アルファロメオF1、2022年型『C42』のシェイクダウンを完了。ボッタスが特別カラー のマシンで …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

アルファロメオF1、2022年型『C42』のシェイクダウンを完了。ボッタスが特別カラーのマシンで …

アルファロメオF1チーム・オーレンは、2月15日、2022年型F1マシン『C42』のシェイクダウンを無事に完了したことを発表した。 チームは2022年発表会を第1回 …

アルファロメオF1、2022年型『C42』のシェイクダウンを完了。ボッタスが特別カラーのマシンで走行 | F1 | autosport web
 アルファロメオF1チーム・オーレンは、2月15日、2022年型F1マシン『C42』のシェイクダウンを無事に完了したことを発表した。 チームは2022年発表会を第1回プレシーズンテスト後の2月27日に予定しているが、ニューマシンの準備は順調に進んでいるようで、15日、フェラーリのテストコースであるフィオラノで、コース初...

注目されるフェラーリF1の新型パワーユニット。革新的なスプリットターボ方式採用の噂も | F1 …

auto sport Premiumが登場。 詳細を見る. 翻訳・まとめ 柴田久仁夫 Kunio Shibata. F1 | 注目 …

注目されるフェラーリF1の新型パワーユニット。革新的なスプリットターボ方式採用の噂も | F1 | autosport web
 2020年のエンジン開発で致命的な失敗を犯したフェラーリだが、去年は特にERS(エネルギー回収システム)で前進を遂げた。では現在「674」のコードネームで開発中のフェラーリ製最新パワーユニットは、どのようなものだろう。

ウイリアムズF1が新車『FW44』をアンベイル。マシン全体をブルーに一新、予告通り"新色"を追加 …

2月15日(火)、ウイリアムズ・レーシングは2022年型新マシン『FW44』を発表した。ウイリアムズは今季、ニコラス・ラティフィとアレクサンダー・アルボンの2 …

ウイリアムズF1が新車『FW44』をアンベイル。マシン全体をブルーに一新、予告通り"新色"を追加 | F1 | autosport web
 2月15日(火)、ウイリアムズ・レーシングは2022年型新マシン『FW44』を発表した。ウイリアムズは今季、ニコラス・ラティフィとアレクサンダー・アルボンの2名を起用する。 2021年はラティフィとジョージ・ラッセルのペアでシーズンを戦ったウイリアムズ。ラッセルは前年以上に予選でQ2に進む回数を増やし、第9戦オースト...

【F1新車】今年のブルーは黄金期を感じさせる? ウイリアムズFW44:フォトギャラリー

【F1新車】今年のブルーは黄金期を感じさせる? ウイリアムズFW44:フォトギャラリー. ウイリアムズが2月15日に発表した2022年マシン、『』をフォト …

【F1新車】今年のブルーは黄金期を感じさせる? ウイリアムズFW44:フォトギャラリー
ウイリアムズが2月15日に発表した2022年マシン、『FW44』をフォトギャラリーでお届け。

2022年F1サイドポンツーンのタイプを比較……空気を合流させるか、それとも分割するのか?

続々と発表される2022年のF1新車。もっとも大きな違いを生んでいるのは、サイドポンツーンの処理であり、7台それぞれが独自のデザインを採用しているよう …

2022年F1サイドポンツーンのタイプを比較……空気を合流させるか、それとも分割するのか?
続々と発表される2022年のF1新車。もっとも大きな違いを生んでいるのは、サイドポンツーンの処理であり、7台それぞれが独自のデザインを採用しているようだ。

【F1新車発表】ウイリアムズ、新車『FW44』を発表! 新レギュレーションを追い風に名門復活を …

ウイリアムズは、2月15日(火)に2022年のF1を戦う新車『FW44』のカラーリングを発表した。

【F1新車発表】ウイリアムズ、新車『FW44』を発表! 新レギュレーションを追い風に名門復活を目指す(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 ウイリアムズは、2月15日(火)に2022年のF1を戦う新車『FW44』のカラーリングを発表した。

【F1新車】発表前の”サプライズ”コースデビュー! アルファロメオC42:フォトギャラリー

アルファロメオは、2022年シーズンのF1を戦うニューマシン『C42』のシェイクダウンをフィオラノで実施した。その模様をギャラリーでお届け。

【F1新車】発表前の”サプライズ”コースデビュー! アルファロメオC42:フォトギャラリー
アルファロメオは、2022年シーズンのF1を戦うニューマシン『C42』のシェイクダウンをフィオラノで実施した。その模様をギャラリーでお届け。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンとペレスのコンビはさらに強力になる」 【 F1-Gate .com 】

しかし、シーズン終盤になるにつれてセルジオ・ペレスは力強い走りを見せ、特に最終戦F1アブダビGPでは、マックス・フェルスタッペンのタイトル獲得を助ける上で …

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンとペレスのコンビはさらに強力になる」
レッドブルチームのボス、クリスチャンホーナーは、マックスフェルスタッペンとセルジオペレスのドライバーペアリングが2022年にはさらに強力になると確信している。マックス・フェルスタッペンは2021年に10勝を挙げて2021年のF1ワールドチャンピオンを獲得したが、セルジオ・ペレスはシーズン序盤は場所いよって不安定だった。

ウィリアムズF1 FW44:2022年F1マシン 画像ギャラリー

ウィリアムズF1は2月15日(火)にオンラインで『FW44』の発表会を開催。2022年のドライバーを務めるニコラス・ラティフィとアレクサンダー・アルボン、チーム …

ウィリアムズF1 FW44:2022年F1マシン 画像ギャラリー
ウィリアムズF1は、2022年F1マシン『FW44』の画像ギャラリー。ウィリアムズF1は2月15日(火)にオンラインで『FW44』の発表会を開催。2022年のドライバーを務めるニコラス・ラティフィとアレクサンダー・アルボン、チーム代表のヨースト・カピトが出席して新車を披露した。

レッドブルF1首脳 「ホンダからの2022年F1エンジンのフィードバックは有望」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2022年のF1パワーユニットの開発についてホンダから“有望なフィードバック”を …

レッドブルF1首脳 「ホンダからの2022年F1エンジンのフィードバックは有望」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2022年のF1パワーユニットの開発についてホンダから“有望なフィードバック”を受け取っていると語る。ホンダは2021年末で正式にF1を撤退したが、レッドブルとの間で新たな協力関係が確立され、レッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウ...

鈴鹿サーキット Suzuka Circuit on Twitter: "2022年F1日本グランプリまで、あと「33週」。 完成 …

2022年F1日本グランプリまで、あと「33週」。 完成したばかりのPVをどうぞ。 3年ぶりだと、様々な疑問や不安があると思います。 全部払拭するぞ、という …

鈴鹿サーキット Suzuka Circuit on Twitter
“2022年F1日本グランプリまで、あと「33週」。 完成したばかりのPVをどうぞ。 3年ぶりだと、様々な疑問や不安があると思います。 全部払拭するぞ、という意気込みで、各種案内を行う予定です。 ぜひ力を貸してください。 訳:参考にするので、不安な点・疑問点を教えてください #F1JP”
タイトルとURLをコピーしました