「ダイハツYRVの200馬力ハイフローターボ仕様はマニアすぎ!」 パワーウエイトレ シオはNSXに …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

「ダイハツYRVの200馬力ハイフローターボ仕様はマニアすぎ!」 パワーウエイトレシオはNSXに …

マイナー車だけどポテンシャルは高いんです! ハイフロータービンを軸にしたパワーチューン スターレットターボの生産終了後、競技ベース車両…

「ダイハツYRVの200馬力ハイフローターボ仕様はマニアすぎ!」 パワーウエイトレシオはNSXに匹敵する!?
マイナー車だけどポテンシャルは高いんです! ハイフロータービンを軸にしたパワーチューン スターレットターボの生産終了後、競技ベース車両…つまりはストーリアX4を除き、20世紀~21世紀をまたいで、コンパクトクラスで唯一のターボモデルとして存在していたYRVターボ。背高系ボディから、動力性能に多少の余裕を持たせた実用系コ...

ダイハツ・タフトのデザイン フィアット・パンダとの共通性は「愛されるクルマ」なのかな …

大人気のダイハツ・タフト。ここではその魅力を、デザインの側面から探ってみようと思う。

ダイハツ・タフトのデザイン フィアット・パンダとの共通性は「愛されるクルマ」なのかな
大人気のダイハツ・タフト。ここではその魅力を、デザインの側面から探ってみようと思う。

ターボエンジンで武装した新時代ホットハッチ! 2000年代に誕生した高性能コンパクトカー3選 …

かつてダイハツは国内外のラリーとダートトライアルを中心に、モータースポーツへの参戦とサポートを積極的におこなっていました。

ターボエンジンで武装した新時代ホットハッチ! 2000年代に誕生した高性能コンパクトカー3選
2000年の初頭に、名だたる国産スポーツカーの多くが姿を消しました。しかし、高性能車の火が消えたわけではなく、新たな高性能車も誕生。そこで、2000年代に登場した新時代のホットハッチを、3車種ピックアップして紹介します。

〔決算〕JR九州、22年3月期予想を上方修正=事業回復、物件売却益で | 乗りものニュース

いすゞ · スズキ · スバル · ダイハツ · トヨタ · 日産 · ホンダ · マツダ · 三菱自動車 · 新車 · 旧車 · いすゞ · スズキ · スバル · ダイハツ · トヨタ …

乗りものニュース
鉄道(新幹線、観光列車、通勤電車など)、バス(高速、夜行、一般路線バスなど)、飛行機(旅客機、戦闘機など)、船、自動車、道路といった「乗りもの」や「交通」に関するニュース、最新の情報をわかりやすくお届けします!

大真面目に作られたのが素晴らしい! 昭和の時代に誕生したスゴいデザインの車3選(くるまの …

ダイハツは国内でも屈指の老舗自動車メーカーで、1907年(明治40年)に大阪を … 年に3輪トラックの「ダイハツ号」から自動車メーカーの歴史がスタート。

大真面目に作られたのが素晴らしい! 昭和の時代に誕生したスゴいデザインの車3選(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 クルマ選びの際に、見た目の第一印象で決めるという人が多いのではないでしょうか。それほどまでにクルマの外観デザインは重要な要素といえます。

2021年国内新車販売は440万台を突破、軽自動車比率は37.1 – carview!

… 販売台数をまとめた。2021年の国内最多販売のトヨタは、登録車だけで138万台以上を販売。軽自動車販売でトップのダイハツは登録車販売が4万台以下にと.

2021年国内新車販売は440万台を突破、軽自動車比率は37.1%(カー・アンド・ドライバー) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会の発表データから、国内各メーカーと輸入車の販売台数をまとめた。2021年の国内最多販売のトヨタは、登録車だけで138万台以上を販売。軽自動車販売でトップのダイハツは登録車販売が4万台以下にと...

負けちゃいないぜ!!「横綱」ハイエースの陰で細~く長~く売れてる個性派バン&1BOX4選 – 自動車 …

果たして、横綱のハイエースに土がつく日は訪れるのか? 文/FK、写真/ダイハツ、トヨタ、日産、三菱自動車. 【画像ギャラリー】ハイエースだけじゃない!

負けちゃいないぜ!!「横綱」ハイエースの陰で細~く長~く売れてる個性派バン&1BOX4選 - 自動車情報誌「ベストカー」
 あるときはビジネス用のバンとして、あるときはアウトドアやキャンプのお供として、またあるときはカスタムのベース車両としてマルチに活躍するハイエースは、昔もいまもキング・オブ・ワンボックスに君臨する存在。それだけに、圧倒的な存在感を放つハイエ…

三菱自が実質価格200万円で発売へ EV化の波、軽自動車のみ込むか – 日経ビジネス電子版

三菱自動車は2022年度初めにも、実質価格を200万円に抑えた軽自動車タイプの電気自動車(EV)を売り出す。25年ごろには軽自動車の2強であるダイハツ工業と …

三菱自が実質価格200万円で発売へ EV化の波、軽自動車のみ込むか
三菱自動車は2022年度初めにも、実質価格を200万円に抑えた軽自動車タイプの電気自動車(EV)を売り出す。25年ごろには軽自動車の2強であるダイハツ工業とスズキを含めた主要メーカーの軽EVが出そろう見込みだ。国内で販売される新車の約4割を占める「国民車」となった軽自動車でもEVシフトの号砲が鳴る。

まるでバケモノ シボレー史上最大の10.3L V8エンジンはどのようにして作られたのか | AUTOCAR …

832記事 · ダイハツ 86記事 · スバル 271記事 · スズキ 254記事 · マセラティ 107記事 · マツダ 354記事 · ロードスター 77記事 · Nボックス 22記事 · 日産

まるでバケモノ シボレー史上最大の10.3L V8エンジンはどのようにして作られたのか - AUTOCAR JAPAN
排気量10000cc超の「ZZ 632/1000」は、シボレー史上最大・最強のクレートエンジンです。
タイトルとURLをコピーしました