ロータスMk VI ブランドの分岐点 1097ccのクライマックス・ユニット 前編 – carview!

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ロータスMk VI ブランドの分岐点 1097ccのクライマックス・ユニット 前編 – carview!

ロータス・カーズの本当の始まりこの小さなクルマが、ロータス・カーズ社の本当の始まりといえる。噂通りタイトなコクピットへ、身体を滑らせるように落とす …

ロータスMk VI ブランドの分岐点 1097ccのクライマックス・ユニット 前編(AUTOCAR JAPAN)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
ロータス・カーズの本当の始まりこの小さなクルマが、ロータス・カーズ社の本当の始まりといえる。噂通りタイトなコクピットへ、身体を滑らせるように落とす。ドライバーの正面には必要なメーター類が、読みやすい位置に並んでいる。腕はトランスミッション・...(ヘッドライン)

ロータスMk VI ブランドの分岐点 1097ccのクライマックス・ユニット 後編 – carview!

初期型のリアタイヤが覆われたリアカウル1097ccのコベントリー・クライマックス社製4気筒エンジンを搭載する、ロータスMk VI。オーナーのアレックス・ …

ロータスMk VI ブランドの分岐点 1097ccのクライマックス・ユニット 後編(AUTOCAR JAPAN) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
初期型のリアタイヤが覆われたリアカウル1097ccのコベントリー・クライマックス社製4気筒エンジンを搭載する、ロータスMk VI。オーナーのアレックス・ポスタン氏によって、レストアが仕上げられたばかりだ。リア・バルクヘッドに2基のアルミ製燃...
タイトルとURLをコピーしました