ベッテル、これまでとは大きく異なる新型F1マシンの学習は順調に進むも「理解す べきことが山 …

ベッテル、これまでとは大きく異なる新型F1マシンの学習は順調に進むも「理解すべきことが山 …

セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンの2022年型マシン『AMR22』について、ドライビングとセットアップの両面で昨年のマシンから"まったく違う …

ベッテル、これまでとは大きく異なる新型F1マシンの学習は順調に進むも「理解すべきことが山ほどある」 | F1 | autosport web
 セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンの2022年型マシン『AMR22』について、ドライビングとセットアップの両面で昨年のマシンから"まったく違う野獣"になったと述べている。 バルセロナで行われた第1回目のプレシーズンテストに参加したベッテルは、チームメイトのランス・ストロールと交代でAMR22を走らせた。最終...

【F1バルセロナテスト3日目会見】先行車への接近は可能も「スリップストリームの効果は明らか …

バルセロナテスト最終日のFIA会見には、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)が出席 …

【F1バルセロナテスト3日目会見】先行車への接近は可能も「スリップストリームの効果は明らかに減っている」とラッセル | F1 | autosport web
 バルセロナテスト最終日のFIA会見には、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)が出席した。次世代の世界チャンピオン候補というべき面々だ。

新規則の副作用『ポーパシング』への対応を迫られるF1チーム。フェラーリはすでに解決 | F1 …

新世代F1マシンが初登場したバルセロナテストにおいて、多用されたキーワードのひとつが『ポーパシング現象』だ。グラウンドエフェクトを活用する今季の …

新規則の副作用『ポーパシング』への対応を迫られるF1チーム。フェラーリはすでに解決 | F1 | autosport web
 新世代F1マシンが初登場したバルセロナテストにおいて、多用されたキーワードのひとつが『ポーパシング現象』だ。グラウンドエフェクトを活用する今季のマシンの性格により、高速走行時にマシンが激しく上下に跳ねる現象に、どのチームも多かれ少なかれ苦しめられた。しかしフェラーリはすでにその問題を解決したと、マッティア・ビノット代...

アルファロメオF1が2022年型マシン『C42』を正式発表。全10チームの新車が出揃う | F1 …

2月27日、アルファロメオF1チーム・オーレンは2022年型マシン『C42』を正式に発表した。アルファロメオ以外の9チームはすでに新車発表を行っており、これで …

アルファロメオF1が2022年型マシン『C42』を正式発表。全10チームの新車が出揃う | F1 | autosport web
 2月27日、アルファロメオF1チーム・オーレンは2022年型マシン『C42』を正式に発表した。アルファロメオ以外の9チームはすでに新車発表を行っており、これで全チームの新マシンが出揃った。 2019年から3シーズンにわたってキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィのコンビを起用してきたアルファロメオ。ライコネンが...

好調マクラーレンF1、それでもリカルド「メルセデスとレッドブルは手札を隠している」と慎重

マクラーレンのダニエル・リカルドはF1プレシーズンテストを終え、2022年用マシンに「好印象」を抱いているとしながらも、まだその好調さに浮かれてはいない …

好調マクラーレンF1、それでもリカルド「メルセデスとレッドブルは手札を隠している」と慎重
マクラーレンのダニエル・リカルドはF1プレシーズンテストを終え、2022年用マシンに「好印象」を抱いているとしながらも、まだその好調さに浮かれてはいないと語った。

テストでトラブル続きのハースF1、代表はさほど悲観していない?「我々が最速ではないが最遅 …

ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、バルセロナテストでの周回数が不足しているにもかかわらず、新車VF-22のポテンシャルには「良い希望」が持てる …

テストでトラブル続きのハースF1、代表はさほど悲観していない?「我々が最速ではないが最遅でもないはず」
ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、バルセロナテストでの周回数が不足しているにもかかわらず、新車VF-22のポテンシャルには「良い希望」が持てると考えている。

アルファタウリF1代表 「2022年もホンダとの仕事は何も変わっていない」 【 F1-Gate .com 】

ホンダはF1から撤退したが、スクーデリア・アルファタウリのチーム代表を務めるフランツ・トストは、ホンダとの連携について何も変わっていないと語る。

アルファタウリF1代表 「2022年もホンダとの仕事は何も変わっていない」
ホンダはF1から撤退したが、スクーデリア・アルファタウリのチーム代表を務めるフランツ・トストは、ホンダとの連携について何も変わっていないと語る。ホンダは、カーボンニュートラルを実現するためのプロジェクトに焦点を移すために2021年シーズン限りでF1から撤退した。しかし、2021年以降、ホンダのF1への継続的な関与は強化...

【特集】F1ドライバーだって人の子! 世界最高峰の舞台で犯した“凡ミス”集 – Yahoo!ニュース

世界最高峰の舞台で戦うF1ドライバーであっても、人間である以上ミスはつきものだ。F1公式YouTubeで特集されたF1ドライバーの“凡ミス”10選を紹介する。

【特集】F1ドライバーだって人の子! 世界最高峰の舞台で犯した“凡ミス”集:前編(motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース
 世界最高峰の舞台で戦うF1ドライバーであっても、人間である以上ミスはつきものだ。F1公式YouTubeで特集されたF1ドライバーの“凡ミス”10選を紹介する。今回はその前編だ。

フェラーリ、多くのチームが苦しむ”ポーポイズ現象”を克服?「もはや問題ではない」

フェラーリは、バルセロナで行なわれたF1プレシーズンテストで多くのチームが苦しんだ、ポーポイズ現象を克服することができたと考えているようだ。

フェラーリ、多くのチームが苦しむ”ポーポイズ現象”を克服?「もはや問題ではない」
フェラーリは、バルセロナで行なわれたF1プレシーズンテストで多くのチームが苦しんだ、ポーポイズ現象を克服することができたと考えているようだ。

アルファタウリF1代表 「角田裕毅はフィジカル面を昨年から改善」 – F1-Gate.com

「F1カーを運転することがどれほどフィジカルなことであるかを過小評価しているのは裕毅だけではない」とフランツ・トストは2022年の最初のF1プレシーズンテスト …

アルファタウリF1代表 「角田裕毅はフィジカル面を昨年から改善」
スクーデリア・アルファタウリのチーム代表を務めるフランツ・トストは、角田裕毅はフィジカル面でも昨年から改善していると語る。昨年、ルーキーとしてアルファタウリF1に加わった角田裕毅は、F1への移行に苦労し、“予期しない”もしくは“以上”な出来事に「十分に迅速に適応」することができなかったと語っている。
タイトルとURLをコピーしました