月販1000台越え!マツダ ロードスターの人気が再燃している理由 – JBpress

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

月販1000台越え!マツダ ロードスターの人気が再燃している理由 – JBpress

なぜこのタイミングで「ロードスター」人気が高まっているのか? マツダはその理由として「大きく2つの可能性があり、そこに商品改良が上手く連動した」と …

月販1000台越え!マツダ ロードスターの人気が再燃している理由 「990S」に見る商品改良の妙手、我が道を行くマツダ | JBpress (ジェイビープレス)
なぜこのタイミングで「ロードスター」人気が高まっているのか? マツダはその理由として「大きく2つの可能性があり、そこに商品改良が上手く連動した」と分析している。(1/5)

豊田合成、「新漆黒めっき」開発 マツダ「CX-5」のフロントグリルに採用(日刊自動車新聞 …

豊田合成は4日、めっきの新技術「新漆黒めっき」を開発し、12月に発売されたマツダの新型「CX―5」でフロント部に採用されたと発表した。

豊田合成、「新漆黒めっき」開発 マツダ「CX-5」のフロントグリルに採用(日刊自動車新聞) - Yahoo!ニュース
 豊田合成は4日、めっきの新技術「新漆黒めっき」を開発し、12月に発売されたマツダの新型「CX―5」でフロント部に採用されたと発表した。今後は幅広い部位での使用を想定し、加飾バリエーションの拡充によ

電装部品の調達に支障…マツダが広島・防府工場を一時停止(ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

マツダは7、8日の2日間、広島本社工場(広島市南区)と防府工場(山口県防府市)の操業を停止する。北米東部における寒波の影響で、電装関係の部品の調達に …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

マツダ・人事情報 2022年2月1日付 | mirai.Response(ミライレスポンス)

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役社長兼CEO:丸本 明)は、2022年2月1日付の人事異動について下記の通り発表しました。

レスポンス(Response.jp)
自動車業界に張り巡らされたニュースネットワーク。新型車やモーターショーの速報や試乗記。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドなどエコカーの最新情報や分析コラムなど。毎日約120回更新。“いま”のクルマにレスポンス!

プラットフォーム判明 謎多きマツダの新型SUV「CX-50」 CX-5との関係は? | AUTOCAR JAPAN

北米で量産が開始されたマツダCX-50。謎多き新型車のプラットフォームについて新たな事実が判明しました。

https://www.autocar.jp/post/787544

月販1000台越え!マツダ ロードスターの人気が再燃している理由 – Yahoo!ニュース

(桃田 健史:自動車ジャーナリスト) ここへ来て、マツダのスポーツカー「ロードスター」の人気が急上昇している。2022年1月の国内販売台数は1122台。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

プラットフォーム判明 謎多きマツダの新型SUV「CX-50」 CX-5との関係は?(AUTOCAR JAPAN …

マツダは先日、「CX-50の量産を米国アラバマ州の工場で開始した」という広報発表をおこなった。

プラットフォーム判明 謎多きマツダの新型SUV「CX-50」 CX-5との関係は?(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
マツダは先日、「CX-50の量産を米国アラバマ州の工場で開始した」という広報発表をおこなった。

月販1000台越え マツダ ロードスターの人気が再燃している理由 – ライブドアニュース

マツダロードスター特別仕様車「990S」(筆者撮影)(桃田 健史:自動車ジャーナリスト)ここへ来て、マツダのスポーツカー「ロードスター」の人気が急上昇 …

月販1000台越え マツダ ロードスターの人気が再燃している理由 - ライブドアニュース
マツダロードスター特別仕様車「990S」(筆者撮影)(桃田 健史:自動車ジャーナリスト)ここへ来て、マツダのスポーツカー「ロードスター」の人気が急上昇している。2022年1月の国内販売台数は1122台。日本自動車

豊田合成:新漆黒めっきを開発、マツダCX-5が採用 – モーターファン

マツダCX-5のフロント部 (フロントグリル下部のめっき部分が新漆黒めっき). 豊田合成は、「光輝感」と「深みのある黒色」を両立させ、スポーティーな …

豊田合成:新漆黒めっきを開発、マツダCX-5が採用
豊田合成は、「光輝感」と「深みのある黒色」を両立させ、スポーティーなデザインを表現する新しいめっき技術(新漆黒めっき)を開発した。加飾バリエーションの拡充により、多様なデザインニーズに対応する。

エンジンキャリブレーションでのデータ測定を機械学習で8割削減、マツダが採用 – MONOist

技術や製品の開発は英国本社で行い、日本法人は技術サポートや営業を担う。 今回、マツダがライセンス契約を締結したのは、エンジンの燃費値が最も良好になる …

エンジンキャリブレーションでのデータ測定を機械学習で8割削減、マツダが採用
Secondmind(セカンドマインド)は2022年2月3日、エンジンのキャリブレーション(適合)を効率化するクラウドベースのモデルベースキャリブレーション用機械学習ソフトウェアプラットフォームについて、マツダと複数年のライセンス契約を締結したと発表した。量産用のエンジンキャリブレーションプロセスの効率を、従来の2倍以...
タイトルとURLをコピーしました