「もしF1復帰があるならコンストラクターとして…」ホンダ元MD・山本雅史が語る 舞台裏と角田 …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

「もしF1復帰があるならコンストラクターとして…」ホンダ元MD・山本雅史が語る舞台裏と角田 …

第四期F1活動でホンダが得たもの、来たる22年シーズンに向けた角田裕毅への期待、そして、ホンダから独立した山本氏がどのようなかたちでモータースポーツに …

「もしF1復帰があるならコンストラクターとして…」ホンダ元MD・山本雅史が語る舞台裏と角田への期待 - スポーツナビ
 国内外のモータースポーツ業界で“ホンダの山本雅史”という名を知らない者はいない。かつては全日本カートに自らがステアリン…

レッドブルF1、フェルスタッペンと「数週間以内に」2023年以降の契約について議論へ | F1 …

レッドブルF1、フェルスタッペンと「数週間以内に」2023年以降の契約について議論へ. レースを愛してやまないファンの方々へ auto sport Premiumが登場。 詳細を …

レッドブルF1、フェルスタッペンと「数週間以内に」2023年以降の契約について議論へ | F1 | autosport web
 レッドブルのモータースポーツコンサルタントを務めるヘルムート・マルコは、今後数週間以内にマックス・フェルスタッペンと2023年以降の将来について話し合うつもりだと語った。 フェルスタッペンの利益は彼の長年のマネージャーであるレイモンド・フェルミューレンが管理しているが、彼はまだレッドブルとの新しい契約の可能性について...

グランプリのうわさ話:バーレーンでプライベートテストを行ったハースF1に違反の可能性 | F1 …

グランプリのうわさ話:バーレーンでプライベートテストを行ったハースF1に違反の可能性. レースを愛してやまないファンの方々へ auto sport Premiumが登場。

グランプリのうわさ話:バーレーンでプライベートテストを行ったハースF1に違反の可能性 | F1 | autosport web
 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

F1 Topic:元ホンダの山本雅史氏が新会社を設立。レッドブル・パワートレインズとの契約も締結 …

2021年シーズンにホンダF1のマネージングディレクターとして、ホンダの30年ぶりのチャンピオン獲得に大きく貢献した山本雅史氏が、1月31日でホンダを退社 …

F1 Topic:元ホンダの山本雅史氏が新会社を設立。レッドブル・パワートレインズとの契約も締結 | F1 | autosport web
 2021年シーズンにホンダF1のマネージングディレクターとして、ホンダの30年ぶりのチャンピオン獲得に大きく貢献した山本雅史氏が、1月31日でホンダを退社し、新しく設立した自らの会社『MASAコンサルティング・コミュニケーションズ』で新しいスタートを切る。

レッドブルF1の仰天戦略:現行PU供給はホンダF1&自社は次世代PU開発 – F1-Gate.com

レッドブルF1は最初からこの青写真を描いていたのだろうか? 凍結される現行のPU供給はホンダF1に丸投げし、自社のレッドブル・パワートレインズでは次 …

レッドブルF1の仰天戦略:現行PU供給はホンダF1&自社は次世代PU開発
レッドブルF1は最初からこの青写真を描いていたのだろうか? 凍結される現行のPU供給はホンダF1に丸投げし、自社のレッドブル・パワートレインズでは次世代PUの開発に専念。フォルクスワーゲンとの共同開発も可能な土台が整った。ホンダが2021年でF1から撤退した後、当初の計画は、レッドブル・パワートレインズがホンダF1から...

2022年F1マシン:プルロッド式フロントサスペンションが予想される理由 【 F1-Gate .com 】

2022年F1マシンの発表まで2週間以内となったが、次世代F1マシンではプルロッド式フロントサスペンションの復活が予想されている。最近のシーズンでは、新型 …

2022年F1マシン:プルロッド式フロントサスペンションが予想される理由
2022年F1マシンの発表まで2週間以内となったが、次世代F1マシンではプルロッド式フロントサスペンションの復活が予想されている。最近のシーズンでは、新型コロナウイルスのパンデミックによって発表はオンラインでのみ行われている。実際にはF1チームはテストでコースに出るまでマシンの詳細は秘密にしており、単なるカラーリングお...

レッドブルF1首脳 「独自のエンジン部門設立は心理的な観点でも重要」 【 F1-Gate .com 】

レッドブルF1のヘルムート・マルコは、レッドブルがF1エンジンを自給自足する方法を見つけることが重要だと感じた理由を説明した。レッドブルは、ホンダがF1 …

レッドブルF1首脳 「独自のエンジン部門設立は心理的な観点でも重要」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、レッドブルがF1エンジンを自給自足する方法を見つけることが重要だと感じた理由を説明した。レッドブルは、ホンダがF1撤退した後のエンジンを賄うために独自のエンジン部門であるレッドブル・パワートレインズを設立。ヘルムート・マルコは、このアイデアが以前のエンジンパートナーであるルノーにイ...

フェラーリF1、2022年型マシンの名称は『F1-75』と発表。最初のモデル誕生から75年の節目を …

スクーデリア・フェラーリは、2022年型F1マシンに『F1-75』と名付けたことを発表した。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

F1、特別カラーの2022年F1マシンで中国の春節(旧正月)をお祝い

今年、F1では初の中国人F1ドライバーとなる周冠宇がアルファロメオでF1デビューを飾り、2022年はF1中国GPは開催されないものの、2025年までグランプリ契約を延長 …

F1、特別カラーの2022年F1マシンで中国の春節(旧正月)をお祝い
F1は、特別なカラーリングを施した2022年F1マシンの画像で中国の春節(旧正月)をお祝いした。中国では2月1日、旧正月の春節を迎えた。今年、F1では初の中国人F1ドライバーとなる周冠宇がアルファロメオでF1デビューを飾り、2022年はF1中国GPは開催されないものの、2025年までグランプリ契約を延長している。

レッドブルF1首脳、ペレスを分析「ボッタスはオーバーテイクに関しては敗者」 – F1-Gate.com

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、バルテリ・ボッタスを“超速い”ドライバーだとラベル付けしているが、オーバー …

レッドブルF1首脳、ペレスを分析「ボッタスはオーバーテイクに関しては敗者」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、バルテリ・ボッタスを“超速い”ドライバーだとラベル付けしているが、オーバーテイクに関しては、セルジオ・ペレスが勝利したと語る。それぞれのチームリーダーであるマックス・フェルスタッペントルイス・ハミルトンが昨シーズンのF1ワールドチャンピオンを巡っ...
タイトルとURLをコピーしました