オラクル・レッドブル・レーシングが2022年型F1マシン『RB18』を初公開 … – autosport w eb

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

オラクル・レッドブル・レーシングが2022年型F1マシン『RB18』を初公開 … – autosport web

現地時間2月9日(水)、オラクル・レッドブル・レーシングは2022年シーズンのF1を戦う新マシン『RB18』を発表した。新たなタイトルスポンサーにアメリカのIT …

オラクル・レッドブル・レーシングが2022年型F1マシン『RB18』を初公開。エンジンカウルにHRCのロゴ | F1 | autosport web
 現地時間2月9日(水)、オラクル・レッドブル・レーシングは2022年シーズンのF1を戦う新マシン『RB18』を発表した。新たなタイトルスポンサーにアメリカのIT企業オラクル・クラウド・インフラストラクチャーを迎えたレッドブルは、2022年もマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの2名を起用してシーズンに挑む。

ウイリアムズF1、2月15日に2022年型マシンをオンラインで発表へ – autosport web

ウイリアムズF1、2月15日に2022年型マシンをオンラインで発表へ. レースを愛してやまないファンの方々へ auto sport Premiumが登場。 詳細を見る.

ウイリアムズF1、2月15日に2022年型マシンをオンラインで発表へ | F1 | autosport web
 ウイリアムズ・レーシングは、2月15日(火)の現地時間13時(日本時間22時)に2022年型マシンを発表することを明らかにした。 大きくパフォーマンスを落とした2018年以降、競争力を取り戻すべく奮闘してきたウイリアムズ。ジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィのペアで2シーズン目を迎えた2021年は、シーズン前半戦...

ラッセル、メルセデスF1ではエンジニアリングにも注力「今後4年間勝てるマシンを確実に手に …

ジョージ・ラッセルは2022年シーズンよりフルタイムでメルセデスからF1に参戦するにあたり、長期的な展望を抱いているという。そして彼は、エンジニアリング …

ラッセル、メルセデスF1ではエンジニアリングにも注力「今後4年間勝てるマシンを確実に手にすることが重要」 | F1 | autosport web
 ジョージ・ラッセルは2022年シーズンよりフルタイムでメルセデスからF1に参戦するにあたり、長期的な展望を抱いているという。そして彼は、エンジニアリングに集中する時間を多くとるつもりだという。 「ウイリアムズで過ごした3年間で、僕はその点で確実に大きく進歩した」とラッセルは語った。

レッドブル・レーシング、F1 2022新マシン「RB18」発表会を2月9日25時から生中継 – Car Watch

F1 2022シーズンは、レギュレーションの大改革に合わせてマシンのデザイン、テクノロジー、ホイールまで、ほぼすべてが新しくなる。このF1新時代に挑む …

レッドブル・レーシング、F1 2022新マシン「RB18」発表会を2月9日25時から生中継
 レッドブル・レーシングは、F1世界選手権 2022シーズンの新マシン「RB18」の発表会を2月9日25時(日本時間)からRed Bull TVで生中継する。

マクラーレンF1のスポーティングディレクターなどを務めたサム・マイケル – autosport web

ウイリアムズのテクニカルディレクターやマクラーレンのスポーティングディレクターを歴任したサム・マイケルがFIA安全委員会の委員長を引き受け、F1の最 …

マクラーレンF1のスポーティングディレクターなどを務めたサム・マイケル、FIA安全委員会の委員長に就任 | F1 | autosport web
 ウイリアムズのテクニカルディレクターやマクラーレンのスポーティングディレクターを歴任したサム・マイケルがFIA安全委員会の委員長を引き受け、F1の最前線に戻ることになった。マイケルはサー・パトリック・ヘッドの後任となるが、これは新FIA会長のモハメド・ビン・スライエムによるF1の上部組織の大幅な再編の一環だ。

【F1新車】2022年も“ホンダ”と共に……レッドブルRB18:フォトギャラリー – Motorsport

F1 ニュース. 【F1新車】2022年も“ホンダ”と共に……レッドブルRB18:フォトギャラリー. レッドブルが2月9日(日本時間2月10日)に発表した2022年 …

【F1新車】2022年も“ホンダ”と共に……レッドブルRB18:フォトギャラリー
レッドブルが2月9日(日本時間2月10日)に発表した2022年マシン『RB18』をフォトギャラリーでお届け。

F1新車”雑感”解説2022「レッドブルRB18」:意外なサイドポンツーン形状。でも実戦バージョン …

2022年はF1のテクニカルレギュレーションが大きく変わったため、そのマシン形状も昨年までとは一変……F1は新時代を迎えたのだ。 発表されたレッドブルRB18も、今 …

F1新車”雑感”解説2022「レッドブルRB18」:意外なサイドポンツーン形状。でも実戦バージョンはまるで別?
レッドブルの2022年用ニューマシンRB18が発表された。公開されたマシンで注目したいのは、サイドポンツーンの形状。レギュレーションが変わったとはいえ、これまでのトレンドとは大きく考え方が違っているようだが、これが実戦バージョンとは限らない。

ハミルトンがメルセデスのファクトリーを訪問。F1ボス「8回目のタイトルを獲るため、彼は必ず …

2021年F1第4戦スペインGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝 … で、今年F1に出場するかどうかの最終決断を下す」 「F1ドライバーたちは、アブダビで …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ウイリアムズ、2022年のF1新車を2月15日に発表へ。全チームの発表日が出揃う(motorsport …

そのシーズンを戦うニューマシンが、2月15日(日本時間22時)にオンラインで発表されることになった。 このニューマシンに乗るのは、同チームでF1での3シーズン …

ウイリアムズ、2022年のF1新車を2月15日に発表へ。全チームの発表日が出揃う(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 ウイリアムズは、2月15日(火)に2022年用のニューマシンを発表することを明らかにした。

2022年 F1マシン:新車発表スケジュール…全チームの発表日が出揃う 【 F1-Gate .com 】

2月4日(金)にハースF1が全チームの先陣を切って新車『VF-22』のカラーリングを披露するために次世代F1マシンのレンダリングを公開。7月のイギリスGPでF1が披露 …

2022年 F1マシン:新車発表スケジュール…全チームの発表日が出揃う
2022年 F1マシン:新車発表スケジュール…全チームの発表日が出揃う2022年のF1世界選手権を戦うF1マシンの発表会がスタートしているが、まだ未定だったウィリアムズF1が新車発表日を告知し、全チームの新車発表日が出揃った。2月4日(金)にハースF1が全チームの先陣を切って新車『VF-22』のカラーリングを披露するた...
タイトルとURLをコピーしました