「2022年のZは速い」スーパーGT鈴鹿テストで垣間見えたGT500史上最大の"激戦" 勢力図 …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

「2022年のZは速い」スーパーGT鈴鹿テストで垣間見えたGT500史上最大の"激戦"勢力図 …

2022 スーパーGTGT500SUPER GTトヨタGRスープラニッサンZ GT500ホンダNSX-GT鈴鹿 … スーパーGT | ホンダ&ニッサンで注視すべきはあのチーム。19号車 …

「2022年のZは速い」スーパーGT鈴鹿テストで垣間見えたGT500史上最大の"激戦"勢力図 | スーパーGT | autosport web
 スーパーGT GT500クラスを戦う3メーカー/3車種が2022年になって初めて同日に、同条件で相まみえるオフシーズンテストが1月25〜26日に鈴鹿サーキットで行われた。 「どのクルマが速いのか、いまの時期には判断できない」 「テストメニューはメーカーやチームごとに違うので何とも言えない」

岡山でホンダ、トヨタの10台が参加しメーカーテストがスタート。晴天の下で充実の初日に …

ホンダ&ニッサンで注視すべきはあのチーム。19号車には新たなエンジニアが加入【坂東マサの『俺に書かせろ!』/第11回】 · P会員 スーパーGT 2022/02/08.

岡山でホンダ、トヨタの10台が参加しメーカーテストがスタート。晴天の下で充実の初日に | スーパーGT | autosport web
 2月9日、岡山国際サーキットで、ホンダ主催のスーパーGTメーカーテストがスタートした。2月6日に鈴鹿サーキットで行われたホンダレーシングサンクスデーでお披露目されたタイプSのフェイスをもつホンダNSX-GTが5台全車、ブリヂストンを履くトヨタGRスープラが5台と、合計10台のGT500車両が走行を開始した。

「2022年のZは速い」スーパーGT鈴鹿テストで垣間見えたGT500史上最大の“激戦”勢力図(2022 …

ニッサンGTチームの松村基宏総監督は、以前に本誌のインタビューで「GT-Rで得ていたダウンフォース量をできる限り保ったまま、どこまで空力効率をよくできるか( …

「2022年のZは速い」スーパーGT鈴鹿テストで垣間見えたGT500史上最大の“激戦”勢力図(2022年2月10日)|BIGLOBEニュース
スーパーGTGT500クラスを戦う3メーカー/3車種が2022年になって初めて同日に、同条件で相まみえるオフシーズンテストが1月25〜26日に鈴鹿サーキットで行われた。「どの…|BIGLOBEニュース

eKスペース/ルークス、エアバッグ不具合の既販売車8万6000台をリコール

日産自動車、販売の質向上で最終益2013億円を確保 2021年4-12月期決算 2022年2月8日 · 【日産 e-POWER 4WD 試乗】”技術のニッサン”は、復活したと言った …

eKスペース/ルークス、エアバッグ不具合の既販売車8万6000台をリコール | レスポンス(Response.jp)
三菱自動車は2月10日、軽乗用車『eKスペース』と日産『ルークス』のエアバッグに不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。対象となるのは2020年12月11日~2021年12月1日に製造された8万6282台。
タイトルとURLをコピーしました