永久不滅の名作! 初代アウディ「TT」はポルシェがルーツだった!? 「TT」の美しさ のヒミツとは …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

永久不滅の名作! 初代アウディ「TT」はポルシェがルーツだった!? 「TT」の美しさのヒミツとは …

元ポルシェ社のデザイナーだったフリーマン・トーマスは、どうやら「フェルディナント・ポルシェ博士が作った“ポルシェの原型”を現代の世に蘇らせたい」 …

永久不滅の名作! 初代アウディ「TT」はポルシェがルーツだった!? 「TT」の美しさのヒミツとは【中古車至難】(VAGUE) - Yahoo!ニュース
 ネオクラシックこと「ちょっと古いクルマ」の何が素晴らしいかといえば、「時の流れに屈することのない永遠の何か」が、そのなかに見つかることがある、ということ。

オークションでは5000万円で落札! ポルシェファンが特別視する「ナナサン」911カレラRSとは …

1973年に登場したポルシェ911カレラRS2.7。 ランボルギーニ・カウンタックとフェラーリ512BBの2トップがけん引し、1970年代後半から1980年代にかけて大きな …

オークションでは5000万円で落札! ポルシェファンが特別視する「ナナサン」911カレラRSとは(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 ランボルギーニ・カウンタックとフェラーリ512BBの2トップがけん引し、1970年代後半から1980年代にかけて大きな盛り上がりを見せたスーパーカーブーム。漫画『サーキットの狼』の主人公・風吹裕矢

ポルシェ718ボクスター GTS(最終回) 長期テスト 最高水準のドライバーズカー(AUTOCAR …

ポルシェ718ボクスター GTSは、短時間の試乗レポートで得た評価の通り、長く付き合っても優れた仕上がりだろうか。それが長期テストを通じて、筆者が確認 …

ポルシェ718ボクスター GTS(最終回) 長期テスト 最高水準のドライバーズカー(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
ポルシェ718ボクスター GTSは、短時間の試乗レポートで得た評価の通り、長く付き合っても優れた仕上がりだろうか。それが長期テストを通じて、筆者が確認したいことだった。初試乗の印象が、非常に良かった

ポルシェ718ボクスター GTS(最終回) 長期テスト 最高水準のドライバーズカー | AUTOCAR JAPAN

718ボクスターの高性能版、GTS。Jr.スーパーカー級のロードスターを日常使いすることで、本性と魅力に迫ります。 ポルシェ · ボクスター · 長期テスト …

ポルシェ718ボクスター GTS(最終回) 長期テスト 最高水準のドライバーズカー - AUTOCAR JAPAN
718ボクスターの高性能版、GTS。Jr.スーパーカー級のロードスターを日常使いすることで、本性と魅力に迫ります。

溝呂木 陽の水彩カースケッチ帳/連載・第18回 大いなる『栄光のル・マン』! – モーターファン

『ル・マン クラシック』で見た、かの名手、リチャード・アトウッドのドライブでエントリーされたガルフカラーのポルシェ917K。(水彩画).

溝呂木 陽の水彩カースケッチ帳/連載・第18回 大いなる『栄光のル・マン』!
クルマ大好きイラストレーター・溝呂木 陽(みぞろぎ あきら)さんによる、素敵な水彩画をまじえた連載カー・コラム。今回は10年ほど前に訪れた、フランス、ル・マンで開催されている偉大なクラシックカー・イベントで見た、レース映画の傑作『栄光のル・マン』でおなしみ、レンシュポルト・ポルシェたちのお話をお届けします。

よみがえる! 技術者集団がクラシックカーの販売を開始 | レスポンス(Response.jp)

ポルシェ 356スピードスターレプリカ. 全長:391cm, 全幅:172cm, 高さ:123cm 車両総重量:840kg, 排気量:1580CC 年式:1969(昭和44)年車検:検査なし …

よみがえる! 技術者集団がクラシックカーの販売を開始 | レスポンス(Response.jp)
両備ホールディングス(岡山県)の社内カンパニーである両備テクノモビリティーカンパニーが、1月31日よりクラシックカー販売を開始した。同社は長年培った技術で、クラシックカーをEVコンバージョンやレストアで「ONLY ONE」の車へ変身させ……

永久不滅の名作! 初代アウディ「TT」はポルシェがルーツだった!? 「TT」の美しさのヒミツとは …

元ポルシェ社のデザイナーだったフリーマン・トーマスは、どうやら「フェルディナント・ポルシェ博士が作った“ポルシェの原型”を現代の世に蘇らせたい」という …

指定されたページは存在しません|au Webポータル

フツーのクルマに反則級エンジン! メーカーが自ら手を出したエンジンスワップ車たち …

… 車体に6.3LのV8を押し込んだメルセデスベンツの300SEL6.3や、ミディアムクラスのW124型に500SL用の4973ccV8を載せた500Eが有名(ポルシェが開発・製造。

フツーのクルマに反則級エンジン! メーカーが自ら手を出したエンジンスワップ車たち | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
昔から、チューニングの手法として定番のひとつとなっているのがエンジンスワップ。より高性能なモデルのエンジンを移植することで、手間はかかっても大幅なパワーアップが期待できるというもの。そんな手法を、自動車メーカーが採用したモデルもある。代表的な車種を紹介しよう。

CSI Racing、2022年はGRスープラGT4の1台体制でスーパー耐久ST-Zに参戦へ。ドライバーも変更

ポルシェセンター岡崎が2022年スーパー耐久参戦体制を発表。永井/上村に加え伊藤大輔が参戦へ · 国内レース他 2022/02/04.

CSI Racing、2022年はGRスープラGT4の1台体制でスーパー耐久ST-Zに参戦へ。ドライバーも変更 | 国内レース他 | autosport web
 2月5日、スーパー耐久シリーズに参戦するトヨタカローラ新茨城 CSI Racingは、2022年の参戦体制について発表した。2021年は2台体制で戦ってきたチームだが、2022年はトヨタGRスープラGT4の1台体制でST-Zクラスに挑むことになる。 トヨタカローラ新茨城 CSI Racingは、GRガレージ水戸インタ...

ランボルギーニ、LMDh参入を”数週間以内”に判断か。7番目のLMDhメーカーに?

現在、ポルシェやアウディはマルチマチックとマシンを開発しており、当初はランボルギーニ独自のプロジェクトを検討していたわけだ。 一方でサンナは以前、 …

ランボルギーニ、LMDh参入を”数週間以内”に判断か。7番目のLMDhメーカーに?
ランボルギーニは、WECおよびIMSAに参戦できるLMDh車両を開発するかどうか、数週間以内に判断を下そうとしているようだ。
タイトルとURLをコピーしました