ダイハツの総販売台数、3年ぶりのプラス—4.5%増の72万5179台 2021年

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ダイハツの総販売台数、3年ぶりのプラス—4.5%増の72万5179台 2021年

ダイハツ工業は1月28日、2021年暦年(1~12月)の生産・販売・輸出実績(速報)を発表。グローバル販売台数は前年比4.5%増の72万5179台で3年ぶりのプラスと …

ダイハツの総販売台数、3年ぶりのプラス---4.5%増の72万5179台 2021年 | レスポンス(Response.jp)
ダイハツ工業は1月28日、2021年暦年(1~12月)の生産・販売・輸出実績(速報)を発表。グローバル販売台数は前年比4.5%増の72万5179台で3年ぶりのプラスとなった。

【ダイハツ アトレー 新型】人気8倍、納期3か月…ハイゼットは2か月待ち

ダイハツ工業の新型『アトレー』は月間販売目標の約8倍の台数を販売、好調な立ち上がりとなり、受注から工場出荷まで3か月ていどとなっている。

【ダイハツ アトレー 新型】人気8倍、納期3か月…ハイゼットは2か月待ち | レスポンス(Response.jp)
ダイハツ工業の新型『アトレー』は月間販売目標の約8倍の台数を販売、好調な立ち上がりとなり、受注から工場出荷まで3か月ていどとなっている。

荷台部分がなんと「湯舟」に? ダイハツの軽自動車カスタムが「夢の塊」すぎた【東京オート …

アウトドア志向の「シャコアゲ」もキラキラな「シャコタン」も抜かりなし 東京オートサロン2022のダイハツブースは、「ダイハツヴィレッジ2022」という …

荷台部分がなんと「湯舟」に? ダイハツの軽自動車カスタムが「夢の塊」すぎた【東京オートサロン2022】(Auto Messe Web)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
アウトドア志向の「シャコアゲ」もキラキラな「シャコタン」も抜かりなし 東京オートサロン2022のダイハツブースは、「ダイハツヴィレッジ2022」というテーマで展開。なんと言っても主役は2021年12月20日にフルモデルチェンジしたばかりの「...(ヘッドライン)

埼玉ダイハツ、「タフト」特別仕様車を関東工大へ寄贈 – 日刊自動車新聞 電子版

右から小泉取締役、原さん、加瀬教頭、堀野裕之マネージャ 【さいたま】埼玉ダイハツ(田中英穂社長)は、鴻巣市の関東工業自動車大学校(中川裕之理事長) …

埼玉ダイハツ、「タフト」特別仕様車を関東工大へ寄贈|首都圏|首都圏
右から小泉取締役、原さん、加瀬教頭、堀野裕之マネージャ 【さいたま】埼玉ダイハツ(田中英穂社長)は、鴻巣市の関東工業自動車大学校(中川裕之理事長)に最新の安全機能を搭載した「タフト」の特別仕様車1台を寄贈し、同校で贈呈式が行われた。今回の寄贈は卒業生を業…

「Pontaアプリ」の配信開始 デザイン一新で利便性を向上:ロイヤリティ マーケティング – ITmedia

次に買いたい車 ダイハツ「タント」を抑えて1位になったのは? オフィス刷新、ポンタ運営会社 あえて「今のオフィスの悪いところ」を議論しなかった理由

「Pontaアプリ」の配信開始 デザイン一新で利便性を向上
「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティングが、Pontaポイントのスマートフォンアプリをリニューアルし、「Pontaアプリ」として配信を開始した。

トヨタが21年世界販売で首位、コロナ禍でも半導体確保でVW制す | ロイター

トヨタ自動車が2021年の世界新車販売でグループ(日野自動車とダイハツ工業含む)、トヨタ単体ともに首位となった。同社が28日発表した昨年の世界新車 …

トヨタが21年世界販売で首位、コロナ禍でも1000万台回復VW制す
トヨタ自動車が2021年の世界新車販売でグループ(日野自動車とダイハツ工業含む)、トヨタ単体ともに首位となった。同社が28日発表した昨年の世界新車販売は、グループが1049万5548台と2年ぶりに1000万台を回復、単体は961万5157台で、いずれも前年から10%以上伸びた。

トヨタ、2年連続で販売世界一 1049万台、独VW上回る – 47NEWS

トヨタ自動車は28日、ダイハツ工業と日野自動車を含むグループの2021年の世界販売台数が前年比10.1%増の1049万5548台だったと発表した。

トヨタ、2年連続で販売世界一 1049万台、独VW上回る
 トヨタ自動車は28日、ダイハツ工業と日野自動車を含むグループの2021年の世界販売台数が前年比10.1%増の1049万5548台だったと発表した。ドイツのフォルクスワーゲン(VW)の888万2千台 ...

「軽自動車ってすげー!」と感動必至! 余裕で車中泊ができる最新KカーTOP5 – Auto Messe Web

車中泊において広さはもっとも重要な性能 · 5位:ダイハツ・アトレー · 4位:ホンダNーBOX · 関連記事.

「軽自動車ってすげー!」と感動必至! 余裕で車中泊ができる最新KカーTOP5| ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
アウトドア&車中泊ブームで軽自動車に注目が集まっている。というのも、コンパクトカー以上の室内空間を持ち合わせていながら、維持費も安くクルマそのものが小さいので移動も楽ちんだからだ。ここでは、プロが独断でランク付けした車中泊向きのクルマを紹介しよう。

トヨタが21年世界販売で首位、コロナ禍でも半導体確保でVW制す | nippon.com

[東京 28日 ロイター] – トヨタ自動車が2021年の世界新車販売でグループ(日野自動車とダイハツ… 続きを読む →

トヨタが21年世界販売で首位、コロナ禍でも1000万台回復VW制す
[東京 28日 ロイター] - トヨタ自動車が2021年の世界新車販売でグループ(日野自動車とダイハツ工業含む… 続きを読む →

ピクシスエポックの安全性能を解説!注意すべきポイントは? – マイカー賃貸カルモ

そのため、ピクシスエポックにはダイハツの衝突回避支援システム「スマートアシストIII」が搭載されているという特徴があります。スマートアシストIIIは、ソナー …

ピクシスエポックの安全性能を解説!注意すべきポイントは?|安全性能ならカルモマガジン
先進安全技術の充実度は車選びの際に重要視すべきポイントのひとつです。ここでは、トヨタ「ピクシスエポック」の安全性能について紹介します。
タイトルとURLをコピーしました