カリスマ経営者の鈴木修氏が昨年に勇退したけれど…… 今後の「スズキ」は大丈 夫か? – ベストカー

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

カリスマ経営者の鈴木修氏が昨年に勇退したけれど…… 今後の「スズキ」は大丈夫か? – ベストカー

2021年6月、40年以上にわたり社長・会長としてスズキの経営トップを務めた鈴木修氏が会長職を退任しました。日本屈指のカリスマ経営者が去り、スズキは …

カリスマ経営者の鈴木修氏が昨年に勇退したけれど…… 今後の「スズキ」は大丈夫か? - 自動車情報誌「ベストカー」
2021年6月にスズキの経営トップを務めた鈴木修氏が会長職を退任。鈴木修氏によるワンマン経営が知られていたスズキだが、そんなカリスマが経営の第一線から退いた今後のスズキはどうなるのか?

伊スズキが新型「GSX-S1000」GPエディション/ヨシムラSERTモチュールエディションを発売 …

イタリアスズキのSNSなどによれば、ついに発売に至ったようだ。 GPエディションは、2021年シーズンを戦ったMotoGPマシンGSX-RRのブルー×シルバーをモチーフに …

伊スズキが新型「GSX-S1000」GPエディション/ヨシムラSERTモチュールエディションを発売!
イタリアスズキは、MotoGPと世界耐久選手権に参戦するファクトリーマシンの公式カラーにインスパイアされた特別カラーの「GSX-S1000」および「GSX-S950」を2021年11月のEICMAで発表していた。この車両のデリバリーがついに

スズキが新型バイク「GSX-S1000GT」の国内仕様車を発表! スポーツ性能とロングツーリング …

スズキは2022年2月8日、新しい大排気量スポーツツアラーである「GSX-S1000GT」を発表した。すでに2022年モデルとして、ヨーロッパなど世界各国での発売が …

スズキが新型バイク「GSX-S1000GT」の国内仕様車を発表! スポーツ性能とロングツーリング性能を両立(webオートバイ) - Yahoo!ニュース
スズキは2022年2月8日、新しい大排気量スポーツツアラーである「GSX-S1000GT」を発表した。すでに2022年モデルとして、ヨーロッパなど世界各国での発売がスタートしている「GSX-S100

スズキ、安定の国内事業に影さす3つの懸念 – 日本経済新聞

スズキ株がさえない。足元の株価は5000円を切り、2018年に付けた上場来高値に比べ3割強下げた。21年4~12月期の連結営業利益は前年同期比6%増と堅調な業績に …

スズキ、安定の国内事業に影さす3つの懸念
スズキ株がさえない。足元の株価は5000円を切り、2018年に付けた上場来高値に比べ3割強下げた。21年4~12月期の連結営業利益は前年同期比6%増と堅調な業績にもかかわらず、株式市場の評価が伴わない。主力のインド事業市場への懸念に加え、安定的な市場だった日本事業の先行きに、新型車の投入不足と原材料高、電気自動車(EV...

スズキ EV商用車開発へ 軽自動車サイズのEVにつなげる計画 | 電気自動車 | NHKニュース – NHK.JP

【NHK】世界でEV=電気自動車の開発が加速する中、軽自動車が主力のスズキは、今後数年以内に商用車の分野で先行してEVを開発する方…

スズキ EV商用車開発へ 軽自動車サイズのEVにつなげる計画 | NHKニュース
【NHK】世界でEV=電気自動車の開発が加速する中、軽自動車が主力のスズキは、今後数年以内に商用車の分野で先行してEVを開発する方…

好調のスズキ「ワゴンRスマイル」がワゴンRに似ていない理由 – 日経クロストレンド

スズキが2021年9月に発売した、スライドドア搭載の軽ハイトワゴン「ワゴンRスマイル」が好調だ。受注台数は月平均で目標の月販5000台を上回っており、 …

好調のスズキ「ワゴンRスマイル」がワゴンRに似ていない理由
スズキが21年9月に発売した「ワゴンRスマイル」が好調だ。受注台数は月平均で目標の月販5000台を上回っており、ワゴンRシリーズの販売台数を大きく伸長させた。一方で、ワゴンRスマイルは、デザインやサイズがワゴンRとはあまり似ていない。それなのになぜ「ワゴンR」を名乗り、ヒットしたのだろうか。スズキに開発の狙いを聞いた。

【新車】スズキ、2022年モデル「KATANA」発売 新色追加と最新排ガス基準に対応 – Webike Plus

スズキ株式会社は、大型ロードスポーツ「KATANA」をマイナーチェンジして2022年2月25日(金)に発売することを発表した。 特徴的な前衛デザインには変更がない …

【新車】スズキ、2022年モデル「KATANA」発売 新色追加と最新排ガス基準に対応 | Webike Plus
スズキ株式会社は、大型ロードスポーツ「KATANA」をマイナーチェンジして2022年2月25日(金)に発売することを発表した。 特徴的な前衛デザインには変更がないものの、最新排出ガス規制への対応や電子制御システムの新搭載を果たしつつエンジン

スズキ バレーノは日本市場復活なるか? 改良型にヘッドアップディスプレイ採用! | clicccar.com

トヨタ「カローラ セダン」を彷彿させる新LEDデイタイムランニングライト装備 スズキがインド市場など海外に導入しているコンパクト・ …

スズキ バレーノは日本市場復活なるか? 改良型にヘッドアップディスプレイ採用! | clicccar.com
■トヨタ「カローラ セダン」を彷彿させる新LEDデイタイムランニングライト装備 スズキがインド市場など海外に導入しているコンパクト・ハッチバック「バレーノ」改良型のティザーイメージが初公開されました。

【新車】スズキ、GSX-S1000GTを159万5000円で2/17に発売 スポーツツアラーの新型モデル …

スズキ株式会社は、ニューモデルとなる大型スポーツツアラー「GSX-S1000GT」の国内発売を発表した。発売日は2月17日(木)。 GSX-S1000をベースとしつつ、特に …

【新車】スズキ、GSX-S1000GTを159万5000円で2/17に発売 スポーツツアラーの新型モデル | Webike Plus
スズキ株式会社は、ニューモデルとなる大型スポーツツアラー「GSX-S1000GT」の国内発売を発表した。発売日は2月17日(木)。 GSX-S1000をベースとしつつ、特にツーリング性能を際立たせたコンセプトとなっている本モデル。電子制御シ

スズキ スペーシア(2代目/MK53S)の中古車選びで知っておきたい特徴とグレード構成

スズキ スペーシア(2代目/MK53S)ってどんなクルマ. 2017年12月発売モデルのデータ(ハイブリッドX).

スズキ スペーシア(2代目/MK53)の中古車選びで知っておきたい特徴とグレード構成 | 中古車なら【グーネット】
スズキ スペーシア(2代目/MK53)の中古車選びで知っておきたい特徴とグレード構成 グーマガジンは中古車情報など車業界の情報が盛りだくさん!
タイトルとURLをコピーしました