アストンマーティン『DBX 707』、ランボルギーニ ウルス 超える性能[詳細写真] | レスポンス …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

アストンマーティン『DBX 707』、ランボルギーニ ウルス 超える性能[詳細写真] | レスポンス …

DBX 707が競合車として意識するのは、ランボルギーニ『ウルス』だろう。4.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを、2個のターボで加給し、最大 …

アストンマーティン『DBX 707』、ランボルギーニ ウルス 超える性能[詳細写真] | レスポンス(Response.jp)
アストンマーティンは2月1日、SUV『DBX』(Aston Martin DBX)の高性能グレード「DBX 707」を欧州で発表した。世界で最もパワフルなラグジュアリーSUVを標榜する。

松浦勝人氏のランボルギーニとフェラーリがオートサロン仕様に変貌 YouTubeで明かされた …

加藤氏によると、「ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ」の価格は8000万円。超高級限定車をフルドライカーボンに改造するという松浦氏の奇想天外な発想に、 …

松浦勝人氏のランボルギーニとフェラーリがオートサロン仕様に変貌 YouTubeで明かされたこだわり(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース
 エイベックスの松浦勝人会長が、自身のYouTubeチャンネルに公開した動画で、フルドライカーボン仕様にカスタムされた自前のランボルギーニとフェラーリを披露した。

非合法公道レース映画『キャノンボール』のスター、伝説のカウンタックは今どうしている?

2021年に50周年を迎えたランボルギーニ・カウンタック。車好きから絶大な支持を受ける映画『キャノンボール』に出演した1台をOctaneが訪ねた。

非合法公道レース映画『キャノンボール』のスター、伝説のカウンタックは今どうしている? | octane.jp | Fuelling the Passion - 車に情熱を!-
2021年に50周年を迎えたランボルギーニ・カウンタック。車好きから絶大な支持を受ける映画『キャノンボール』に出演した1台をOctaneが訪ねた。間違っても名作ではない。傑作映画トップ10はもちろん、トップ100にも選ばれないだろう。それで

「ワクワクの70年代スーパーカー最新情報」フェラーリ「BB」最終進化版は今手に入れられる …

ランボルギーニ・カウンタックを意識して、インストラクションブックの最高速に302km/hという数字を表記したのも、これもまた最初のBBの伝説でもあった。

「ワクワクの70年代スーパーカー最新情報」フェラーリ「BB」最終進化版は今手に入れられるプライスなのか?(VAGUE) - Yahoo!ニュース
「ベルリネッタ・ボクサー」、略して「BB」。1970年代に日本を興奮の渦に巻き込んだスーパーカー・ブームにおいて、この「ビー・ビー」と呼ばれたフェラーリは、ランボルギーニ「カウンタック」とともに、ブ

第742回:「フィアット500」であっても「500」にあらず!? 同名異車種がもたらす混乱にご用心 …

ランボルギーニは2022年1月25日、「カウンタックLPI800-4」の公道走行シーンを公開した。 LPI800-4は2021年8月に米国のペブルビーチで発表されたが、実際に …

第742回:「フィアット500」であっても「500」にあらず!? 同名異車種がもたらす混乱にご用心 【マッキナ あらモーダ!】 - webCG
フィアットの「500」には2007年デビューの現行モデルに加えて、初代と2代目が存在し、さらにはフィアットが「Cinquecento」と表記するモデルがある。読み方はすべて「チンクエチェント」だ。こうした同名異車種がもたらす混乱について大矢アキオが語る。

ランボルギーニ・ウラカンSTO(MR/7AT)【試乗記】 – グノシー

この記事の画像を見る ファン・トゥ・ドライブの頂点 「ランボルギーニ・ウラカンSTO」は、ウラカンの競技車両「スーパートロフェオ」や「GT3 EVO」の …

ランボルギーニ・ウラカンSTO(MR/7AT)【試乗記】(webCG) - グノシー
雑談力がつくニュースアプリ

ダイハツ新型「アトレー」、なぜ好調? アウトドアニーズに着目 目標の8倍受注 | AUTOCAR JAPAN

583記事 · ランボルギーニ 274記事 · BMW 918記事 · フェラーリ 289記事 · レクサス 299記事 · フォード 373記事 · テスラ 132記事 · メルセデス・ベンツ

ダイハツ新型「アトレー」、なぜ好調? アウトドアニーズに着目 目標の8倍受注 - AUTOCAR JAPAN
ダイハツ・アトレー(フルモデルチェンジ車)が好調です。発売初月は、販売目標の8倍を受注。アウトドアユースを追求したというので、実車を取材してきました。

90年代のスーパーカー「チゼータ」復活へ! オリジナルのV16エンジンにクワッドターボ搭載 …

かつて1973年までランボルギーニに在籍していたクラウディオ・サンポーリ氏が創設者として設立したチゼータは、1988年のジュネーブモーターショーに …

90年代のスーパーカー「チゼータ」復活へ! オリジナルのV16エンジンにクワッドターボ搭載 | clicccar.com
■「夢が帰って来る」すでにプロトタイプが走行テストを開始? 個性あるデザインで人気を博したスーパーカー「チゼータV16T」が、ドイツを拠点とする「EMA GroupGmbHの手により復活を目指してしていることがわかりました。
タイトルとURLをコピーしました