FW44のシェイクダウンを行ったウイリアムズF1のラティフィ&アルボン – autosport web

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

FW44のシェイクダウンを行ったウイリアムズF1のラティフィ&アルボン – autosport web

FW44のシェイクダウンを行ったウイリアムズF1のラティフィ&アルボン、ディフレクターの影響による視界悪化を指摘. レースを愛してやまないファンの方々へ

FW44のシェイクダウンを行ったウイリアムズF1のラティフィ&アルボン、ディフレクターの影響による視界悪化を指摘 | F1 | autosport web
 アレクサンダー・アルボンは初めてウイリアムズの新車『FW44』で走行した際に、今シーズンはドライバーたちが特定のコースで視界の問題に直面する可能性が浮かび上がってきたと述べている。 ウイリアムズは2月15日、オンラインプレゼンテーションで2022年型マシンのカラーリングを披露した後に、シェイクダウン走行をシルバースト...

FIA、F1セーフティカー規則を変更。レース再開までの時間短縮が可能に – autosport web

FIAは2022年F1競技レギュレーションの改訂版を発表、セーフティカーにまつわる手順を変更したことを明らかにした。 2021年最終戦アブダビGP決勝終盤、 …

FIA、F1セーフティカー規則を変更。レース再開までの時間短縮が可能に | F1 | autosport web
 FIAは2022年F1競技レギュレーションの改訂版を発表、セーフティカーにまつわる手順を変更したことを明らかにした。 2021年最終戦アブダビGP決勝終盤、アクシデント発生によりセーフティカーが出動した際、レースディレクターのマイケル・マシがレギュレーションの文言どおりの運用を行わなかったことが、ルイス・ハミルトンと...

アルボン、F1から離れて得た”大局的な視点”が武器に「レッドブルで得た経験をウイリアムズで …

シートを失い、2021年はF1を戦うことができなかったアレクサンダー・アルボンだが、レッドブルの一員としてマックス・フェルスタッペンの成功をアシストし …

アルボン、F1から離れて得た”大局的な視点”が武器に「レッドブルで得た経験をウイリアムズで活かす」(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 シートを失い、2021年はF1を戦うことができなかったアレクサンダー・アルボンだが、レッドブルの一員としてマックス・フェルスタッペンの成功をアシストしつつ、一歩引いたところからF1を見る機会を得た

2022年型 F1マシン続々発表! 前半5車の検証から、今シーズンのF1グランプリはますます予想が …

□新レギュレーションにそれぞれのアプローチ。各チーム違うデザインで出てきた! 2022年F1シーズンもいよいよ開幕間近。もちろん全く新しくなった …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

F1:セーティカー出動後のリスタート方法を大幅に変更 / 2022年競技規則 【 F1-Gate .com 】

F1競技規則は2022年シーズンに向けて改訂され、セーフティカー出動後にレースをリスタートする方法に大幅な変更が加えられた。2021年の最終戦F1アブダビGPで …

F1:セーティカー出動後のリスタート方法を大幅に変更 / 2022年競技規則
F1競技規則は2022年シーズンに向けて改訂され、セーフティカー出動後にレースをリスタートする方法に大幅な変更が加えられた。2021年の最終戦F1アブダビGPで論争の末に焦点が当てられたこの競技規則は「最後に追い越された車両が先頭車両を追い越したら、セーフティカーは次の周回の終了時点でピットへ戻る」と記されていた。

F1昇格実績ゼロ……有望株ジャック・ドゥーハンはなぜアルピーヌ育成を選んだのか …

先日、2022年のアルピーヌ・アカデミーのメンバー4人が発表された。その中には、今季からFIA F2にフル参戦するジャック・ドゥーハンの名前があった。

F1昇格実績ゼロ……有望株ジャック・ドゥーハンはなぜアルピーヌ育成を選んだのか?(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 先日、2022年のアルピーヌ・アカデミーのメンバー4人が発表された。その中には、今季からFIA F2にフル参戦するジャック・ドゥーハンの名前があった。彼は昨年までレッドブル・ジュニアチームの一員で

メルセデスF1代表、アブダビGP調査後のFIAの体制改革に「楽観的」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、最近発表されたFIA(国際自動車連盟)の体制の変更について楽観的な見方を示している。2月7 …

メルセデスF1代表、アブダビGP調査後のFIAの体制改革に「楽観的」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、最近発表されたFIA(国際自動車連盟)の体制の変更について楽観的な見方を示している。2月7日(木)、FIAは2022年シーズンに向けて新しいシステムを導入し、マイケル・マシがF1レースディレクターの役割を辞任することを確認した。それはメルセデスF1が2022年F1マシ...

フェラーリF1-75の過激なサイドポンツーンデザイン。2000年台後半に流行した考え方が復活?

フェラーリの2022年マシンF1-75は、過激なサイドポンツーンのデザインが注目を集めた。これは、2000年台後半に流行したデザインの最新版ではなかろうか?

フェラーリF1-75の過激なサイドポンツーンデザイン。2000年台後半に流行した考え方が復活?
フェラーリの2022年マシンF1-75は、過激なサイドポンツーンのデザインが注目を集めた。これは、2000年台後半に流行したデザインの最新版ではなかろうか?

ルイス・ハミルトン 「去年の僕がベストだと思っているなら今年を見てほしい」 – F1-Gate.com

メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、昨年のF1アブダビGP以来初めてマスコミに対峙し、今シーズンに向けて再充電し、モチベーションを高めて、自分がいかに …

F1:ルイス・ハミルトン 「去年の僕がベストだと思っているなら今年を見てほしい」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、昨年のF1アブダビGP以来初めてマスコミに対峙し、今シーズンに向けて再充電し、モチベーションを高めて、自分がいかに覚悟を決めてF1に挑んでいるかを語った。昨年のF1アブダビGPでのドライバーズタイトル決定戦で、物議を醸すファイナルラップでマックス・フェルスタッペンに敗北したルイス・...

【動画】 ルイス・ハミルトン メルセデスF1 『W13』 オンボード映像 – F1-Gate.com

メルセデスF1は、ルイス・ハミルトンが2022年F1マシン『W13』でシルバーストン・サーキットを走行したオンボード映像をリリースした。

【動画】 ルイス・ハミルトン メルセデスF1 『W13』 オンボード映像
メルセデスF1は、ルイス・ハミルトンが2022年F1マシン『W13』でシルバーストン・サーキットを走行したオンボード映像をリリースした。昨年、マックス・フェルスタッペンとのタイトル争いに敗れたルイス・ハミルトンだが、新世代のシルバーアローとともに覚悟を新たにF1グリッドに戻ってきたー「去年の僕がベストだと思っているなら...
タイトルとURLをコピーしました