を発表した。2020年8月に公開された3人乗りの「T50」に続くスーパーカー第2弾で、価格は140 …

新型ゴードン・マレーT33 創業者に聞く「実用重視」のワケ V12スーパーカー第2弾初公開(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
ゴードン・マレー・オートモーティブは、新型スーパーカー「T33」を発表した。2020年8月に公開された3人乗りの「T50」に続くスーパーカー第2弾で、価格は140万ポンド(約2億1600万円)からと

新型ゴードン・マレーT33 創業者に聞く「実用重視」のワケ V12スーパーカー第2弾初公開

ゴードン・マレー・オートモーティブが新型T33を公開。V12を搭載した100台限定のスーパーカーです。

新型ゴードン・マレーT33 創業者に聞く「実用重視」のワケ V12スーパーカー第2弾初公開 - AUTOCAR JAPAN
ゴードン・マレー・オートモーティブが新型T33を公開。V12を搭載した100台限定のスーパーカーです。

王者カウンタックの正式ライバル! スーパーカーブームの陰の功労者「フェラーリ512BB」とは …

この記事をまとめると 1970年代後半に巻き起こったスーパーカーブーム 1973年に登場した365GT4/BBのマイナーチェンジモデルが512BBだった 1981年には …

王者カウンタックの正式ライバル! スーパーカーブームの陰の功労者「フェラーリ512BB」とは| ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
1970年代後半に巻き起こったスーパーカーブーム。スタイリングはもちろんだが、当時の子どもが注目したのはスペック。「300キロ」という言葉に心ときめいたのだ。今回はランボルギーニ・カウンタックのライバルだったフェラーリ512BBをあらためて振り返っていこう。

フツーの会社員が「フェラーリ」や「ランボルギーニ」を買えた時代があった! 庶民オーナーが見 …

この記事をまとめると 2000年代初頭はスーパーカーがいまほど高騰していなかった その時期に憧れのクルマを手に入れた庶民派オーナーたちを紹介 投機目的で …

フツーの会社員が「フェラーリ」や「ランボルギーニ」を買えた時代があった! 庶民オーナーが見た世界とは | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
現在はすっかり「スーパーカー=お金持ちの乗り物」となっているが、10~15年ぐらい前は状況が違って、サラリーマンも頑張って仕事をすればスーパーカーオーナーになれた。幸福なタイミングでスーパーカーを手に入れた庶民派オーナーたちのカーライフを紹介しよう。

2億円オーバーの最後のV12スーパーカー現る!「T.50」に続くゴードン・マレー第2弾「T.33」は …

V12搭載の最後の伝説的なスーパーカーになるか? 2021年のオークションで23億円オーバーとなる最高額で落札されたマクラーレン「F1」の生みの親であるゴードン …

指定されたページは存在しません|au Webポータル

新生グローブ・レーシングが2022年カラーを発表。レイノルズ、ホールズワースの両ベテランが …

オーストラリア大陸を代表する人気シリーズ、RSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップに参戦するグローブ・レーシングは、エースを務める在籍2年目の …

新生グローブ・レーシングが2022年カラーを発表。レイノルズ、ホールズワースの両ベテランが始動/RSC | 海外レース他 | autosport web
 オーストラリア大陸を代表する人気シリーズ、RSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップに参戦するグローブ・レーシングは、エースを務める在籍2年目のデビッド・レイノルズと、新加入のリー・ホールズワースがドライブする2022年仕様フォード・マスタング・スーパーカーを披露。

なんという僥倖!カウンタック、ディアブロ、ムルシエラゴにアヴェンタドールまで。歴代ランボ …

現代スーパーカー史の原点ともいうべきミウラの誕生である。 もっともマルチェロ・ガンディーニによるスタイリングは60年代のイタリアンクラシックなエレガンス …

なんという僥倖!カウンタック、ディアブロ、ムルシエラゴにアヴェンタドールまで。歴代ランボV12モデルを一気乗り
モダンランボルギーニ史はそのまま"カウンタックの歴史"である。つまり今年、2021年に生誕50周年を迎えたカウンタックとその後継モデルの半世紀こそが、今我々の知るランボルギーニのイメージそのものなのだ。世の中に存在しないカテゴリーの車を求め・・・
タイトルとURLをコピーしました