トヨタ初の量産EV、国内は当面販売せず サブスク限定で – 日本経済新聞

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

トヨタ初の量産EV、国内は当面販売せず サブスク限定で – 日本経済新聞

トヨタ自動車は2022年半ばに発売するとしていた初の量産電気自動車(EV)である「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」について、国内向けには当面販売しない …

トヨタ初の量産EV、国内は当面販売せず サブスク限定で
トヨタ自動車は2022年半ばに発売するとしていた初の量産電気自動車(EV)である「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」について、国内向けには当面販売しない方針を固めた。国内では5月にもサブスクリプション(定額課金)サービスに限定して提供する。生産台数の半分超を北米や欧州といったEVの主力市場に優先的に提供する。bZ4...

トヨタ“EV350万台”達成には電池が足りない理由、「絶頂トヨタの死角」は欧州にある

トヨタ自動車は「2030年にEV(電気自動車)350万台販売」に向けて車載電池の生産を拡大する。パナソニックから引き継いだ国内工場で一部増産に入っており、 …

トヨタ“EV350万台”達成には電池が足りない理由、「絶頂トヨタの死角」は欧州にある
トヨタ自動車は「2030年にEV(電気自動車)350万台販売」に向けて車載電池の生産を拡大する。パナソニックから引き継いだ国内工場で一部増産に入っており、米国での現地生産に手を打った。世界的では激しい電池争奪戦が繰り広げられており、これらの方策だけではトヨタの必要量に全く足りていないのが実情だ。では、トヨタの電池調達戦...

人工光合成、30年に大規模実証 三菱ケミカルやトヨタ – 日本経済新聞

三菱ケミカルやトヨタ自動車、東京大学などは、太陽光と二酸化炭素(CO2)を使って化学原料を作る新技術「人工光合成」の大規模実証実験を2030年に実施する …

人工光合成、30年に大規模実証 三菱ケミカルやトヨタ
三菱ケミカルやトヨタ自動車、東京大学などは、太陽光と二酸化炭素(CO2)を使って化学原料を作る新技術「人工光合成」の大規模実証実験を2030年に実施する。まず水素製造コストで石油由来の方法と同程度に下げる。同技術は石油に頼らず化学原料を作ることができ、脱炭素技術の切り札といわれる。産官学で研究開発を加速し、40年までの...

トヨタの下請け企業数で愛知が東京に歴史的敗北、猶予2年の「ケイレツ再編最終形」を大予想 …

トヨタ自動車と取引のある「下請け企業数」において、トヨタの城下町・愛知県が東京都に負けるという異常事態が発生した。将来的に、愛知経済が地盤沈下し、 …

トヨタの下請け企業数で愛知が東京に歴史的敗北、猶予2年の「ケイレツ再編最終形」を大予想
トヨタ自動車と取引のある「下請け企業数」において、トヨタの城下町・愛知県が東京都に負けるという異常事態が発生した。将来的に、愛知経済が地盤沈下し、サプライヤーに再編成の機運が高まっている。愛知県で加速する「ケイレツ大再編」の最終形を大胆に予想する。

トヨタ カローラシリーズがマイチェン並の一部改良を計画!外観の変更もアリ – MOBY

トヨタの「カローラ」「カローラツーリング」「カローラスポーツ」が大きな一部改良を控えているという情報を、トヨタディーラーへの取材によって入手しま …

トヨタ カローラシリーズがマイチェン並の一部改良を計画!外観の変更もアリ | MOBY [モビー]
トヨタの「カローラ」「カローラツーリング」「カローラスポーツ」が大きな一部改良を控えているという情報を、トヨタディーラーへの取材によって入手しました。法規対応に加え、フルモデルチェンジ後初となる外観の変更やパワートレインの入れ替えなどを含んでいて、マイナーチェンジと言っても過言ではないほどの内容となっています。

トヨタが投げかけ「好きですか?」 タフ顔「ピックアップEV」 先進感&オフ感を両立!? 次期 …

英国トヨタは、ピックアップトラック「タンドラ」のような「Pickup EV」の画像を公式Twitterに投稿しました。果たしてどのような反響があったのでしょうか。

トヨタが投げかけ「好きですか?」 タフ顔「ピックアップEV」 先進感&オフ感を両立!? 次期「タンドラ」なのか
英国トヨタは、ピックアップトラック「タンドラ」のような「Pickup EV」の画像を公式Twitterに投稿しました。果たしてどのような反響があったのでしょうか。

カンバン方式とは? トヨタが世界に誇る生産管理手法の真価と限界 – 日経ビジネス電子版

トヨタ自動車によって開発され、世界中の企業が生産管理やプロジェクト管理に採用する「カンバン方式」。徹底してムダを省く手法にはさまざまなメリットと …

カンバン方式とは? トヨタが世界に誇る生産管理手法の真価と限界
トヨタ自動車によって開発され、世界中の企業が生産管理やプロジェクト管理に採用する「カンバン方式」。徹底してムダを省く手法にはさまざまなメリットといくつかの課題がある。今回はカンバン方式をテーマに、過去のトピックを紹介していく。

トヨタ初のEV専用モデル「bZ4X」、国内はサブスク限定に – 朝日新聞デジタル

トヨタ自動車は、今年半ばに発売する初の電気自動車(EV)専用モデル「bZ4X」について、国内は定額制(サブスクリプション)限定で提供を始める。

トヨタ初のEV専用モデル「bZ4X」、国内はサブスク限定に:朝日新聞デジタル
 トヨタ自動車は、今年半ばに発売する初の電気自動車(EV)専用モデル「bZ4X」について、国内は定額制(サブスクリプション)限定で提供を始める。当面は、販売店を通じた「売り切り」での販売はしない。定額…

比較するのはどんな人? トヨタ新型「ノア」&ホンダ新型「ステップワゴンエアー」の比べる部分 …

人気の国産ミニバンであるトヨタ新型「ノア」/新型「ヴォクシー」とホンダ新型「ステップワゴン」。新型ノアと新型ステップワゴンを比較検討している人も …

比較するのはどんな人? トヨタ新型「ノア」&ホンダ新型「ステップワゴンエアー」の比べる部分とは
人気の国産ミニバンであるトヨタ新型「ノア」/新型「ヴォクシー」とホンダ新型「ステップワゴン」。新型ノアと新型ステップワゴンを比較検討している人もいるようですが、どのようなユーザーが比較しているのでしょうか。

トヨタが投げかけ「好きですか?」 タフ顔「ピックアップEV」 先進感&オフ感 … – Yahoo!ニュース

昨今、さまざまなBEVを投入している各自動車メーカーですが、トヨタは2021年12月14日にピックアップトラックタイプのBEVをお披露目しました。

トヨタが投げかけ「好きですか?」 タフ顔「ピックアップEV」 先進感&オフ感を両立!? 次期「タンドラ」なのか(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 昨今、さまざまなBEVを投入している各自動車メーカーですが、トヨタは2021年12月14日にピックアップトラックタイプのBEVをお披露目しました。    その後、2022年2月3日に英国トヨタが公
タイトルとURLをコピーしました