【津川哲夫F1新車私的解説】細かなエアロの配慮とルックスに好感。アルファタウ リ独自開発の …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

【津川哲夫F1新車私的解説】細かなエアロの配慮とルックスに好感。アルファタウリ独自開発の …

バレンタインデーの2月14日、イタリアからプレゼントが届いた。2022年シーズンに挑むスクーデリア・アルファタウリの新車『AT03』の発表がそれだ。 F1技術 …

【津川哲夫F1新車私的解説】細かなエアロの配慮とルックスに好感。アルファタウリ独自開発の新車AT03 | F1 | autosport web
 バレンタインデーの2月14日、イタリアからプレゼントが届いた。2022年シーズンに挑むスクーデリア・アルファタウリの新車『AT03』の発表がそれだ。 F1技術レギュレーションの大幅な変更に伴い、アルファタウリの新車『AT03』は、2020年、2021年と続いた同型車の改造型ではなく、まったく新しいマシンであることは言...

【ギャラリー】アルファタウリF1 2022年型マシン『AT03』 | F1 | autosport web

2月14日に公開されたスクーデリア・アルファタウリの2022年型F1マシン『AT03』をギャラリー形式でお届け。ピエール・ガスリーと角田裕毅を継続起用する …

【ギャラリー】アルファタウリF1 2022年型マシン『AT03』 | F1 | autosport web
 2月14日に公開されたスクーデリア・アルファタウリの2022年型F1マシン『AT03』をギャラリー形式でお届け。ピエール・ガスリーと角田裕毅を継続起用するアルファタウリの新車AT03は、ホワイト/ダークネイビーのカラーリングを継続し激戦の中段グループを戦う。マシンとともに両ドライバーやヘルメットの写真も公開されている...

悪天候のスパを教訓に、F1得点システムが変更へ。実質レースなしのグランプリではポイントを …

FIAとF1は、悪天候に見舞われた2021年F1ベルギーGPでのポイント付与について批判されたことを受け、新たなポイントシステムを導入することを発表した。

悪天候のスパを教訓に、F1得点システムが変更へ。実質レースなしのグランプリではポイントを付与せず | F1 | autosport web
 FIAとF1は、悪天候に見舞われた2021年F1ベルギーGPでのポイント付与について批判されたことを受け、新たなポイントシステムを導入することを発表した。 ベルギーGP決勝は雨のためにディレイの判断が繰り返された後、セーフティカー先導のもとでフォーメイションラップが行われたが、結局赤旗中断となった。長時間の待機時間を...

【F1新車】アルファタウリ『AT03』発表! 角田裕毅、勝負の2年目を戦う愛機

アルファタウリは、2022年シーズンのF1を戦うニューマシン『AT03』を2月14日に発表した。

【F1新車】アルファタウリ『AT03』発表! 角田裕毅、勝負の2年目を戦う愛機
アルファタウリは、2022年シーズンのF1を戦うニューマシン『AT03』を2月14日に発表した。

F1新車”雑感”解説2022「アルファタウリAT03」:またまた異なるサイドポンツーンの処理。今季の …

F1デビュー2年目となる角田裕毅と、ピエール・ガスリーのふたりがドライブするマシン。どんなパフォーマンスを見せるのか、大いに注目が集まる。

F1新車”雑感”解説2022「アルファタウリAT03」:またまた異なるサイドポンツーンの処理。今季のトレンドは未だ見えず
角田裕毅が乗るアルファタウリの新車AT03が発表された。そのサイドポンツーンを見ると、これまで発表されたマクラーレン、アストンマーチン、レッドブルのどれとも異なる考え方でデザインされたように見える。

ルイス・ハミルトンの2022年F1シーズン参戦が確定(TopNews) – Yahoo!ニュース

F1引退の噂がささやかれていたルイス・ハミルトン(メルセデス)だが、2022年も現役生活を継続することが確実となった。 通算8回目となるF1ドライバーズ …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

【F1新車】アルファタウリ、2022年新F1カー『AT03』発表!角田裕毅は2年目のF1参戦へ …

2022年2月14日の日本時間20時、スクーデリア・アルファタウリは新レギュレーションに合致させたF1カー『AT03』を発表した。 ドライバーラインナップは、昨年 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

レッドブルF1代表 「RB18は全レース週末で進化するプロトタイプカー」 【 F1-Gate .com 】

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、まったく新しい技術規則をベースに構築された2022年F1マシン『RB18』は毎週末のレースで進化 …

レッドブルF1代表 「RB18は全レース週末で進化するプロトタイプカー」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、まったく新しい技術規則をベースに構築された2022年F1マシン『RB18』は毎週末のレースで進化する「プロトタイプ」だと表現。「同じ構成で2回走ることは決してない」と語った。今シーズン、F1はグラウンドエフェクト効果の空力に基づいた従来のマシン上面の気流からダ...

スパでの雨の茶番劇を経て短縮レースに関するポイント配分ルールを変更

F1はスパ・フランコルシャンで開催された2021年F1ベルギーGPでのファンからの批判を受け、短縮レースの際のポイント配分を定めたレギュレーションを変更 …

F1、スパでの雨の茶番劇を経て短縮レースに関するポイント配分ルールを変更 | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
F1はスパ・フランコルシャンで開催された2021年F1ベルギーGPでのファンからの批判を受け、短縮レースの際のポイント配分を定めたレギュレーションを変更する。

F1:ホンダ製レッドブル・パワートレインズのエンジン名称は『RBPTH001』 【 F1-Gate .com 】

2022年のF1世界選手権でレッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウリが搭載するF1パワーユニットの名称は『RBPTH001』となった。

F1:ホンダ製レッドブル・パワートレインズのエンジン名称は『RBPTH001』
2022年のF1世界選手権でレッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウリが搭載するF1パワーユニットの名称は『RBPTH001』となった。ホンダが2021年末でF1から撤退し、レッドブルは独自のF1エンジン部門であるレッドブル・パワートレインズを設立。2022年のF1エントリーリストのレッドブル・レーシング...
タイトルとURLをコピーしました