アブダビGP問題を調査中のFIA、F1レースディレクターのマイケル・マシ退任の可能性 を認める …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

アブダビGP問題を調査中のFIA、F1レースディレクターのマイケル・マシ退任の可能性を認める …

FIAは、2021年F1最終戦で起きた問題の再発を防ぐための調査を行うなかで、新たなレースマネジメント体制を導入することを計画している。また、問題の原因を …

アブダビGP問題を調査中のFIA、F1レースディレクターのマイケル・マシ退任の可能性を認める | F1 | autosport web
 FIAは、2021年F1最終戦で起きた問題の再発を防ぐための調査を行うなかで、新たなレースマネジメント体制を導入することを計画している。また、問題の原因を作ったFIA F1レースディレクター、マイケル・マシが現ポジションから外れる可能性があると、FIAモータースポーツ事務総長でありシングルシーター部門責任者のピーター...

【動画】リカルドがパーカッションとして参加した楽曲が母国オーストラリアで年間チャート入り …

オーストラリアの年間音楽チャートで57位に入ったある楽曲が注目を集めている。なぜならその曲にはマクラーレンのF1ドライバー、ダニエル・リカルドが参加し …

【動画】リカルドがパーカッションとして参加した楽曲が母国オーストラリアで年間チャート入り | F1 | autosport web
 オーストラリアの年間音楽チャートで57位に入ったある楽曲が注目を集めている。なぜならその曲にはマクラーレンのF1ドライバー、ダニエル・リカルドが参加しているからだ。 リカルドは以前から大の音楽好きとして知られてきた。彼の公式サイトはそれを物語っており、そこには『プロフィール』や『ニュース』と並んで『ミュージック』とい...

2022年からの新世代F1マシン、すぐに全チーム同じような見た目になる?(motorsport.com 日本 …

2022年シーズンに技術規則の大幅な改定が行なわれるF1。2月から続々と発表される予定のニューマシンは、これまでとは一線を画す見た目になることが予想され …

2022年からの新世代F1マシン、すぐに全チーム同じような見た目になる?(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2022年シーズンに技術規則の大幅な改定が行なわれるF1。2月から続々と発表される予定のニューマシンは、これまでとは一線を画す見た目になることが予想されるが、それにより各チームがバラエティに富んだ

ハミルトンが2021年のF1タイトルを「盗まれた」のは確かだとWRCチャンピオン(TopNews)

2021年のF1最終戦アブダビGP決勝のファイナルラップでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)にまさかの逆転を許してF1通算8回目のタイトル獲得に失敗 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

レッドブルF1代表、ドライバーの世代交代に興奮「F1は素晴らしい状態」 【 F1-Gate .com 】

2021年のF1世界選手権は、7回のF1ワールドチャンピオンである37歳がルイス・ハミルトンを倒して、24歳のマックス・フェルスタッペンが制した。 キミ・ライコネン …

レッドブルF1代表、ドライバーの世代交代に興奮「F1は素晴らしい状態」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、若い世代のドライバーの台頭によって、現在のF1は「素晴らしい状態」にあると考えている。2021年のF1世界選手権は、7回のF1ワールドチャンピオンである37歳がルイス・ハミルトンを倒して、24歳のマックス・フェルスタッペンが制した。

2022年F1マシン:新車発表スケジュール…6チームが発表日を告知 – F1-Gate.com

2022年のF1世界選手権を戦う各F1チームの新車の発表日が近づいてきた。F1は、マシン同士がより接近戦ができるようにするために新レギュレーションで …

2022年F1マシン:新車発表スケジュール…6チームが発表日を告知
2022年のF1世界選手権を戦う各F1チームの新車の発表日が近づいてきた。F1は、マシン同士がより接近戦ができるようにするために新レギュレーションでコンセプトを一新。F1マシンの基本設計は、空力に依存する哲学からグラウンドエフェクトカーに移行し、F1チームは勢力図を変える大きなチャンスだと捉えられている。

2022年F1マシン解説:ホイールカバーを再導入する意図と課題

F1ではホイールフェアリングがたびたび登場してきた。1990年代まで遡れば、フェラーリF1はそれらを実験している。その後、F1チームは個別に設計されたホイール …

2022年F1マシン解説:ホイールカバーを再導入する意図と課題
2022年のF1レギュレーションの優先事項のひとつは、F1マシンの外周の空気の流れを管理し、お互いに追従しやすくすることにある。そのために市販車では“ホイールキャップ”に相当するホイールカバーが導入される。ホイールカバーは、BBSジャパンが供給する標準コンポーネントとなる。これは、F1史上初めて全チームに標準化されたホ...

ホンダF1”計画変更”? 2025年までレッドブル&アルファタウリに直接PU … – motorsport.com 日本版

2021年限りでF1活動を終了したホンダ。パワーユニット(PU)の開発が凍結される2022年に向けて、E10燃料への対応を含めたPU開発と、PU組み立ての一部を担当 …

ホンダF1”計画変更”? 2025年までレッドブル&アルファタウリに直接PU供給か。レッドブル重鎮が明かす
レッドブルとホンダは当初の計画を変更。現行のPUレギュレーションが終了するまで、ホンダが日本から直接レッドブルへパワーユニットを供給し続けることになったようだ。

ホンダのラストF1を見届けたオトコの現場レポート!「2026年、ホンダF1復活か!?」 – ベストカー

実はこの原稿、「F1アブダビGPレースレポートとホンダF1の終焉」というお題目が与えられていたのだが、どうやらホンダのF1は終わりそうにない。これでも撤退と …

ホンダのラストF1を見届けたオトコの現場レポート!「2026年、ホンダF1復活か!?」 - 自動車情報誌「ベストカー」
あれだけ、「ホンダF1最後の戦い」と世界中を騒がせながら感動の有終の美を飾ったホンダだったが、2022年もレッドブル/アルファタウリにエンジンを供給し、サポートを継続するらしいのだ。これでも撤退と言えるのか? 「2026年ホンダF1復活説」もふまえてフェルディナント・ヤマグチ氏がレポートする。

レッドブルF1代表ホーナーとの舌戦を「本当に後悔」するメルセデスのウォルフ…妻スージーから …

万人が納得する形でなかったにせよ、壮絶なタイトル争いが公式に決着を迎えオフシーズンへと突入した今、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ウォルフは …

レッドブルF1代表ホーナーとの舌戦を「本当に後悔」するメルセデスのウォルフ…妻スージーからもお叱り | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
万人が納得する形でなかったにせよ、壮絶なタイトル争いが公式に決着を迎えオフシーズンへと突入した今、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ウォルフはレッドブルの
タイトルとURLをコピーしました