外観だけじゃナイ! マツダ CX-5 大幅改良でさらに進化!! – 自動車情報誌「ベストカ ー」

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

外観だけじゃナイ! マツダ CX-5 大幅改良でさらに進化!! – 自動車情報誌「ベストカー」

マツダの人気SUV、CX-5が、フルモデルチェンジから5年、2020年12月の商品改良から1年を経て大幅進化!! 新機能、オフロードモード付「Mi-Drive」を手に入れ …

外観だけじゃナイ! マツダ CX-5 大幅改良でさらに進化!! - 自動車情報誌「ベストカー」
マツダの人気SUV、CX-5が、前回のフルモデルチェンジから5年を経て大幅進化!! 新機能、オフロードモード付「Mi-Drive」を手に入れたField Journeyが超魅力的な新型CX-5に試乗した!! #マツダ #CX-5

ラリーアート復活で沸くいま! そういえばマツダスピードとスズキスポーツってどこいった …

しかし、ブランド名はまだ生きていて、ロードスターパーティーレースの公認ロールバーはマツダスピードのもの。バケットシートやエアロパーツなどのパーツや …

ラリーアート復活で沸くいま! そういえばマツダスピードとスズキスポーツってどこいった?(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 パリ・ダカールラリーやWRCなどで、三菱車のワークスチームとして活動していたラリーアート。2010年を境に活動停止が続いていたが、昨年からブランドが復活。東京オートサロン2022には、コンセプトカ

マツダ「ロードスター990S」はなぜ売れる?「1トン切りの車体による走りの … – Yahoo!ニュース

そんななかマツダは、ロードスター990Sを世に送り出した。“990”という数字は、もちろん990kgという車重を示したもの。クルマの進化に逆行するかのような1 …

マツダ「ロードスター990S」はなぜ売れる?「1トン切りの車体による走りの楽しさ」は唯一無二(VAGUE) - Yahoo!ニュース
 現行のND型「ロードスター」がデビューしたのは2015年5月のこと。まもなく7年が経とうとするにもかかわらず、2022年1月の販売台数は5年ぶりに1000台の大台を超えた。日常のアシには不便な2シ

主力車「マツダ3」の新モデル投入 – NNA ASIA・タイ・自動車・二輪車

マツダセールス(タイランド)は14日、主力車「マツダ3」の新モデルの市場投入を発表した。 「魂動デザイン」や、革新的な燃焼制御技術「SPCCI(火花 …

マツダ、主力車「マツダ3」の新モデル投入 タイ・自動車・二輪車
マツダセールス(タイランド)は14日、主力車「マツダ3」の新モデルの市場投入を発表した。 排気量2000ccの「スカイアクティブ」ガソリンエンジンによる、全てのモデルで高められた安全で快適な走行性能が特徴…

マツダに入社した時からのあこがれ。定年間近に見つけた1台目は「草むらの … – マイナビニュース

1966年式 マツダ ファミリア クーペ Vol.3】【2】から続く 取材車両のオーナーは、マツダで車両開発に長年携わってきた方。2009年に定年を迎えたが、その後 …

マツダに入社した時からのあこがれ。定年間近に見つけた1台目は「草むらのヒーロー」状態|1966年式 マツダ ファミリア クーペ
【1966年式 マツダ ファミリア クーペ Vol.3】【2】から続く 取材車両のオーナーは、マツダで車両開発に長年携わってきた方。2009年に定年を迎えたが、その後も嘱託社員として会社に残り、後進の指導に当たっている。「ファミリアクーペは・・・

マツダ車バンパー再生しスーツケースに 3年かけ開発 – 日本経済新聞

創業82年の老舗バッグメーカーのエース(東京・渋谷)が、サステナブルスーツケース「プロテカ マックスパスRI」を2022年3月中旬から販売する。

マツダ車バンパー再生しスーツケースに 3年かけ開発
創業82年の老舗バッグメーカーのエース(東京・渋谷)が、サステナブルスーツケース「プロテカ マックスパスRI」を2022年3月中旬から販売する。エースのスーツケースブランド「プロテカ」の新作で、マツダの使用済み自動車から出たバンパーを再利用した業界初のスーツケースだ。旅行カバンと自動車メーカーという、一見まるで接点がな...

ラリーアート復活で沸くいま! そういえばマツダスピードとスズキスポーツっ … – Auto Messe Web

マツダファンとしては、パーツ類のブランドだけでもマツダスピードの名前が残るのはうれしいことだが、できればモータースポーツにもチームとして、組織 …

ラリーアート復活で沸くいま! そういえばマツダスピードとスズキスポーツってどこいった? | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~AUTO MESSE WEB
自動車メーカー直系で、モータースポーツ参戦やカスタマイズアイテム開発を担当するワークスブランド。最近では三菱自動車のラリーアートが復活し話題となった。そのほかにも最近聞かないワークスブランドがある。今はどうなっているのだろうか? 解説していく。

インタビュー〉マツダ 廣瀬一郎専務執行役員(研究開発・コスト革新統括 – 日刊自動車新聞

カーボンニュートラルの実現に向けて、各国・地域の事情に合わせてさまざまな電動車を投入するマルチソリューション戦略を推進するマツダ。

〈インタビュー〉マツダ 廣瀬一郎専務執行役員(研究開発・コスト革新統括)|自動車メーカー|紙面記事
カーボンニュートラルの実現に向けて、各国・地域の事情に合わせてさまざまな電動車を投入するマルチソリューション戦略を推進するマツダ。高効率に多様なパワートレインを展開するための手法や取り組みなどについ…

マツダに入社した時からのあこがれ。定年間近に見つけた1台目は「草むらのヒーロー … – エキサイト

1966年式マツダファミリアクーペVol.3】【2】から続く取材車両のオーナーは、マツダで車両開発に長年携わってきた方。2009年に定年を迎えたが、その後も嘱託 …

マツダに入社した時からのあこがれ。定年間近に見つけた1台目は「草むらのヒーロー」状態|1966年式 マツダ ファミリア クーペ (2022年2月14日) - エキサイトニュース
【1966年式マツダファミリアクーペVol.3】【2】から続く取材車両のオーナーは、マツダで車両開発に長年携わってきた方。2009年に定年を迎えたが、その後も嘱託社員として会社に残り、後進の指導に当た...

マツダ「ロードスター990S」はなぜ売れる?「1トン切りの車体による走りの … – au Webポータル

2021年12月の商品改良を機に投入されたマツダ「ロードスター」の特別仕様車「ロードスター990S」。デビュー以来、ソフトトップ仕様の販売台数に占めるシェア …

指定されたページは存在しません|au Webポータル
タイトルとURLをコピーしました