レアアース・ロシア向け融資・ポルシェ上場検討 – 日本経済新聞

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

レアアース・ロシア向け融資・ポルシェ上場検討 – 日本経済新聞

ポルシェ上場を検討 親会社の独VW. 【フランクフルト=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)は …

レアアース・ロシア向け融資・ポルシェ上場検討
電気自動車などに不可欠なレアアース(希土類)。戦略物資として重要性を増していますが、米国はこれまで中国企業に精製などの生産工程を委託してきました。米中対立が深刻化するなか、米政府は国内で生産工程をも手掛けられるよう米企業への資金支援に乗り出します。サプライチェーン(供給網)の弱点を解消する狙いです。グローバルな分業とい...

ポルシェのIPO、株主優先ではない – WSJ

独フォルクスワーゲンがスポーツカー部門ポルシェの新規株式公開を計画しているのは、投資家を喜ばせることが主な目的ではない。

ポルシェのIPO、株主優先ではない
 独フォルクスワーゲンがスポーツカー部門ポルシェの新規株式公開を計画しているのは、投資家を喜ばせることが主な目的ではない。

ポルシェ、熟成の域に達した『マカン』に4ドア初となる伝統の名称“T”を冠した新モデルを追加の …

足元は専用にチューニングされ、車高を15mm低く設定したポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を備える【786244】.

足元は専用にチューニングされ、車高を15mm低く設定したポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を備える | ポルシェ、熟成の域に達した『マカン』に4ドア初となる伝統の名称“T”を冠した新モデルを追加の画像・写真(2) | autosport web

「速いクルマ=乗り心地が悪い」はウソ! 最新レーシングカーの足は意外にもしなやかだった …

あるのかもしれないが、現代はまったく違うし、昔でもそんなことなかったクルマもある。グループC時代の「ポルシェ962C」は極めて運転がラクだったとは、中谷 …

「速いクルマ=乗り心地が悪い」はウソ! 最新レーシングカーの足は意外にもしなやかだった | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~AUTO MESSE WEB
レーシングカーとは、ハードなサスペンションで乗り心地の悪さと引き換えに速さを手に入れ、その乗りにくさを神業的なドライビングでねじ伏せるレーシングドライバーが操る、悪魔のようなマシン……というのは真っ赤なウソ。現代の速いクルマは、全然そんなことないのだ。

欧州・米・中国・韓国… 電動の黒船襲来!! 日本市場に猛攻をかける輸入EVたち – ベストカー

ポルシェ初のフル電動スポーツカー。スポーツカーメーカーのポルシェが送り出すEVだけにそのパワーは強烈で、静止状態から100kmにはわずか2.8秒(欧州参考 …

欧州・米・中国・韓国… 電動の黒船襲来!! 日本市場に猛攻をかける輸入EVたち - 自動車情報誌「ベストカー」
近年最も注目されているカテゴリーのひとつであるEV。HV(ハイブリッド車)やFCV(燃料電池車)もEVに含まれるが、今回は充電式バッテリーを使用するBEVを取り上げたい。日本市場に猛攻をかける電気じかけの黒船・輸入EVの現状をお届け!!
タイトルとURLをコピーしました