【F1技術解説】サスペンション規定変更がもたらす大きな影響(1)油圧システム は禁止、機械式 …

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

【F1技術解説】サスペンション規定変更がもたらす大きな影響(1)油圧システムは禁止、機械式 …

2022年のF1マシンでは、サスペンション担当の開発エンジニアに最大の負荷がかかりそうだ。この領域の技術規約が大きく変更された結果、ほとんどゼロから …

【F1技術解説】サスペンション規定変更がもたらす大きな影響(1)油圧システムは禁止、機械式で姿勢を制御 | F1 | autosport web
 2022年のF1マシンでは、サスペンション担当の開発エンジニアに最大の負荷がかかりそうだ。この領域の技術規約が大きく変更された結果、ほとんどゼロから作り直す必要があったからだ。 F1マシンのサスペンションは、大きく3つの役割を担っている。まずシャシーと4輪をつないで、路面のうねりやバンプといった凹凸を吸収し、4本のタ...

2022年F1新レギュレーション、わざと乱気流を悪化させ、後方のマシンを”妨害”するチームもある?

F1のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは、各チームが故意に後方乱気流を作り出し、ライバルが近づくのを難しくする方法を追求することはないだ …

2022年F1新レギュレーション、わざと乱気流を悪化させ、後方のマシンを”妨害”するチームもある?
F1のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは、各チームが故意に後方乱気流を作り出し、ライバルが近づくのを難しくする方法を追求することはないだろうと語る。

F1決勝スタートタイヤ規則が正式に変更に。予選トップ10ドライバーのQ2タイヤ … – autosport web

FIAが発表した2022年F1競技レギュレーションの改訂版から、決勝スタートタイヤのルールが変更されたことが正式に確認された。 2014年以来、予選Q3に進んだ …

F1決勝スタートタイヤ規則が正式に変更に。予選トップ10ドライバーのQ2タイヤ使用義務が撤廃、自由選択制へ | F1 | autosport web
 FIAが発表した2022年F1競技レギュレーションの改訂版から、決勝スタートタイヤのルールが変更されたことが正式に確認された。 2014年以来、予選Q3に進んだドライバーたちは、Q2で自己ベストタイムを記録した際に履いていたタイヤを決勝スタートタイヤとして使用しなければならなかった。

F1幹部ロス・ブラウン氏「各チームの進化が楽しみ…競争力を有したチームが増える」規定変更で …

2022年シーズンの開幕を前に、F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウン氏が、今季のレギュレーション変更について自身の見解を示している。

F1幹部ロス・ブラウン氏「各チームの進化が楽しみ…競争力を有したチームが増える」規定変更でサプライズはあるのか|F1(DAZN News) - Yahoo!ニュース
2022年シーズンの開幕を前に、F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウン氏が、今季のレギュレーション変更について自身の見解を示している。 今季よりF1の規定は大きく変わり、各チームが新

フェラーリF1代表 「F1-75にすでにライバルマシンのディテールを吸収」 【 F1-Gate .com 】

フェラーリF1のマッティア・ビノットは、ライバルチームの新車発表に目を光らせており、チームが見つけた1つの“ディテール”をすでに複製して2022年F1 …

フェラーリF1代表 「F1-75にすでにライバルマシンのディテールを吸収」
フェラーリF1のマッティア・ビノットは、ライバルチームの新車発表に目を光らせており、チームが見つけた1つの“ディテール”をすでに複製して2022年F1マシン『F1-75』に吸収していると語る。新型コロナウィリスのパンデミックが進行するなか、今年はバーチャルモードでの発表が続き、F1チームはまったく新しいマシンをどれだけ...

F1:グランプリ週末に新導入の技術解説『Automobile Display』の詳細

2022年シーズンにF1は新たな時代を迎える。緊密なレースとオーバーテイクを促進するためにF1マシンは再設計され、タイヤは18インチに変更、パワーユニット …

F1:グランプリ週末に新導入の技術解説『Automobile Display』の詳細
F1は、ファンにF1マシンの技術的な側面をファンに開放する新たな試み『Automobile Display』の詳細を明らかにした。2022年シーズンにF1は新たな時代を迎える。緊密なレースとオーバーテイクを促進するためにF1マシンは再設計され、タイヤは18インチに変更、パワーユニットメーカーは新しいE10燃料に対応する...

F1首脳陣 「故意に乱気流を発生させるマシンを開発するチームなどいない」 【 F1-Gate .com 】

F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1チームが新しいレギュレーションを「妨害」し、ライバルが追従するのを難しくする方法を探すよう …

F1首脳陣 「故意に乱気流を発生させるマシンを開発するチームなどいない」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1チームが新しいレギュレーションを「妨害」し、ライバルが追従するのを難しくする方法を探すようなことはないと信じていると語る。2022年のF1技術規制の主な目的は、後続のマシンが先行マシン追従しているときにはるかに高いダウンフォースレベルを維持できるウェイク(後流...

ルノーの新型F1スプリットターボエンジンは「パフォーマンス重視」 – F1-Gate.com

アルピーヌのCEOを務めるローラン・ロッシは、ルノーは2022年に導入する新型F1エンジンで完全な信頼性よりもパフォーマンス重視の方向性で開発を済めている …

ルノーの新型F1スプリットターボエンジンは「パフォーマンス重視」
アルピーヌのCEOを務めるローラン・ロッシは、ルノーは2022年に導入する新型F1エンジンで完全な信頼性よりもパフォーマンス重視の方向性で開発を済めていると語る。ルノーF1チームは、2021年にグループ・ルノーのスポーツカー部門であるアルピーヌF1にチーム名とブランドを変更。ただし、チームはルノー・スポールのエンジンを...

DAZN、明日値上げ…旧料金は今日が最後。今季F1を見る上で一番お得なのは? | Formula1 …

昨年同様、2022年シーズンのF1は、DAZNとフジテレビNEXTが全戦をテレビ放送・ストリーミング配信する。開幕は3月21日のバーレーンGP、そして11月20日の …

DAZN、明日値上げ…旧料金は今日が最後。今季F1を見る上で一番お得なのは? | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
DAZNは明日2月22日(火)より、月額料金を1,925円(税込)から3,000円(税込)に値上げすると共に、新規登録者に対する1ヶ月の無料体験を終了する。旧料

2022年型 F1マシン続々発表! 前半5車の検証から – ベストカー

姿を現したF1マシンたちを解説していこう. さて、実際に新マシンを見ていくことにしよう。ただし、上記5台のうち、レッドブルRB18については、後日 …

2022年型 F1マシン続々発表! 前半5車の検証から、今シーズンのF1グランプリはますます予想がつかない! - 自動車情報誌「ベストカー」
F1ファン待望の新車発表。新しいレギュレーションや18インチタイヤなど、これまでの車とは全く異なる形になってきた。各チームが施してきた工夫や特徴を元F1メカニックの津川哲夫が私的解説する。
タイトルとURLをコピーしました