ニッサン/ニスモ、2022年もカスタマーレーシングプログラムを展開しGT300、S耐でサ ポート …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ニッサン/ニスモ、2022年もカスタマーレーシングプログラムを展開しGT300、S耐でサポート …

… で、カスタマーレーシングプログラムについても発表され、ニッサンGT-RニスモGT3を使用するスーパーGT GT300参戦チーム、さらにスーパー耐久でニッサンGT.

ニッサン/ニスモ、2022年もカスタマーレーシングプログラムを展開しGT300、S耐でサポート | スーパーGT | autosport web
 2月18日、日産自動車/ニスモは、2022年のモータースポーツ活動概要を発表した。このなかで、カスタマーレーシングプログラムについても発表され、ニッサンGT-RニスモGT3を使用するスーパーGT GT300参戦チーム、さらにスーパー耐久でニッサンGT-RニスモGT3、フェアレディZニスモRCを使用するチームについて発...

2022年もカスタマーレーシングプログラムを展開しスーパーGT GT300クラス – Yahoo!ニュース

このなかで、カスタマーレーシングプログラムについても発表され、ニッサンGT-RニスモGT3を使用するスーパーGT GT300参戦チーム、さらにスーパー耐久で …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ニッサン/ニスモ、2022年のスーパーGT GT500クラス参戦の4台の車名とカラーリングを発表 …

2月18日、日産自動車/ニスモは、2022年にスーパーGT GT500クラスに参戦する4台のニッサンZ GT500の車名、使用タイヤ、さらにマシンカラーリングについて …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

日産/ニスモ、2022年のモータースポーツ活動概要を発表

日産自動車株式会社ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社 … また、カスタマーレーシング活動として、NISSAN GT-R NISMO GT3や日産車、 …

日産/ニスモ、2022年のモータースポーツ活動概要を発表
日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠 以下、日産)およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:神奈川県横浜市鶴見区、社長:片桐 隆夫 以下、ニスモ)は18日、2022年のモータースポーツ活動概要を発表しました。

日産、ミシシッピ州の工場で新型電気自動車2モデルを生産

新型EVは、2030年までにグローバルで日産・インフィニティの両ブランドから15車種のEVを含む23車種の電動車を投入することを目指す「Nissan Ambition 2030」 …

日産、ミシシッピ州の工場で新型電気自動車2モデルを生産
日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、同社のキャントン工場を米国におけるEV生産の中心拠点とするための詳細な計画を発表しました。日産は、キャントン工場に最新のEV生産技術を導入し、2車種の新型EVを生産します。

鈴鹿サーキット60周年ファン感謝デー、新型「Nissan Z GT500」の走行決定 – Car Watch

同イベントの中で、日産自動車の新型「フェアレディ Z」をベースにしたSUPER GT車両「Nissan Z GT500」が、SUPER GT プレシーズンマッチとして走行すること …

鈴鹿サーキット60周年ファン感謝デー、新型「Nissan Z GT500」の走行決定
 鈴鹿サーキットは2月17日、3月5日~6日に開催する「鈴鹿サーキット60周年ファン感謝デー」のイベント情報とタイムスケジュールを公開。同イベントの中で、日産自動車の新型「フェアレディ Z」をベースにしたSUPER GT車両「Nissan Z GT500」が、SUPER GT プレシーズンマッチとして走行することが明ら...

ニッサン/ニスモ、2022年もカスタマーレーシングプログラムを展開しGT300 – BIGLOBEニュース

ニッサンGT-RニスモGT3、フェアレディZニスモRCなどを使って、多くのチームがレースを戦ってきた。 2022年のスーパーGT GT300クラスには、6台のGT-Rが参戦する …

ニッサン/ニスモ、2022年もカスタマーレーシングプログラムを展開しGT300、S耐でサポート(2022年2月18日)|BIGLOBEニュース
2月18日、日産自動車/ニスモは、2022年のモータースポーツ活動概要を発表した。このなかで、カスタマーレーシングプログラムについても発表され、ニッサンGT-RニスモGT3を…|BIGLOBEニュース

日産/ニスモ、フォーミュラEやSUPER GTなど2022年のモータースポーツ活動概要を発表 – Car …

SUPER GT GT500クラスに参戦する「Nissan Z GT500」. 日産自動車およびニスモ(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)は2月18日、2022年の …

日産/ニスモ、フォーミュラEやSUPER GTなど2022年のモータースポーツ活動概要を発表
 日産自動車およびニスモ(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)は2月18日、2022年のモータースポーツ活動概要を発表した。

日産が米国にEV主力工場、575億円投じ次世代ライン 25年稼働

日産がキャントン工場に展開するのは、「ニッサンインテリジェントファクトリー」(以下、NIF)の設備である(図1)。最先端の技術を投入して構築した次世代 …

日産が米国にEV主力工場、575億円投じ次世代ライン 25年稼働
 栃木からミシシッピへ――。日産自動車は、電気自動車(EV)向けに開発した次世代製造ラインを米ミシシッピ州にあるキャントン工場に導入する。5億ドル(1ドル=115円換算で575億円)を投じ、2025年までに2車種のEVを生産できるようする。

富士スピードウェイで7台が参加しGT500車両のメーカーテストがスタート。精力 … – autosport web

トヨタGRスープラ勢が6台全車参加し、ニッサンZ GT500はKONDO RACINGの24号車のみが参加。午前、午後ともに全車が精力的に周回を重ねた。

富士スピードウェイで7台が参加しGT500車両のメーカーテストがスタート。精力的に周回こなす | スーパーGT | autosport web
 2月17日から、静岡県の富士スピードウェイでスーパーGT GT500クラスに参戦する7台の車両が集まり、TCD主催のメーカーテストがスタートした。トヨタGRスープラ勢が6台全車参加し、ニッサンZ GT500はKONDO RACINGの24号車のみが参加。午前、午後ともに全車が精力的に周回を重ねた。 2022年の開幕に...
タイトルとURLをコピーしました