3月8日デビュー直前、マツダの後輪駆動SUV『CX-60』をスクープ! | レスポンス(Resp onse.jp)

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

3月8日デビュー直前、マツダの後輪駆動SUV『CX-60』をスクープ! | レスポンス(Response.jp)

マツダが開発中の新型クロスオーバーSUV、『CX-60』市販型の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

3月8日デビュー直前、マツダの後輪駆動SUV『CX-60』をスクープ! | レスポンス(Response.jp)
マツダが開発中の新型クロスオーバーSUV、『CX-60』市販型の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

マツダ「ロードスター 990S」は軽快感が超楽しい! 極限まで軽くした“990kg”の車重の秘密とは …

2021年12月に登場したマツダ「ロードスター(ND)」の特別仕様車「990S」。その特徴はなんといっても軽量化です。

マツダ「ロードスター 990S」は軽快感が超楽しい! 極限まで軽くした“990kg”の車重の秘密とは?(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 2021年12月に登場したマツダ「ロードスター(ND)」の特別仕様車「990S」。その特徴はなんといっても軽量化です。

素晴らしいバランス マツダCX-5 2.5 AWD フェイスリフト版を英国試乗 前編 | AUTOCAR JAPAN

その頃、英国におけるマツダのSUVの販売割合は、僅か2%に過ぎなかった。しかし約10年が経過した2021年、2代目CX-5の割合は約60%にまで上昇している。

素晴らしいバランス マツダCX-5 2.5 AWD フェイスリフト版を英国試乗 前編 - AUTOCAR JAPAN
スタイリッシュなSUVが小変更。エコ性能も欲しいものの、走りの楽しさはライバルを凌駕すると英国編集部は評価します。

素晴らしいバランス マツダCX-5 2.5 AWD フェイスリフト版を英国試乗 | AUTOCAR JAPAN

素晴らしいバランス マツダCX-5 2.5 AWD フェイスリフト版を英国試乗のニュース/新車情報/試乗記. スタイリッシュなSUVが小変更。エコ性能も欲しいものの、走り …

| AUTOCAR JAPAN
スタイリッシュなSUVが小変更。エコ性能も欲しいものの、走りの楽しさはライバルを凌駕すると英国編集部は評価します。

レジェンド片山義美さんのご子息である勝美さんがステアリングを握り、富士 … – エキサイト

第1回は片山ワークスカラーで彩ったサバンナGTの登場だ! 【1976年式 マツダ サバンナ GT Vol.4】 【3】から続く 本オーナーの「片山レプリカ」。

レジェンド片山義美さんのご子息である勝美さんがステアリングを握り、富士スピードウェイを駆け抜けた!|1976年式 マツダ サバンナ GT (2022年2月19日) - エキサイトニュース
往年の名レースを彩った珠玉のレーシングカー。その雄姿を再現することに意欲を注ぐ旧車乗りも多い。このコーナーではそんなレプリカ仕様に注目。第1回は片山ワークスカラーで彩ったサバンナGTの登場だ!【197...

ロードスターの真骨頂「軽快さ」は「不安定さ」と表裏一体! 魔法の新技術「KPC」がネガを消 …

マツダは現行ND型ロードスターの最軽量グレード「990S」をデビューされると同時に、新たな車両姿勢安定化制御技術「KPC」を発表し、今後ロードスター全車に …

【試乗】ロードスターの真骨頂「軽快さ」は「不安定さ」と表裏一体! 魔法の新技術「KPC」がネガを消した | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~AUTO MESSE WEB
マツダはND型ロードスターの最軽量グレード「990S」デビューと同時に、車両姿勢安定化制御技術「KPC」を発表し、今後ロードスター全車に採用する。「人馬一体」の走りをさらに高めるというKPCによって、ロードスターの走りがどう進化したのかレポートする。

トヨタはクラウン! 三菱はランサー! 日産のセドグロを追いかけた「初ターボ」搭載車たち …

クラウンから始まったトヨタのターボエンジン; 三菱初搭載はランサーEXターボだった; マツダはファミリアにターボを設定; ホンダはシティがターボ初採用 …

トヨタはクラウン! 三菱はランサー! 日産のセドグロを追いかけた「初ターボ」搭載車たち | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~
日本で初めてターボエンジンを搭載したクルマは日産セドリック/グロリアだった。その後、ブルーバードやスカイラインという流れて投入。一方、日産以外のメーカーでは、トヨタがクラウンに採用し話題を呼んだ。ここでは各自動車メーカーが初採用モデルを紹介していこう。

ブランデューのメッセージカー廃車に – 陸奥新報

大会後は営業や用具の運搬などでもチームに貢献した。 メッセージカーは思い出のある人たちに少しでも見てもらえればと、28日まで弘前市堅田の青森マツダ弘前 …

  ブランデューのメッセージカー廃車に by 陸奥新報
津軽に根ざした情報をお伝えします!

最新高級EV対決 前編 電動化時代の旗艦モデル ドイツの双璧 キャビンは未来派と合理派に二極化 …

971記事 · マツダ 358記事 · レクサス 303記事 · ホンダ 588記事 · メルセデス・ベンツ 835記事 · ダイハツ 87記事 · シトロエン 479記事 · CX-5

最新高級EV対決 前編 電動化時代の旗艦モデル ドイツの双璧 キャビンは未来派と合理派に二極化 - AUTOCAR JAPAN
メルセデスとBMWのフラッグシップEVを比較試乗。セダンとSUVと、それぞれ違うフォーマットではありますが、いずれも既存のEVにはなかったような高級感と航続距離を誇る最上位モデル。まずは内外装をチェックします。

日本経済の立て直しより外国人に日本を売りたい政府?マスコミ?​ – 松田学(マツダマナブ …

あなたは、日本の上場企業でも全体として既に50%以上は外国資本や外国投資家に株式が買われている事.

日本経済の立て直しより外国人に日本を売りたい政府?マスコミ?​ - 松田学(マツダマナブ) | 選挙ドットコム
あなたは、日本の上場企業でも全体として既に50%以上は外国資本や外国投資家に株式が買われている事
タイトルとURLをコピーしました