シルバーストンでアストンマーティンF1が『AMR22』をシェイクダウン。ストロール& ベッテルが …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

シルバーストンでアストンマーティンF1が『AMR22』をシェイクダウン。ストロール&ベッテルが …

現地時間2月11日(金)、アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チームは、シルバーストン・サーキットで2022年型マシン『AMR22』 …

シルバーストンでアストンマーティンF1が『AMR22』をシェイクダウン。ストロール&ベッテルが走行 | F1 | autosport web
 現地時間2月11日(金)、アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チームは、シルバーストン・サーキットで2022年型マシン『AMR22』のシェイクダウンを行った。 アストンマーティンは10日(木)にAMR22を初公開。その前日にレッドブルが新車『RB18』をモックアップに近い形で発表したのとは反...

グラウンドエフェクトを軸にする新型マシンは「ゴーカートを走らせるような感覚になる」と …

アストンマーティンのチーフテクニカルオフィサーを務めるアンディ・グリーンによると、F1の新世代のマシン構成は非常に固くて地面に近いため、ドライバーは …

グラウンドエフェクトを軸にする新型マシンは「ゴーカートを走らせるような感覚になる」とアストンマーティンF1 | F1 | autosport web
 アストンマーティンのチーフテクニカルオフィサーを務めるアンディ・グリーンによると、F1の新世代のマシン構成は非常に固くて地面に近いため、ドライバーはゴーカートに乗っているような感触を味わうだろうと述べている。

【動画】ラッセル、メルセデスの本拠地に初訪問「ファクトリーを見学して目からウロコ」 | F1 …

ジョージ・ラッセルは2022年、F1デビュー以来3年間在籍したウイリアムズを離れ、メルセデスでの初めてのシーズンを迎える。初めてメルセデスのファクトリー …

【動画】ラッセル、メルセデスの本拠地に初訪問「ファクトリーを見学して目からウロコ」 | F1 | autosport web
 ジョージ・ラッセルは2022年、F1デビュー以来3年間在籍したウイリアムズを離れ、メルセデスでの初めてのシーズンを迎える。初めてメルセデスのファクトリーを訪問した彼は、F1マシンの製造風景を見学し、「目からウロコが落ちる」ような経験ができたと語った。 ラッセルはスウェットシャツにレザージャケットというラフな出で立ちで...

F1日本GP決勝スタートは14時! 2022年シーズンのセッション開始時刻が公開。スプリント予選 …

2022年シーズンのF1は、プレシーズンテスト終了後の3月18日からのバーレーンGPに始まり、11月20日決勝のアブダビGPで閉幕。F1史上最多となる全23レースを …

F1日本GP決勝スタートは14時! 2022年シーズンのセッション開始時刻が公開。スプリント予選レースは依然未定(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 2022年シーズンのF1は、プレシーズンテスト終了後の3月18日からのバーレーンGPに始まり、11月20日決勝のアブダビGPで閉幕。F1史上最多となる全23レースを開催する予定となっている。

2022年のF1世界選手権:全レースのセッション開始時刻を発表 – F1-Gate.com

2022年のF1世界選手権は、記録的な23戦が組まれ、3月20日にF1バーレーンGPで開幕し、11月20日にF1アブダビGPで閉幕する。だが、レース週末は4日から3日に短縮 …

2022年のF1世界選手権:全レースのセッション開始時刻を発表
F1は、2022年のF1世界選手権の各ラウンドのセッション開始時間を発表。すべてのセッションは現地時間の午後からスタートすることになる。2022年のF1世界選手権は、記録的な23戦が組まれ、3月20日にF1バーレーンGPで開幕し、11月20日にF1アブダビGPで閉幕する。だが、レース週末は4日から3日に短縮され、F1の...

毎年恒例! アストンマーチンF1のベッテル、新車AMR22の“あだ名”を考え始める。今年はどんな …

セバスチャン・ベッテルは、2008年にトロ・ロッソ(現アルファタウリ)でF1フル参戦を開始して以来、レッドブル、フェラーリ、アストンマーチンとチームを …

毎年恒例! アストンマーチンF1のベッテル、新車AMR22の“あだ名”を考え始める。今年はどんな名前に?
セバスチャンは、先日発表されたアストンマーチンの『AMR22』の“あだ名”の選定を開始。最終決定はメカニックと共にシーズン開始直前に行なうとのこと。

マクラーレンF1、2022年は”激しい開発競争”を覚悟「目標はトップチームとの差を縮めること …

【F1新車】鮮やか水色でより爽やかなイメージに! マクラーレンMCL36:フォトギャラリー 2022年用ニューマシンMCL36を発表したマクラーレン。

マクラーレンF1、2022年は”激しい開発競争”を覚悟「目標はトップチームとの差を縮めること」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 マクラーレンのテクニカルディレクターであるジェームス・キーは、新レギュレーションが導入された2022年は、シーズンを通じて激しい開発競争になるだろうと語った。

アルファタウリF1、2022年新車「AT03」を初チラ見せ…イタリア国籍のトリコロール | F1 …

スクーデリア・アルファタウリの2022年型F1マシン「AT03」には、グリーン、ホワイト、レッドのイタリア国旗トリコロールカラーが採用される。

アルファタウリF1、2022年新車「AT03」を初チラ見せ…イタリア国籍のトリコロール | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
スクーデリア・アルファタウリの2022年型F1マシン「AT03」には、グリーン、ホワイト、レッドのイタリア国旗トリコロールカラーが採用される。

F1決勝前セレモニーの終了は突然だった? 反差別推進してきたベッテル「ちょっと驚かされた …

F1は最近、2022年シーズンから決勝レース前に行なうWe Race as Oneのセレモニーを中止することを明らかにしたが、アストンマーチンF1のセバスチャン・ …

F1決勝前セレモニーの終了は突然だった? 反差別推進してきたベッテル「ちょっと驚かされた」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 F1は最近、2022年シーズンから決勝レース前に行なうWe Race as Oneのセレモニーを中止することを明らかにしたが、アストンマーチンF1のセバスチャン・ベッテルはこうした決定に驚かされた

アストンマーティンF1 「将来的な独自F1エンジン構築のメリットを調査」 【 F1-Gate .com 】

アストンマーティンは、新しいF1エンジン規則とアラムコとのパートナーシップにより、将来的に独自のF1パワーユニットを構築することのメリットを“調査”して …

アストンマーティンF1 「将来的な独自F1エンジン構築のメリットを調査」
アストンマーティンは、新しいF1エンジン規則とアラムコとのパートナーシップにより、将来的に独自のF1パワーユニットを構築することのメリットを“調査”していくと語る。現在のF1エンジンのサイクルは2025年末まで延長され、新しいF1エンジン形式は2026年からスタートすることが計画されている。現在の1.6リッター V6タ...
タイトルとURLをコピーしました