フェラーリ、噂のSUVは『プロサングエ』…2022年内に生産開始 公式発表 – 価格.com

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

フェラーリ、噂のSUVは『プロサングエ』…2022年内に生産開始 公式発表 – 価格.com

フェラーリは2月2日、2022年の新型車のひとつとして、『プロサングエ』(FerrariPurosangue)の生産を2022年内に開始すると発表した。フェラーリが、公式に …

フェラーリ、噂のSUVは『プロサングエ』…2022年内に生産開始 公式発表 - 価格.com
フェラーリは2月2日、2022年の新型車のひとつとして、『プロサングエ』(FerrariPurosangue)の生産を2022年内に開始すると発表した。フェラーリが、公式にプロサングエの名前を使ったのは、今回が初めて。プロサングエとは、ブ...

フェラーリF1マシンが、冬季オリンピック開会式で豪快スピンターンを披露した日……2006年 …

走行が終わると、スタジアムの上空には花火が打ち上げられた。観客席でこれを見ていた、当時のフェラーリ会長であるルカ・ディ・モンテゼモロは、にんまりと笑み …

フェラーリF1マシンが、冬季オリンピック開会式で豪快スピンターンを披露した日……2006年トリノ五輪(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 24回目となる冬季オリンピックが、中国の北京で始まった。2月4日(金)には開会式が行なわれ、熱戦の火蓋が切られた。

【2分18秒の動画付き】フェラーリ296GTB DMC “スクアーロ(Squalo)” V6 … – Yahoo!ニュース

DMCは、フェラーリ296GTBのパフォーマンスアップを含むチューニングプログラムを発表。パーツは暗号通貨での支払いも可能!?

【2分18秒の動画付き】フェラーリ296GTB DMC “スクアーロ(Squalo)” V6フェラーリのチューンナッププログラム(AUTO BILD JAPAN Web) - Yahoo!ニュース
DMCは、フェラーリ296GTBのパフォーマンスアップを含むチューニングプログラムを発表。パーツは暗号通貨での支払いも可能!? ドイツのDMCは、未来のチューニング企業として、独自のNFTコレクシ

2023年にハイパーカーでWEC参戦のフェラーリ、2022年6月にはフィオラノでテスト開始?

フェラーリのスポーツカーレース部門を率いるアントネロ・コレッタは、今後のプログラムについて次のように語った。 「新しいハイパーカーは、できれば6月、 …

2023年にハイパーカーでWEC参戦のフェラーリ、2022年6月にはフィオラノでテスト開始?
2023年に自社製ハイパーカーでのWEC参戦を目指すフェラーリは、2022年6月にフィオラノでマシンを初公開したいと考えているようだ。

最高値53億円! オークションで高額落札されるクラシックカーの魅力【最上級事典】 – GOETHE

ランキング上位をフェラーリが占めるが、希少性やヘリテージ、過去の戦績や有名人オーナーの所有歴によってもそのオークション落札価格は大きく変動する。

最高値53億円! オークションで高額落札されるクラシックカーの魅力【最上級事典】
史上最高落札額を記録したクルマは、いずれも自動車専門オークショニアが開催したオークションで競られたもの。ランキング上位をフェラーリが占めるが、希少性やヘリテージ、過去の戦績や有名人オーナーの所有歴によってもそのオークション落札価格は大きく変動する。歴代オークション高額ランキングも公開!オークション史上最高値で落札...

アルファロメオF1、C42はフェラーリのギアボックスとリアサスを不採用 【 F1-Gate .com 】

アルファロメオF1の2022年F1マシン『C42』は、F1パワーユニットはフェラーリから供給を受けるものの、ギアボックスとリアサスペンションは独自に構築。

アルファロメオF1、C42はフェラーリのギアボックスとリアサスを不採用
アルファロメオF1の2022年F1マシン『C42』は、F1パワーユニットはフェラーリから供給を受けるものの、ギアボックスとリアサスペンションは独自に構築。フェラーリとの関係性はより希薄となっている。昨年、アルファロメオF1は、フェラーリとのF1パワーユニット供給契約を更新したが、これまでフェラーリのアカデミードライバー...

「唯我独尊的ロールス・ロイス5選」フェラーリの黄色、前澤友作氏がオーダーした織部焼の緑に …

ロールス・ロイスの特別オーダーに応えるビスポーク部門が仕立てたクルマは、息を呑むほどに美しく個性的。そんなビスポーク仕立てのロールス・ロイスを5台 …

指定されたページは存在しません|au Webポータル

【新時代F1にまつわる10の疑問/前編】追い越しは増える? 新燃料、18インチタイヤで何が …

関連のニュース · ハースF1、2022年型マシン『VF-22』のカラーリングを初公開。 · ハースF1『VF-22』:体制一新、フェラーリ出身のTDが手がけたマシンに高まる期待 …

【新時代F1にまつわる10の疑問/前編】追い越しは増える? 新燃料、18インチタイヤで何が変わる? | F1 | autosport web
 2022年F1には新技術レギュレーションが導入され、新世代F1マシンが登場する。どのような変更があり、どのような影響が予想されるのか。formula1.comでの解説でもお馴染みのF1ジャーナリスト、サム・コリンズが、2022年F1にまつわる10の疑問に答える(全2回)。

男子は夢見がち! 女子は現実的! 新成人の欲しいクルマランキングの中身と現実的な問題

そして15位がフェラーリ(カリフォルニア/ラ・フェラーリなど)となっています。 【関連記事】若者はお金がかかるから「クルマに乗らない」のか?

男子は夢見がち! 女子は現実的! 新成人の欲しいクルマランキングの中身と現実的な問題
この記事をまとめると■ソニー損保が新成人を対象にカーライフ意識調査を実施■「現在欲しい車」で第一位に輝いたのはトヨタ・アクア■このアンケートからわかることについて解説する「1カ月にかけられる金額」の平均は1万5910円「成人」となる年齢が1…

IGTCキャラミ9時間はアッカASPのメルセデスが優勝。マニュファクチャラーはアウディが戴冠 | ル …

マニュファクチャラータイトルはアウディが、ドライバーズタイトルはフェラーリのコム・レドガー/アレッサンドロ・ピエール-グイディが獲得した。

IGTCキャラミ9時間はアッカASPのメルセデスが優勝。マニュファクチャラーはアウディが戴冠 | ル・マン/WEC | autosport web
 2月3〜5日、南アフリカのキャラミで2021年のインターコンチネンタルGTチャレンジ(IGTC)最終戦となるヨハネスブルク・キャラミ9時間が開催され、メルセデスAMG・チーム・アッカASPのラファエル・マルチェッロ/ジュール・グーノン/ティムール・ボグスラフスキ組89号車メルセデスAMG
タイトルとURLをコピーしました