新型フェラーリ・プロサングエの姿が明らかに 同社初の高性能SUVがリーク – Yahoo! ニュース

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

新型フェラーリ・プロサングエの姿が明らかに 同社初の高性能SUVがリーク – Yahoo!ニュース

フェラーリは、2022年に同社初のSUVモデル「プロサングエ」を導入する準備を進めている。今年後半の公式発表に先立ち、ソーシャルメディア上で新しい画像が …

新型フェラーリ・プロサングエの姿が明らかに 同社初の高性能SUVがリーク(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
フェラーリは、2022年に同社初のSUVモデル「プロサングエ」を導入する準備を進めている。今年後半の公式発表に先立ち、ソーシャルメディア上で新しい画像が共有され、そのスタイリングの一部が明らかになっ

メルセデスF1代表 「フェラーリの風洞時間は0.2秒のアドバンテージ」 – F1-Gate.com

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、風洞時間を長く使用できるフェラーリが、2022年のF1シーズンのスタート時に、ライバルよりも最大 …

メルセデスF1代表 「フェラーリの風洞時間は0.2秒のアドバンテージ」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、風洞時間を長く使用できるフェラーリが、2022年のF1シーズンのスタート時に、ライバルよりも最大で「0.2秒」のアドバンテージを得ることが可能性があると語る。2021年以来、F1チームは、チームのコース上での結果に基づいた空力テスト用のスライディングスケールで運用され...

30台限定、フェラーリ250GT SWB レストモッドで復活 現代風アレンジで「快適」に(AUTOCAR …

英国を拠点とするRMLは、フェラーリ250GT SWBを現代的にアレンジしたプリプロダクションモデルを公開した。これから生産に向けテストプログラムを実施する …

30台限定、フェラーリ250GT SWB レストモッドで復活 現代風アレンジで「快適」に(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
英国を拠点とするRMLは、フェラーリ250GT SWBを現代的にアレンジしたプリプロダクションモデルを公開した。これから生産に向けテストプログラムを実施する予定だ。

【F1マシン着目点】 ハース VF-22:フェラーリに骨格に独自の肉付け / 2022年F1 … – F1-Gate.com

ハースF1は2022年F1マシン『VF-22』のシェイクダウンをバルセロナで実施。レンダリング画像とは異なるボディワークを備えた実車は、フェラーリのパーツを …

【F1マシン着目点】 ハース VF-22:フェラーリに骨格に独自の肉付け / 2022年F1マシン解説
ハースF1は2022年F1マシン『VF-22』のシェイクダウンをバルセロナで実施。レンダリング画像とは異なるボディワークを備えた実車は、フェラーリのパーツを骨格としながらも、肉付けは異なるものとなってる。ハースF1は、パワーユニット、PU冷却パッケージ、ギアボックス、油圧、フロントとリアのサスペンション、ステアリングア...

フェラーリ、効率性に懸念 – 日本経済新聞

伊フェラーリのビジネスモデルの持続力に懸念の声が強まっている。利益率の高い高級車の少量生産や、受注時に前受金を集めることで資金効率を高め、時価総額 …

フェラーリ、効率性に懸念
伊フェラーリのビジネスモデルの持続力に懸念の声が強まっている。利益率の高い高級車の少量生産や、受注時に前受金を集めることで資金効率を高め、時価総額はホンダに匹敵する規模になった。だが2025年の電気自動車(EV)投入に向け、投資負担がかさむエンジンとの二正面作戦を強いられれば、強みの高速資金回転にブレーキがかかりかねな...

【フェラーリ】ライバルチームのマシンを「コピー」する可能性もある – TopNews

フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットが、2022年F1シーズンが始まり、もしライバルチームが優れた開発をしてきたことがわかった場合、自分 …

【フェラーリ】ライバルチームのマシンを「コピー」する可能性もある - TopNews
TopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

見た目はフェラーリ「599」風? マセラティ グラントゥーリズモ 次期型、最終デザインが露出 …

マセラティが開発中の2ドアスポーツカー『グラントゥーリズモ』次期型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

見た目はフェラーリ「599」風? マセラティ グラントゥーリズモ 次期型、最終デザインが露出 | レスポンス(Response.jp)
マセラティが開発中の2ドアスポーツカー『グラントゥーリズモ』次期型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

【F1新車】ついに出揃った2022年用ニューマシン。全10台を一挙紹介 – Motorsport

フェラーリは実に過激なアプローチで、新レギュレーションに対応してきた。 ノーズは緩い曲線を描いて先端へ向かうが、その背面は抉り取られるような形になり、 …

【F1新車】ついに出揃った2022年用ニューマシン。全10台を一挙紹介
新レギュレーションが導入される2022年のF1。その新時代1年目のシーズンを戦う10台のF1マシンが出揃った。その全てを一挙に紹介する。

フェラーリ&アルピーヌ、バルセロナでフィルミング・デイを実施 | Formula Web SmartPhone

2022年2月22日、スペインのバルセロナ・サーキットでフェラーリとアルピーヌがフィルミング・デイを実施した。 フィルミング・デイは、各チームに与えられた …

フェラーリ&アルピーヌ、バルセロナでフィルミング・デイを実施 | Formula Web -F1総合情報サイト-
2022年2月22日、スペインのバルセロナ・サーキットでフェラーリとアルピーヌがフィルミング・デイを実施した。 フィルミング・デイは、各チームに与えられたプロモーション撮影用の走行日程。スポ...

ハースF1がバルセロナで2022年型『VF-22』をシェイクダウン。マゼピンが走行を担当 | F1 …

ハースF1『VF-22』:体制一新、フェラーリ出身のTDが手がけたマシンに高まる期待。新車正式発表はテスト初日 · F1 2022/02/05. F1 | ハースF1、2022年型 …

ハースF1がバルセロナで2022年型『VF-22』をシェイクダウン。マゼピンが走行を担当 | F1 | autosport web
 2月21日、ウラルカリ・ハースF1チームはスペインのバルセロナ-カタロニア・サーキットで2022年型マシン『VF-22』のシェイクダウンを行った。 ハースは全10チーム中最も早い2月4日にVF-22のカラーリングをオンラインで発表しており、昨年同様白をベースに赤と青のラインが入ったロシア国旗と同じ配色となっている。V...
タイトルとURLをコピーしました