スーパーカーなのか否か? 少年を熱狂させた「ロータス・ヨーロッパ」の正体とは (Auto Messe …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

スーパーカーなのか否か? 少年を熱狂させた「ロータス・ヨーロッパ」の正体とは(Auto Messe …

1970年代後半から1980年代にかけて巻き起こったスーパーカーブームでは、ランボルギーニ・カウンタックとフェラーリ512BBの2トップを筆頭に、3~4Lかそれ …

スーパーカーなのか否か? 少年を熱狂させた「ロータス・ヨーロッパ」の正体とは(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 1970年代後半から1980年代にかけて巻き起こったスーパーカーブームでは、ランボルギーニ・カウンタックとフェラーリ512BBの2トップを筆頭に、3~4Lかそれ以上の大排気量で、V12などマルチシ

90年代のスーパーカー「チゼータ」復活へ! オリジナルのV16エンジンにクワッド … – Clicccar

「夢が帰って来る」すでにプロトタイプが走行テストを開始? 個性あるデザインで人気を博したスーパーカー「チゼータV16T」が、ドイツを拠点とする「EMA …

90年代のスーパーカー「チゼータ」復活へ! オリジナルのV16エンジンにクワッドターボ搭載 | clicccar.com
■「夢が帰って来る」すでにプロトタイプが走行テストを開始? 個性あるデザインで人気を博したスーパーカー「チゼータV16T」が、ドイツを拠点とする「EMA GroupGmbHの手により復活を目指してしていることがわかりました。

「ワクワクの70年代スーパーカー最新情報」フェラーリ「BB」最終進化版は今手 … – Yahoo!ニュース

「ベルリネッタ・ボクサー」、略して「BB」。1970年代に日本を興奮の渦に巻き込んだスーパーカー・ブームにおいて、この「ビー・ビー」と呼ばれたフェラーリ …

「ワクワクの70年代スーパーカー最新情報」フェラーリ「BB」最終進化版は今手に入れられるプライスなのか?(VAGUE) - Yahoo!ニュース
「ベルリネッタ・ボクサー」、略して「BB」。1970年代に日本を興奮の渦に巻き込んだスーパーカー・ブームにおいて、この「ビー・ビー」と呼ばれたフェラーリは、ランボルギーニ「カウンタック」とともに、ブ

国産スーパーカー3選! 子供から大人まで誰もが憧れたモデルたちを紹介 – MOTA(モータ)

最初に紹介するのは、1967年にトヨタによって発売されたスーパーカー「トヨタ2000GT」。 ヤマハの協力を得て開発された2.0リッター直列6気筒DOHC エンジンや4輪 …

国産スーパーカー3選! 子供から大人まで誰もが憧れたモデルたちを紹介|2022年MOTA車購入ガイド【MOTA】
70年代の子供たちを熱狂させたスーパーカーブームに始まり、令和になった今でも、刺激的なスタイリングにハイパワーなエンジンを搭載した“スーパーカー”は、車好きの大人から子供までを夢中にさせる憧れの存在。現在、その多くは海外メーカーのモデルたちだが、かつてはそれに引けを取らない国産スーパーカーが存在した。ここでは、懐かしの...

ケーニグセグ、自社開発モーター発表…1700馬力PHVスーパーカーに搭載へ – 価格.com

ケーニグセグ(Koenigsegg)は1月31日、同社初の自社開発モーターを発表した。まずは、新型プラグインハイブリッド(PHV)スーパーカーに搭載する計画だ。

ケーニグセグ、自社開発モーター発表…1700馬力PHVスーパーカーに搭載へ - 価格.com
ケーニグセグ(Koenigsegg)は1月31日、同社初の自社開発モーターを発表した。まずは、新型プラグインハイブリッド(PHV)スーパーカーに搭載する計画だ。◆0-100km/h加速1.9秒で最高速400km/hの『ジェメラ』自社開発モ...

「ワクワクの70年代スーパーカー最新情報」フェラーリ「BB」最終進化版は今 … – au Webポータル

第一次スーパーカーブーム時代の憧れの1台が、「ベルリネッタ・ボクサー」ことフェラーリ「BB」シリーズです。今回はそのBBシリーズの最終進化系の最新落札 …

指定されたページは存在しません|au Webポータル

90年代のスーパーカー「チゼータ」復活へ! オリジナルのV16エンジンにクワッド … – エキサイト

「夢が帰って来る」すでにプロトタイプが走行テストを開始?個性あるデザインで人気を博したスーパーカー「チゼータV16T」が、ドイツを拠点と …

90年代のスーパーカー「チゼータ」復活へ! オリジナルのV16エンジンにクワッドターボ搭載 (2022年2月3日) - エキサイトニュース
■「夢が帰って来る」すでにプロトタイプが走行テストを開始?個性あるデザインで人気を博したスーパーカー「チゼータV16T」が、ドイツを拠点とする「EMAGroupGmbHの手により復活を目指してしている...

エイベックス・松浦会長が爆買いする理由 NFTアートにスーパーカー…疑問の声は承知の上、真意 …

エイベックスの松浦勝人会長(57)がデジタル資産の一種である「NFT」のアート作品2点を計1億円で購入し、話題になっている。億単位のスーパーカーやバイク …

エイベックス・松浦会長が爆買いする理由 NFTアートにスーパーカー…疑問の声は承知の上、真意語った - スポニチ Sponichi Annex 芸能
 エイベックスの松浦勝人会長(57)がデジタル資産の一種である「NFT」のアート作品2点を計1億円で購入し、話題になっている。億単位のスーパーカーやバイクも50台以上“爆買い”。私財での購入とはいえ、コロナ禍でエンタメ業界の苦境は続いており、疑問の声が噴出している。音楽界の風雲児はついに“ご乱心”あそばされたのか――。...

ゴードン・マレー作、公道モデル第2弾『T.33』誕生。T.50とは異なる性格のスーパーカー | クルマ …

元F1カーデザイナーのゴードン・マレーが起こしたハイパフォーマンスカーブランド、ゴードン・マレー・オートモーティブ(GMA)から『T.50』に次ぐ第2の …

ゴードン・マレー作、公道モデル第2弾『T.33』誕生。T.50とは異なる性格のスーパーカー | クルマ | autosport web
 元F1カーデザイナーのゴードン・マレーが起こしたハイパフォーマンスカーブランド、ゴードン・マレー・オートモーティブ(GMA)から『T.50』に次ぐ第2のモデル『ゴードン・マレーT.33』が登場した。100台限定生産となるこのスーパーカーの価格は137万ポンド(約2億1300万円)、デリバリーは2024年初頭に開始され...

ホンダ N-BOXやダイハツ タントなどのスーパーハイトワゴンは燃費面では不利 … – MOTA(モータ)

今や軽自動車はファミリーカーやファーストカーとしても人気が高い。特にホンダ N-BOXなどのスーパーハイト軽自動車が登場してからは新車市場も一段と活気が …

ホンダ N-BOXやダイハツ タントなどのスーパーハイトワゴンは燃費面では不利! 軽自動車燃費トップはいずれもスズキ車だった|【話題を先取り】新型車解説2022【MOTA】
今や軽自動車はファミリーカーやファーストカーとしても人気が高い。特にホンダ N-BOXなどのスーパーハイト軽自動車が登場してからは新車市場も一段と活気が出てきた。 そんな軽自動車の人気の理由の一つとしては、維持費が安いということが挙げられるだろう。経済的な状況も考えて軽自動車を選んだのであれば、できるだけ車両の維持費用...
タイトルとURLをコピーしました