イタリアン魂炸裂! マセラティのスーパーカー「MC20」が日本納車開始へ(ベスト カーWeb)

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

イタリアン魂炸裂! マセラティのスーパーカー「MC20」が日本納車開始へ(ベストカーWeb)

マセラティ ジャパンは、2022年1月27日、マセラティの最新モデルであるスーパースポーツカー「MC20」の日本デリバリー開始を発表した。 マセラティMC20は、2020 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

イタリアン魂炸裂! マセラティのスーパーカー「MC20」が日本納車開始へ – 自動車情報誌「ベスト …

マセラティ ジャパンは、2022年1月27日、マセラティの最新モデルであるスーパースポーツカー「MC20」の日本デリバリー開始を発表した。

イタリアン魂炸裂! マセラティのスーパーカー「MC20」が日本納車開始へ - 自動車情報誌「ベストカー」
イタリアン魂炸裂! マセラティのスーパーカー「MC20」が日本納車開始へ マセラティがフラッグシップスポーツ「MC20」の日本でのデリバリーを開始した。ついに上陸を果たしたマセラティMC20の詳細を紹介はもちろんのこと、今後の展開についてもお伝えしよう。

フェラーリ『デイトナSP3』、世界で最も美しいスーパーカーに…ブランド史上最強の840馬力 …

… パリで開催された「第37回国際自動車フェスティバル」において、「世界で最も美しいスーパーカー2022」を受賞した、と発表した。デイトナSP3は、…

指定された情報はすでに削除されているか、まだ提供を開始していません。【 carview! 】

「本当に燃えるからな」それでも24年間カウンタックとすごした愛の軌跡と現実の維持費 – 自動車 …

スーパーカーやヴィンテージカーといったクルマのランニングコストをオーナーに赤裸々に語ってもらうのがこの企画。 記念すべき第1回はキングオブスーパー …

「本当に燃えるからな」それでも24年間カウンタックとすごした愛の軌跡と現実の維持費 - 自動車情報誌「ベストカー」
「本当に燃えるからな」それでも24年間カウンタックとすごした愛の軌跡と現実の維持費 スーパーカーやヴィンテージカーといったクルマのランニングコストをオーナーに赤裸々に語ってもらうこの企画。記念すべき第1回はキングオブスーパーカーを新車で購入し、約24年所有しているオーナーに話を聞くことができた。

2.2億円で615psのV12エンジン搭載のT.33はゴードン マレーが日常使いできるスーパーカーとして …

「現代のスーパーカーの基準からすれば、決して広くはないし、大きくもない」と、マレーは続ける。「フロントウイングの最上部が一番高いところです。

2.2億円で615psのV12エンジン搭載のT.33はゴードン マレーが日常使いできるスーパーカーとして開発…それでも11,100rpmまで回せるけど | トップギア・ジャパン Top Gear JAPAN
ゴードン マレー オートモーティブ(GMA) T.50は、30年の歳月をかけ、技術的な進化を遂げ、3.9リッターのコスワース製自然吸気V12エンジンを搭載し、12,000rpmまで回転する伝説のF1として生まれかわった。そして今、純粋にドライビングを楽しみながら世界を制覇する計画の第2段階である、T.33を迎え入れたと...

ゴードン・マレーの真意「最後のノンハイブリッドカー」発表 | 日経クロステック(xTECH)

そして近年、彼は自身の名を冠した自動車メーカー、英Gordon Murray Automotive(ゴードン・マレー・オートモーティブ、GMA)を立ち上げ、スーパーカー界に …

ゴードン・マレーの真意「最後のノンハイブリッドカー」発表
 Gordon Murray(ゴードン・マレー)は“徹底追求の人”だ。自動車産業におけるキャリアの前半はBrabham(ブラバム)とMcLaren(マクラーレン)においてF1マシンの理想を追求し、数々の名車を産んだ。セナ・プロストで16戦15勝を得たマクラーレン「MP4/4」などは彼の理想とした低重心パッケージに、ホン...

億越えのスーパーカーがまさかの街道レーサー化!? フェラーリ「F40」6本出し竹槍マフラー+ …

時価は億越え! フェラーリ「F40」の妄想カスタマイズ メキシコのカーデザイナーであるアビメレック・アレラーノ氏は、1954年式メルセデスベンツ「300SL」の …

億越えのスーパーカーがまさかの街道レーサー化!? フェラーリ「F40」6本出し竹槍マフラー+デッパ装備のカスタマイズが非現実的すぎる(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■時価は億越え! フェラーリ「F40」の妄想カスタマイズ メキシコのカーデザイナーであるアビメレック・アレラーノ氏は、1954年式メルセデスベンツ「300SL」のローライダー仕様や1989年製のベントレー「ベンティガ」、6輪仕様のランボルギ...

ゴードン・マレー、『T.33』発表…615馬力V12をミッドシップに搭載 – 価格.com

ゴードン・マレー・オートモーティブ(GordonMurrayAutomotive)は1月27日、新型スーパーカーの『T.33』を発表した。T.33は、『T.50』の下に位置するモデル …

価格.com - ゴードン・マレー、『T.33』発表…615馬力V12をミッドシップに搭載<速報>
ゴードン・マレー・オートモーティブ(GordonMurrayAutomotive)は1月27日、新型スーパーカーの『T.33』を発表した。T.33は、『T.50』の下に位置するモデルになる。ボディサイズは、全長4398mm、全幅1850m...

シビックの歴代ニックネームとともに振り返る、進化の足跡【前編/初代〜5代目】 (1/2) – Web …

初代を超える性能を誇った2代目は通称「スーパーシビック」と呼ばれた。 … れていくスポーツモデル「Si」の登場や、全日本ツーリングカー選手権での活躍 …

【特集】シビックの歴代ニックネームとともに振り返る、進化の足跡(前編/初代〜5代目) - Webモーターマガジン
2021年8月5日、新型シビックが正式発表された。1972年に誕生したシビックはこれが11代目で、現在に至るまで累計販売台数2700万台を記録している。いまやCセグメントの世界的な人気モデルとなっているが、日本市場では熱狂的な支持を人気を集める時期が長かった一方で、販売が途絶えることもあるなど、波乱万丈な歴史をたどって...

2022年に期待する新型輸入車についてクロストーク。モーターマガジン誌筆者3人と編集長が語る …

国産車、輸入車問わず、最新のスーパーモデルからビンテージカー、中古車、さらには二輪車への深い造詣を背景に独自の洞察力に満ちた素直な評価を備えた評論 …

2022年に期待する新型輸入車についてクロストーク。モーターマガジン誌筆者3人と編集長が語る - Webモーターマガジン
2021年も魅力的なニューモデルが日本に導入された。それを振り返りながら、2022年に登場を控える輸入車について、本誌筆者陣(飯田裕子、島下泰久、渡辺敏史)と千葉編集長が語り合った。(Motor Magazine 2022年2月号より)
タイトルとURLをコピーしました