ボッタス、メルセデスF1を離れる前に2017年の初優勝マシン『W08』を受け取ったと明 かす | F1 …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ボッタス、メルセデスF1を離れる前に2017年の初優勝マシン『W08』を受け取ったと明かす | F1 …

チャンピオンチームのメルセデスで5シーズンにわたり忠実で優れた働きをしたボッタスは、2021年限りでチームを離れ、2022年からはF1キャリアにおける次の章 …

ボッタス、メルセデスF1を離れる前に2017年の初優勝マシン『W08』を受け取ったと明かす | F1 | autosport web
 バルテリ・ボッタスはメルセデスを去る前に、チームから特別な贈り物をもらったことを明らかにした。しかしその堂々たる送別の品を自宅のマントルピースの上に置くことはないという。 チャンピオンチームのメルセデスで5シーズンにわたり忠実で優れた働きをしたボッタスは、2021年限りでチームを離れ、2022年からはF1キャリアにお...

2022年F1新レギュレーション……標準化進む”新世代F1”は、オーバーテイクが増えるのか? 逆の …

これまでのF1マシンは、車体の”上面”で多くのダウンフォースを発生してきた。フロントウイングやリヤウイングがその典型例であり、そこに向かう気流を …

2022年F1新レギュレーション……標準化進む”新世代F1”は、オーバーテイクが増えるのか? 逆の側面も……
標準化が進む新世代のF1。オーバーテイクや接近戦の増加が見込まれているが、逆の側面が存在する可能性もある?

アルファタウリF1、2022年型『AT03』発表会開始時刻を公表。ガスリーはテストに向けて …

スクーデリア・アルファタウリは、2022年型F1マシン『AT03』の発表会について新たな情報を公表、2月14日(月)午後12時CET(日本時間20時)にローンチ …

アルファタウリF1、2022年型『AT03』発表会開始時刻を公表。ガスリーはテストに向けてシミュレーターで準備 | F1 | autosport web
 スクーデリア・アルファタウリは、2022年型F1マシン『AT03』の発表会について新たな情報を公表、2月14日(月)午後12時CET(日本時間20時)にローンチイベントがスタートすることを明らかにした。 1月末に発表会の日程を公表していたアルファタウリは、2月1日、SNSを通して「AT03/新時代のスタイル」というタ...

アルファロメオF1、2022年F1マシンは『C42』と命名

アルファロメオF1は、2022年F1マシンが『C42』と呼ばれることを確認した。F1は、2021年に新レギュレーションを導入する予定だったが、新型コロナウイルスの …

アルファロメオF1、2022年F1マシンは『C42』と命名
アルファロメオF1は、2022年F1マシンが『C42』と呼ばれることを確認した。F1は、2021年に新レギュレーションを導入する予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックによって1年延期となった。アルファロメオF1は、先に新レギュレーションに合わせて2022年F1マシン『C40』として開発しており、前年シャシーがキ...

レッドブルF1首脳 「ハミルトン引退が事実なら舞台裏はもっと混乱している」 【 F1-Gate .com 】

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンがF1を引退するとは信じていない。もし、実際にその可能性が …

レッドブルF1首脳 「ハミルトン引退が事実なら舞台裏はもっと混乱している」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンがF1を引退するとは信じていない。もし、実際にその可能性があるなら、もっと“混乱”があるだろうと語る。物議を醸す状況でマックス・フェルスタッペンに2021年のF1ワールドチャンピオンを失ったルイス・ハミルトンは、「来年については...

レッドブルF1、2022年F1マシン『RB18』のクラッシュテスト不合格を否定 【 F1-Gate .com 】

レッドブルF1は、2022年F1マシン『RB18』がFIA(国際自動車連盟)のより厳格な新しいクラッシュテストに失敗したとの報道を否定した。

レッドブルF1、2022年F1マシン『RB18』のクラッシュテスト不合格を否定
レッドブルF1は、2022年F1マシン『RB18』がFIA(国際自動車連盟)のより厳格な新しいクラッシュテストに失敗したとの報道を否定した。Motorsport.comのイタリア語版はレッドブルとメルセデスの2022年F1マシンがFIAクラッシュテストに失敗し、両方のチームが新車の準備に打撃を受けていると報じた。

フェラーリF1、2022年F1マシンは『F1-75』と命名 – F1-Gate.com

フェラーリF1は、2022年F1マシンを『F1-75』と命名したことを明らかにした。今年、フェラーリは創立75周年を迎える。フェラーリは、1947年3月に創設者の …

フェラーリF1、2022年F1マシンは『F1-75』と命名
フェラーリF1は、2022年F1マシンを『F1-75』と命名したことを明らかにした。今年、フェラーリは創立75周年を迎える。フェラーリは、1947年3月に創設者のエンツォ・フェラーリが初めて125 Sのエンジンを始動された。フェラーリF1は、75周年を祝って、2022年F1マシンに『F1-75』という名前を与えた。20...

F1代表 「ルイス・ハミルトンがF1を快適に感じることが重要」

F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、ルイス・ハミルトンが2022年にF1活動を再開することを望んでいる。昨年のF1アブダビGP以降、沈黙を貫いていた …

F1代表 「ルイス・ハミルトンがF1を快適に感じることが重要」
F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、ルイス・ハミルトンが2022年にF1活動を再開することを望んでいる。昨年のF1アブダビGP以降、沈黙を貫いていたルイス・ハミルトンだが、自身の慈善財団『ミッション44』のプレスリリース、そして、中国のソーシャルメディアWeiboに投稿されたメルセデスF1の春節を祝う動画にも...

【考察】2022年のF1レースディレクターは誰になる? マイケル・マシの去就にかかわらず負担 …

2022年シーズンのF1開幕が迫る中、昨年までマイケル・マシが務めたレースディレクターの座に誰が就くのかについて、様々な憶測が飛び交っている。

【考察】2022年のF1レースディレクターは誰になる? マイケル・マシの去就にかかわらず負担軽減は必須(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2022年シーズンのF1開幕が迫る中、昨年までマイケル・マシが務めたレースディレクターの座に誰が就くのかについて、様々な憶測が飛び交っている。

2段階のパワーユニット凍結、第1回テスト後に早くも第一期限…2023年以降も変更可能な部位と例外

現行の1.6リッターV6ハイブリッド・ターボエンジンがF1に導入され8年が経過した。2022年はレギュレーションによってパワーユニット(PU)開発が凍結される …

F1ルール解説: 2段階のパワーユニット凍結、第1回テスト後に早くも第一期限…2023年以降も変更可能な部位と例外 | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
現行の1.6リッターV6ハイブリッド・ターボエンジンがF1に導入され8年が経過した。2022年はレギュレーションによってパワーユニット(PU)開発が凍結されるが
タイトルとURLをコピーしました