トヨタ「業績絶好調」のウラで、いま「エース社員」たちが続々と逃げ出している …!(現代 …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

トヨタ「業績絶好調」のウラで、いま「エース社員」たちが続々と逃げ出している…!(現代 …

トヨタ自動車社内ではいま「ミドルの崩壊が始まった」と言われている。入社数年の若手ではなく、評価の高い優秀な40代から50代の管理職が、新天地を求めて …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

トヨタ、カナダ工場の操業停止 橋の封鎖で部品届かず – 日本経済新聞

【ニューヨーク=中山修志】カナダのトラック運転手らが米国国境の橋を封鎖したデモ活動で、北米の自動車生産に影響が出ている。トヨタ自動車は10日、 …

トヨタ、カナダ工場の操業停止 橋の封鎖で部品届かず(写真=AP)
【ニューヨーク=中山修志】カナダのトラック運転手らが米国国境の橋を封鎖したデモ活動で、北米の自動車生産に影響が出ている。トヨタ自動車は10日、カナダ・オンタリオ州の完成車工場の操業を停止する。米フォード・モーターなどもカナダでの生産を一時停止した。カナダ政府が決定した新型コロナウイルスワクチン接種の義務化に反対するトラ...

トヨタ新型「ノア」すでに購入者続出! ユーザーから人気のグレードって … – くるまのニュース

トヨタの新型ミニバン「ノア」が発売され、すでにSNSでは購入したという人の声も見られます。ユーザーからはどういった仕様やグレードが選ばれているの …

トヨタ新型「ノア」すでに購入者続出! ユーザーから人気のグレードって? 標準とエアロどっちが好み!? オプションは新機能が人気
トヨタの新型ミニバン「ノア」が発売され、すでにSNSでは購入したという人の声も見られます。ユーザーからはどういった仕様やグレードが選ばれているのでしょうか。

トヨタ、喜べない過去最高益 円安が追い風でも生産計画は下方修正 – 朝日新聞デジタル

トヨタ自動車が9日発表した2021年4~12月期決算(国際会計基準)は、売上高、営業利益、純利益がそれぞれ過去最高の業績だった。世界販売は前年を超え、円安 …

トヨタ、喜べない過去最高益 円安が追い風でも生産計画は下方修正:朝日新聞デジタル
 トヨタ自動車が9日発表した2021年4~12月期決算(国際会計基準)は、売上高、営業利益、純利益がそれぞれ過去最高の業績だった。世界販売は前年を超え、円安が大きな追い風となった。 ただ、足元では、新…

トヨタ新型「ノア」すでに購入者続出! ユーザーから人気のグレードって? 標準とエアロどっちが …

トヨタは新型ミニバン「ノア」を2022年1月13日に発売開始しました。 発売されてから1週間ほどが経過しましたが、SNSでは「さっそくノアを購入してき …

トヨタ新型「ノア」すでに購入者続出! ユーザーから人気のグレードって? 標準とエアロどっちが好み!? オプションは新機能が人気(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 トヨタは新型ミニバン「ノア」を2022年1月13日に発売開始しました。  発売されてから1週間ほどが経過しましたが、SNSでは「さっそくノアを購入してきた」「新型ノアを購入!」など、すでに購入し

トヨタ ヤリスクロス、日本車で唯一の選出…2022ワールドアーバンカー第2次選考 | レスポンス …

日本メーカー車からは唯一、トヨタの『ヤリスクロス』が、第2次選考に残った。 ワールドアーバンカーオブザイヤーは、今回が6度目だ。

トヨタ ヤリスクロス、日本車で唯一の選出…2022ワールドアーバンカー第2次選考 | レスポンス(Response.jp)
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は2月8日、「2022ワールドアーバンカーオブザイヤー」の第2次選考5車種を発表した。

ここにきて、トヨタの「劣化」がはじまった…!「エース社員」退社のウラで起こっていること …

いま、トヨタに異変が起きている。昨年末に突如退社した大橋俊介人事部長を筆頭に、ミドル世代の優秀な管理職の社員たちが続々とトヨタを辞めているという。

ここにきて、トヨタの「劣化」がはじまった…!「エース社員」退社のウラで起こっていること(井上 久男) @moneygendai
いま、トヨタに異変が起きている。昨年末に突如退社した大橋俊介人事部長を筆頭に、ミドル世代の優秀な管理職の社員たちが続々とトヨタを辞めているという。一体何が起こっているのか…? 前編記事『トヨタ「業績絶好調」のウラで、いま「エース社員」たちが続々と逃げ出している…!』に引き続き明かす。

トヨタ「ミライ」から謎のダミーLiDAR、自動運転の過渡期で試行錯誤

LiDAR(レーザーレーダー)の開発が間に合わない――。その窮地を救ったのが、トヨタ自動車「MIRAI(ミライ)」に導入したOTA(Over The Air)によるソフト …

トヨタ「ミライ」から謎のダミーLiDAR、自動運転の過渡期で試行錯誤
 LiDAR(レーザーレーダー)の開発が間に合わない――。その窮地を救ったのが、トヨタ自動車「MIRAI(ミライ)」に導入したOTA(Over The Air)によるソフトウエア更新の仕組みだ。OTA対応の車載電子プラットフォーム(PF)は分解を担当した技術者が“熱海の旅館”と例えるほど複雑だが、統合化に向けた将来への...

中国「カーボンゼロ」でトヨタHEVが注目される訳 | 電動化 – 東洋経済オンライン

トヨタ自動車の中国合弁企業である広汽トヨタは、2022年1月、高級SUV「ヴェンザ(威颯)」を発売した。この車は、中国の中間所得層・富裕層をターゲット …

中国「カーボンゼロ」でトヨタHEVが注目される訳 | 電動化
トヨタ自動車の中国合弁企業である広汽トヨタは、2022年1月、高級SUV「ヴェンザ(威颯)」を発売した。この車は、中国の中間所得層・富裕層をターゲットとしており、価格は21.68万~30.38万元(約395万~550万円)…

EV電池が崩す車の論理 中国大手「トヨタとは距離」 – 日本経済新聞

トヨタ自動車が約3800億円を投じ、2025年にまず米国で立ち上げる自動車向け電池工場。トヨタは20年4月にも51%を出資し、パナソニックと電池会社を設立してい …

EV電池が崩す車の論理 中国大手「トヨタとは距離」
トヨタ自動車が約3800億円を投じ、2025年にまず米国で立ち上げる自動車向け電池工場。トヨタは20年4月にも51%を出資し、パナソニックと電池会社を設立していたが、新工場の提携先に選んだのはパナソニックではなく、グループの豊田通商だった。「会社立ち上げで手間取ったのが原因」と話す関係者もいるが、「トヨタの戦略でしょう...
タイトルとURLをコピーしました