ホンダF1”計画変更”? 2025年までレッドブル&アルファタウリに直接PU供給か。レ ッドブル重鎮 …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ホンダF1”計画変更”? 2025年までレッドブル&アルファタウリに直接PU供給か。レッドブル重鎮 …

レッドブルとホンダは当初の計画を変更。現行のPUレギュレーションが終了するまで、ホンダが日本から直接レッドブルへパワーユニットを供給し続けることに …

ホンダF1”計画変更”? 2025年までレッドブル&アルファタウリに直接PU供給か。レッドブル重鎮が明かす
レッドブルとホンダは当初の計画を変更。現行のPUレギュレーションが終了するまで、ホンダが日本から直接レッドブルへパワーユニットを供給し続けることになったようだ。

ホンダのラストF1を見届けたオトコの現場レポート!「2026年、ホンダF1復活か!?」(ベストカー …

あれだけ、「ホンダF1最後の戦い」と世界中を騒がせながら感動の有終の美を飾ったホンダだったが、なんだか雲行きが怪しくなってきた。2022年もレッドブル/ …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ホンダF1”計画変更”? 2025年までレッドブル&アルファタウリに直接PU供給か … – Yahoo!ニュース

2021年限りでF1活動を終了したホンダ。パワーユニット(PU)の開発が凍結される2022年に向けて、E10燃料への対応を含めたPU開発と、PU組み立ての一部を担当 …

ホンダF1”計画変更”? 2025年までレッドブル&アルファタウリに直接PU供給か。レッドブル重鎮が明かす(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2021年限りでF1活動を終了したホンダ。パワーユニット(PU)の開発が凍結される2022年に向けて、E10燃料への対応を含めたPU開発と、PU組み立ての一部を担当することで、レッドブル・パワート

まずは年産7万台 ホンダ・プロローグ(Prologue)2024年に登場! ホンダ初の量産電気SUVは …

ホンダは、北米で初の量産型EV「Prologue(プロローグ)」を2024年初頭に発売する。同じく24年にホンダのプレミアムブランドであるアキュラにも電気SUVを …

https://motor-fan.jp/mf/article/40303/

発表【第一印象アンケート】ホンダ ステップワゴン 新型…気に入ったけど売れるかな?

レスポンス読者にホンダ『ステップワゴン』新型の第一印象をアンケート調査で聞いたところ、レスポンスアンケートではまれにに見る投票数がありました。6~7 …

発表【第一印象アンケート】ホンダ ステップワゴン 新型…気に入ったけど売れるかな? | レスポンス(Response.jp)
レスポンス読者にホンダ『ステップワゴン』新型の第一印象をアンケート調査で聞いたところ、レスポンスアンケートではまれにに見る投票数がありました。6~7割が好印象でしたが、マーケットで売れるかどうかの予想では半数以上が疑問視しています。

ホンダ・ヴェゼル e:HEVの燃費は真夏と真冬でどのくらい違う? どちらが良好? | Motor-Fan …

筆者が購入したホンダ・ヴェゼルe:HEV ZのFFモデルは、半年を過ぎて調子も上々だ。燃費も先代よりグッと良くなっている。では、真夏と真冬では、どちらが好 …

ホンダ・ヴェゼル e:HEVの燃費は真夏と真冬でどのくらい違う? どちらが良好?
筆者が購入したホンダ・ヴェゼルe:HEV ZのFFモデルは、半年を過ぎて調子も上々だ。燃費も先代よりグッと良くなっている。では、真夏と真冬では、どちらが好燃費なのか? データで検証してみた。 TEXT & PHOTO◎山上博也(YAMAGAMI Hiroya)

またがれるのか…? ホンダCBR1000Fにオデッセイの自動車用エンジンを移植した魔改造バイク …

魔改造を受けたのは、ホンダの大型スポーツバイク・CBR1000F。本来なら4スト4気筒エンジンが鎮座しているはずの場所には、なんとホンダ オデッセイに搭載 …

またがれるのか…? ホンダCBR1000Fにオデッセイの自動車用エンジンを移植した魔改造バイク爆誕
大型スポーツバイクに自動車向けのエンジンを搭載した魔改造バイクが誕生しました。 魔改造を受けたのは、ホンダの大型スポーツバイク・CBR1000F。本来なら4スト4気筒エンジンが鎮座しているはずの場所には、なんとホンダ オデッセイに搭載されて

日本勢、電池巻き返しへ…ホンダEV計画 経済安保リスク懸念 – 読売新聞オンライン

ホンダの電気自動車(EV)の電池調達戦略はEV開発のスピードを重視し、日米中の主要3市場で中国や韓国の大手電池メーカーに頼る形となった。

日本勢、電池巻き返しへ…ホンダEV計画 経済安保リスク懸念
ホンダの電気自動車(EV)の電池調達戦略はEV開発のスピードを重視し、日米中の主要3市場で中国や韓国の大手電池メーカーに頼る形となった。現在主流のリチウムイオン電池で後れをとった日本勢は、次世代電池の開発で巻き返しを図

ステップワゴンの次は新型『フリード』…土曜ニュースランキング | レスポンス(Response.jp)

先日発表された新型『ステップワゴン』に続き、フルモデルチェンジへの期待が高まるホンダのコンパクトミニバン『フリード』。 今週はその次期型に関する予想 …

ステップワゴンの次は新型『フリード』…土曜ニュースランキング | レスポンス(Response.jp)
レスポンスの全記事から今週注目を浴びた記事をご紹介するレスポンス週間ランキング。先日発表された新型『ステップワゴン』に続き、フルモデルチェンジへの期待が高まるホンダのコンパクトミニバン『フリード』。

ホンダ・レーシング・サンクスデー開催 2年3か月ぶり 鈴鹿サーキットで | AUTOCAR JAPAN

ホンダは、「ホンダ・レーシング・サンクスデー2021-2022」を2022年2月6日に鈴鹿サーキットで開催します。

ホンダ・レーシング・サンクスデー開催 2年3か月ぶり 鈴鹿サーキットで - AUTOCAR JAPAN
ホンダは、「ホンダ・レーシング・サンクスデー2021-2022」を2022年2月6日に鈴鹿サーキットで開催します。
タイトルとURLをコピーしました