フェラーリなどスーパーカー16台集結 楽しみながら交通安全学んだ子どもたち 愛知・豊橋市 …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

フェラーリなどスーパーカー16台集結 楽しみながら交通安全学んだ子どもたち 愛知・豊橋市 …

「かっこよかった」 (参加した子ども) 豊橋警察署とカー用品店を運営する会社などが開いたこのイベント。 会場ではフェラーリやランボルギーニなど16台の …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

フェラーリ、エンジン・EV二正面作戦 高効率経営に暗雲 – 日本経済新聞

伊フェラーリのビジネスモデル存続に、株式市場から懸念の声が強まっている。利益率の高い高級車の少量生産や、富裕層から前受金を集めることで資金効率を …

フェラーリ、エンジン・EV二正面作戦 高効率経営に暗雲
伊フェラーリのビジネスモデル存続に、株式市場から懸念の声が強まっている。利益率の高い高級車の少量生産や、富裕層から前受金を集めることで資金効率を高めて時価総額はホンダに匹敵する規模になったが、エンジン車の環境規制強化が資産効率の悪化や販売減速につながる可能性がある。25年の電気自動車(EV)投入でエンジンとEVの二正面...

【F1マシン詳細解析】 フェラーリ F1-75:一線を画す多数のイノベーション / 2022 … – F1-Gate.com

フェラーリの75周年を記念して『F1-75』と名付けられた2022年F1マシンは、14年ぶりのF1ワールドチャンピオンのトロフィーをマラネッロに持ち帰るべく大胆 …

【F1マシン詳細解析】 フェラーリ F1-75:一線を画す多数のイノベーション / 2022年F1マシン
フェラーリの75周年を記念して『F1-75』と名付けられた2022年F1マシンは、14年ぶりのF1ワールドチャンピオンのトロフィーをマラネッロに持ち帰るべく大胆かつ緻密に設計された意欲作だ。フェラーリは、F1-75の開発に専念するために2021年マシンの作業をすぐに終了した。2月17日(木)に発表されたF1-75は、ハ...

フェラーリF1-75の過激なサイドポンツーンデザイン。2000年台後半に流行した考え方が復活?

フェラーリの2022年マシンF1-75は、過激なサイドポンツーンのデザインが注目を集めた。これは、2000年台後半に流行したデザインの最新版ではなかろうか?

フェラーリF1-75の過激なサイドポンツーンデザイン。2000年台後半に流行した考え方が復活?
フェラーリの2022年マシンF1-75は、過激なサイドポンツーンのデザインが注目を集めた。これは、2000年台後半に流行したデザインの最新版ではなかろうか?

憧れのクルマは「BMW」「レクサス」「フェラーリ」だけど…実際に乗っているのは … – エキサイト

SUV、ミニバン、セダン、スポーツカー、コンパクトカーなど多種多様なクルマがありますが、みなさんはど…

このURLの記事はみつかりませんでした - エキサイトニュース

【動画】メルセデスに加入したラッセル「とても特別だけど、同時に少し変な感じ」 – autosport web

【動画】フェラーリのドライバーたちがファンへの感謝と2022年の意気込みを語る · F1 2022/02/13. F1 | 【動画】ラッセル、メルセデスの本拠地に初 …

【動画】メルセデスに加入したラッセル「とても特別だけど、同時に少し変な感じ」 | F1 | autosport web
 メルセデスが2022年シーズンからチームに加入するジョージ・ラッセルのインタビュー動画を公開した。メルセデスへの移籍を「ホームに戻ってきた感じ」と表現したラッセルは、レギュレーション変更のタイミングで新たな環境を手に入れたことは、自らにとって「有益」であると語った。

ベッテル、F1決勝前のドライバーセレモニー廃止に驚き「皆でメッセージを発信する時間は重要 …

7 F1 | スクーデリア・フェラーリの2022年型マシン『F1-75』 … 当サイトに掲載されている文章・写真等の許可なき複製・転載を禁じます。

ベッテル、F1決勝前のドライバーセレモニー廃止に驚き「皆でメッセージを発信する時間は重要」 | F1 | autosport web
 F1は、2020年に、ドライバーたちが多様性推進を支持し、人種的不公平への反対を表明するため、レース前に膝をつくセレモニーの時間を設けたが、2022年にそれを廃止することを決めた。アストンマーティンF1チームのセバスチャン・ベッテルはそのことに驚いている。 2021年にそのセレモニーはF1が推進する『We Race ...

F1決勝スタートタイヤ規則が正式に変更に。予選トップ10ドライバーのQ2タイヤ使用義務が撤廃 …

マイケル・アンドレッティが2024年からのF1参戦目指す。FIAに新チームのエントリー申請 · F1 · F1 | 【ギャラリー】フェラーリ 2022年型マシン『F1-75』 …

F1決勝スタートタイヤ規則が正式に変更に。予選トップ10ドライバーのQ2タイヤ使用義務が撤廃、自由選択制へ | F1 | autosport web
 FIAが発表した2022年F1競技レギュレーションの改訂版から、決勝スタートタイヤのルールが変更されたことが正式に確認された。 2014年以来、予選Q3に進んだドライバーたちは、Q2で自己ベストタイムを記録した際に履いていたタイヤを決勝スタートタイヤとして使用しなければならなかった。

FIA、F1セーフティカー規則を変更。レース再開までの時間短縮が可能に – autosport web

7 F1 | フェラーリの2022年型F1マシン『F1-75』 … 当サイトに掲載されている文章・写真等の許可なき複製・転載を禁じます。

FIA、F1セーフティカー規則を変更。レース再開までの時間短縮が可能に | F1 | autosport web
 FIAは2022年F1競技レギュレーションの改訂版を発表、セーフティカーにまつわる手順を変更したことを明らかにした。 2021年最終戦アブダビGP決勝終盤、アクシデント発生によりセーフティカーが出動した際、レースディレクターのマイケル・マシがレギュレーションの文言どおりの運用を行わなかったことが、ルイス・ハミルトンと...

FW44のシェイクダウンを行ったウイリアムズF1のラティフィ&アルボン – autosport web

【津川哲夫F1新車私的解説】新規則に対する実にフェラーリらしい解答。ネオクラシックな『F1-75』のエアロの狙い · F1 · F1 | 【ギャラリー】フェラーリ …

FW44のシェイクダウンを行ったウイリアムズF1のラティフィ&アルボン、ディフレクターの影響による視界悪化を指摘 | F1 | autosport web
 アレクサンダー・アルボンは初めてウイリアムズの新車『FW44』で走行した際に、今シーズンはドライバーたちが特定のコースで視界の問題に直面する可能性が浮かび上がってきたと述べている。 ウイリアムズは2月15日、オンラインプレゼンテーションで2022年型マシンのカラーリングを披露した後に、シェイクダウン走行をシルバースト...
タイトルとURLをコピーしました