第678回:各年代を象徴する比類なきレジェンドスーパーカー5選 【エディターから 一言】 – webCG

第678回:各年代を象徴する比類なきレジェンドスーパーカー5選 【エディターから一言】 – webCG

いつの時代もクルマ好きを魅了するスーパーカーのカテゴリーでは、これまで数多くの伝説的なモデルが、あたかも芸術作品のごとく生み出されてきた。

第678回:各年代を象徴する比類なきレジェンドスーパーカー5選 【エディターから一言】 - webCG
魅力的なモデルが、あたかも芸術作品のごとく生み出されてきたスーパーカーのカテゴリー。初めてスーパーカーと呼ばれたモデルが誕生した1960年代から2000年代まで、各年代を代表するアイコニックなスーパーカーを5台紹介する。

ワンメイクレースに挑む限定車「ランボルギーニ ディアブロ GTR」がアオシマ「ザ スーパーカー …

青島文化教材社の「ザ☆スーパーカー」シリーズに、レーシングカー「ディアブロGTR」登場!内外装の専用パーツを大幅に追加してのキット化!

ワンメイクレースに挑む限定車「ランボルギーニ ディアブロ GTR」がアオシマ「ザ☆スーパーカー」シリーズに参戦!!
青島文化教材社の「ザ☆スーパーカー」シリーズに、レーシングカー「ディアブロGTR」登場!内外装の専用パーツを大幅に追加してのキット化!

超モーレツな猛牛よ!! 超ド級なランボルギーニ・クンタッシの意外な歴史【いのうえ・こーいちの …

スーパーカーの頂点にあった「カウンタック」である。カウンタックという名前が「和製英語(和製イタリア語か?)」だというのはご存知だろうか。

超モーレツな猛牛よ!! 超ド級なランボルギーニ・クンタッシの意外な歴史【いのうえ・こーいちの名車探訪】 - 自動車情報誌「ベストカー」
70年代のスーパーカーブーム。様々なメーカーから多数の車が登場して人気を呼んだ。そのブームの頂点にあった『ランボルギーニ カウンタック』。速さを追求し続けたカウンタック(正確な発音は『クンタッシ』)の歴史を振り返る。

イタリアン・スーパーカーに後塵を 日産GT-R(R35型) 英国版中古車ガイド – Yahoo!ニュース

同時期に15万ポンド以上したイタリア製スーパーカーでも、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでは後塵を拝することになった。 フェラーリ458のベストラップ …

イタリアン・スーパーカーに後塵を 日産GT-R(R35型) 英国版中古車ガイド (AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
クルマ界のゴジラ、GT-R。1969年に登場した初代PGC10型スカイラインから、0-100km/h加速3.0秒を切る570psの四輪駆動マシンまで、50年以上の月日をかけて日産が育ててきた、高性能

アウディが生み出した最強のミッドシップスーパーカーが吠える!! 『MFゴースト』を彩る名車列伝 …

同作品に登場したクルマたちの世界観と魅力を読み解いていく本連載。第11回目となる今回は、ドイツの名門・アウディの頂点に立つスーパーカー、R8を取り上げたい …

アウディが生み出した最強のミッドシップスーパーカーが吠える!! 『MFゴースト』を彩る名車列伝11 アウディ R8 編(ベストカーWeb) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ次世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、13巻発売時点の現在で、ついに単行本累計発行部数320万部を突破した。 同作品に登場した...

2006フェラーリ575Mスーパーアメリカ落札ならず ノスタルジック2デイズ×ヤフオク(AUTOCAR …

自動車イベント「ノスタルジック2デイズ」と「コレクションカーオークション」のコラボレーションによりオークションが開催された。

2006フェラーリ575Mスーパーアメリカ落札ならず ノスタルジック2デイズ×ヤフオク(AUTOCAR JAPAN) - Yahoo!ニュース
自動車イベント「ノスタルジック2デイズ」と「コレクションカーオークション」のコラボレーションによりオークションが開催された。

クラウンセダン亡きあとの主役なのか!? レクサスのBEVスポーツセダン さらに新型SUV 次期LFAの …

そしてベストカーwebでは、次期クラウンはSUV化され、マジェスタが復活するスクープ情報 … その性能とデザインの美しさは「スーパーカー」の名に恥じない …

レクサスのBEVスポーツセダン さらに新型SUV 次期LFAの真相が見えてきた - 自動車情報誌「ベストカー」
「レクサスは2035年までに全車EV化する」というトヨタの発表をご存知の方も多いと思う。それに関連してか、今年2月9日にレクサスUSAが3種のEVを立て続けに発表した。そこで本企画、EV発表はなぜ今なのか、どういうことなのかを解説する!

今年はさらに“観るレース”としての魅力がアップ! 「GR86&BRZ」「MAZDA2」「トヨタ …

富士スピードウェイではシーズン開幕を前に、スーパー耐久の公式テストが開催され … いわば参加型のツーリングカーレースとして、1990年に始まったN1耐久 …

今年はさらに“観るレース”としての魅力がアップ! 「GR86&BRZ」「MAZDA2」「トヨタ・カローラ」のメーカー系チームに注目【スーパー耐久2022】(Auto Messe Web) - Yahoo!ニュース
 吹く風は相変わらず冷たいものの、快晴に恵まれた2月23日。富士スピードウェイではシーズン開幕を前に、スーパー耐久の公式テストが開催されました。先立って発表された2022年シーズンの年間エントリーリ

あまりに流行って「とりあえず付けとけ」感も! スポーツカー以外の「リトラクタブルヘッド …

この記事をまとめると リトラクタブルヘッドライトといえばスポーツカーの証 … スーパーカーの常識を覆した「デ・トマソ・パンテーラ」という欧米コラボ …

あまりに流行って「とりあえず付けとけ」感も! スポーツカー以外の「リトラクタブルヘッドライト」採用車 | ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~ AUTO MESSE WEB
国産車のリトラクタブルヘッドライト採用は、トヨタ2000GTに始まりFD型マツダRX−7で終わる。おもにスポーツカーに装備されてきたが、じつはファミリーカーのセダンやハッチバックにも取り入れられていた例もある。ここではリトラを採用した意外なクルマを紹介する。

鉄道のJRがボルボ! マツダがシトロエン! スズキがプジョー! ちょっと前まで … – WEB CARTOP

ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台 · #スーパーカー #国産車 #輸入車 · 名車揃いの「いすゞ」の乗用車にF1の …

鉄道のJRがボルボ! マツダがシトロエン! スズキがプジョー! ちょっと前までカオス状態だった日本の輸入車販売網
この記事をまとめると■マツダがシトロエンやランチアなどのイタフラ車を販売していた■スズキのGM車の取り扱いは有名だが、じつはプジョーも販売していた■近鉄モータースがリンカーン&マーキュリーを売り、ジェイアール東日本はサターンを販売かつての輸…
タイトルとURLをコピーしました