トヨタ最強SUV「セコイア」最新仕様ついに米で世界初公開!! 驚異の437馬力HVユニッ ト搭載

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

トヨタ最強SUV「セコイア」最新仕様ついに米で世界初公開!! 驚異の437馬力HVユニット搭載

以下、新型セコイアの情報をお届けします。 文/ベストカーWeb編集部写真/TOYOTA. 【画像ギャラリー】トヨタ最強フルサイズSUV「セコイア」の最新仕様を画像 …

トヨタ最強SUV「セコイア」最新仕様ついに米で世界初公開!! 驚異の437馬力HVユニット搭載 - 自動車情報誌「ベストカー」
2022年2月21日までの日程で開催されている米シカゴオートショーにて、トヨタ最大最強SUV「セコイア」(2023仕様)が出品。先日デビューして世界中で大人気となっている新型ランドクルーザーよりさらに大きく、パワフルなSUV「新型セコイア」の情報をお届けする。

トヨタ社長「腹心10人体制」の誤算、“豊田本家”至上主義が招くガバナンス不全

血は水よりも濃し──。トヨタ自動車が創業家である豊田家本家による支配力を急速に高めている。あえて“トヨタムラ”のフィロソフィーや流儀を貫くことで社員 …

トヨタ社長「腹心10人体制」の誤算、“豊田本家”至上主義が招くガバナンス不全
血は水よりも濃し──。トヨタ自動車が創業家である豊田家本家による支配力を急速に高めている。あえて“トヨタムラ”のフィロソフィーや流儀を貫くことで社員の求心力を維持し、表層的なグローバル経営とは一線を画しているようにも映る。だが近年、豊田章男社長による独裁の弊害が「現場のひずみ」となって噴き出すようになってきた。電動化・...

【決算一覧】トヨタ・ホンダは?…追い風と逆風が吹く自動車業界、メーカー7社通期予測の全容 …

トヨタは資材の高騰が通期で営業利益を6300億円下げると見込み、「過去に例がないレベル」(同社担当者)と身構える。 日刊工業新聞2022年2月11日 …

【決算一覧】トヨタ・ホンダは?…追い風と逆風が吹く自動車業界、メーカー7社通期予測の全容|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、【決算一覧】トヨタ・ホンダは?…追い風と逆風が吹く自動車業界、メーカー7社通期予測の全容のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

実車展示! GRパーツ装着、トヨタ ヴォクシー のイメージ一変…大阪オートメッセ2022 …

新型トヨタ『ヴォクシー』をスポーティに彩るオプションとして用意されるGRパーツのアイテム装着車が大阪オートメッセ2022でお披露目された。

実車展示! GRパーツ装着、トヨタ ヴォクシー のイメージ一変…大阪オートメッセ2022 | レスポンス(Response.jp)
新型ヴォクシーをスポーティに彩るオプションとして用意されるGRパーツのアイテム装着車が大阪オートメッセでお披露目された。個性的なデザインのエアロやホイールなどを導入すればストックの持つイメージを個性的にカスタマイズすることが可能だ。

トヨタ アルファード&ヴェルファイアが一部改良を予定、特別仕様車を追加 – MOBY

トヨタの最上級ミニバン「アルファード」とその兄弟車である「ヴェルファイア」の一部改良に関する情報を、トヨタディーラーへの取材によって入手しました。

トヨタ アルファード&ヴェルファイアが一部改良を予定、特別仕様車を追加 | MOBY [モビー]
トヨタの最上級ミニバン「アルファード」とその兄弟車である「ヴェルファイア」の一部改良に関する情報を、トヨタディーラーへの取材によって入手しました。基本的には法規対応のための改良となるようですが、一部グレードに変更が施されるようです。今回判明した一部改良による変更点をお伝えします。

死守したトヨタ“鉄の掟”、燃料電池コスト1/3 次の一手は熱マネか

2代目となったトヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」。燃料電池(FC)システムを刷新し、「コスト半減」という至上命題を達成した。

死守したトヨタ“鉄の掟”、燃料電池コスト1/3 次の一手は熱マネか
 2代目となったトヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」。燃料電池(FC)システムを刷新し、「コスト半減」という至上命題を達成した。今後は、「bZ4X」など次世代の電気自動車(EV)との連動が重要になりそうだ。

活況の国産ビンテージ、旧車とカスタムの親和性 | トレンド – 東洋経済オンライン

とくに今回のイベントでは、日産自動車(以下、日産)の「スカイライン」や「フェアレディZ」、トヨタの「2000GT」や「セリカ」といった車種に、オリジナル …

活況の国産ビンテージ、旧車とカスタムの親和性 | トレンド
国産スポーツモデルのビンテージカーが人気だ。とくに1960年代後半から1970年代に生産された車両は、以前から中古車市場でかなり高価だったが、世界的に需要が伸びたことで、より価格は高騰。また最近は、1980年代…

純正をさり気なくブラッシュアップ!【トヨタ・ヤリスクロス】少数精鋭アイテムはフロント …

【ベリーヴァリアント・トヨタ/ヤリスクロス】. コンパクトSUVとして大ヒットしているヤリスクロス。エアロなど、カスタムパーツもゆっくりとだが増えつつ …

純正をさり気なくブラッシュアップ!【トヨタ・ヤリスクロス】少数精鋭アイテムはフロント&ルーフスポイラー_ベリーヴァリアント
愛車を理想的なカスタムへと導くのに役立つボディキット。その荘厳な佇まいや美麗な雰囲気はアフターパーツメーカーが作り出すデモカーが随一。そんな各社渾身の車両たちをお届け。今やカスタムシーンの主役であるSUVといった人気車両は、確実にこれからのカスタムに対して役立つ情報のはず。しっかりと見逃さないようにしてみてほしいのだ!

トヨタ「エース社員」退社続出は、“改革者”の豊田社長についていけないからなのか? – SAKISIRU

トヨタ「エース社員」退社続出は、“改革者”の豊田社長についていけないからなのか? / トヨタ自動車が2月9日に発表した2021年4~12月期決算の純利益は前年 …

トヨタ「エース社員」退社続出は、“改革者”の豊田社長についていけないからなのか?
トヨタ自動車が2月9日に発表した2021年4~12月期決算の純利益は前年同期比58%増の2兆3162億円となり、同期間としての過去最高益を更新した。半導体不足による減産や原材料コストの影響はあるものの、それを上回る円安効

トヨタの電気SUVから電動版ハマーまで、2022年に注目の電気自動車18モデル(1/6ページ)

トヨタ自動車の電気SUVから電動版ハマー、フォードの電動ピックアップトラックまで、18モデルを紹介する。 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に …

トヨタの電気SUVから電動版ハマーまで、2022年に注目の電気自動車18モデル
大手からスタートアップまで、2022年は多くの自動車メーカーが電気自動車(EV)の投入を本格化させる。いま注目すべきは、いったいどの製品なのか? トヨタ自動車…
タイトルとURLをコピーしました