【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が 変更された …

【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更された …

マツダは従来モデルのユーザーにもこのアップデートをダウンロード可能とするプログラムを関係省庁と調整中で、実現すればテスラのEVのように …

【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは
マツダのコンパクトモデル、マツダ3が年次改良を実施。ハッチバックと4ドアセダンというボディバリエーションはそのままに、パワートレインやサスペンション、運転アシスト機能などにアップデートを加えた。中谷明彦さんによる試乗インプレッションをお届けしよう。

「マツダ3」、カナダの年間賞受賞

マツダは小型車「マツダ3」がカナダの「カー・オブ・ザ・イヤー2021」を受賞したと発表した。カナダで同車の販売を始めたのは2019年。デザイン.

「マツダ3」、カナダの年間賞受賞
マツダは小型車「マツダ3」がカナダの「カー・オブ・ザ・イヤー2021」を受賞したと発表した。カナダで同車の販売を始めたのは2019年。

「ボンゴブローニイ」が復活もOEM! 「マツダファン」は涙……かと思いきや「驚き」のメリット …

マツダ・ボンゴバンは1999年にフルモデルチェンジして登場したマツダオリジナルモデルが2020年まで生産された。トヨタ・タウンエースバンや日産 …

「ボンゴブローニイ」が復活もOEM! 「マツダファン」は涙……かと思いきや「驚き」のメリットが浮かんできた(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 マツダ・ボンゴブローニイというモデルをご存知だろうか。マツダ・ボンゴバンは1999年にフルモデルチェンジして登場したマツダオリジナルモデルが2020年まで生産された。トヨタ・タウンエースバンや日産

【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更された …

マツダは従来モデルのユーザーにもこのアップデートをダウンロード可能とするプログラムを関係省庁と調整中で、実現すればテスラのEVのように最新 …

【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは(WEB CARTOP) - Yahoo!ニュース
 2019年の5月に登場し、2020年には「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を獲得するなど100周年を迎えたマツダのクルマ作りの節目となるモデルとなったマツダ3。

マツダ3、カナダ・カー・オブ・ザ・イヤーを2年連続受賞

マツダは4月13日、『マツダ3』がカナダ・カー・オブ・ザ・イヤー2021(カナダ自動車ジャーナリスト協会主催)を受賞したと発表した。

マツダ3、カナダ・カーオブザイヤーを受賞 2年連続 | レスポンス(Response.jp)
マツダは4月13日、『マツダ3』がカナダ・カー・オブ・ザ・イヤー2021(カナダ自動車ジャーナリスト協会主催)を受賞したと発表した。

【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更された …

2019年の5月に登場し、2020年には「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を獲得するなど100周年を迎えたマツダのクルマ作りの節目と …

【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは
マツダのコンパクトモデル、マツダ3が年次改良を実施。ハッチバックと4ドアセダンというボディバリエーションはそのままに、パワートレインやサスペンション、運転アシスト機能などにアップデートを加えた。中谷明彦さんによる試乗インプレッションをお届けしよう。

免許を取っても乗るのはハッチバックやSUV! それでも「教習車」に不人気な「セダン」が選ば …

それでも「教習車」に不人気な「セダン」が選ばれるワケ. 投稿日: 2021年4月18日 TEXT: 小鮒康一 PHOTO: トヨタ/マツダ/WEB CARTOP.

免許を取っても乗るのはハッチバックやSUV! それでも「教習車」に不人気な「セダン」が選ばれるワケ
今ではすっかり過去のボディタイプとなってしまった感のあるセダン。しかし、教習車においてはまだセダンが主流となっている。免許を取得したあとにセダンに乗る人は少ないだろうが、なぜセダンがいまだに教習車として用いられているのだろうか。

たった44台の激レアロータリー市販車! ライバル車の倍の価格で登場した衝撃の「マツダパーク …

生産台数たった44台の超希少なマイクロバス! 2020年に創立100周年を迎えたマツダ。三輪トラックやコルク製品、削岩機などさまざまなものを手がけ …

たった44台の激レアロータリー市販車! ライバル車の倍の価格で登場した衝撃の「マツダパークウェイ」とは
2020年に創立100周年を迎えたマツダはロータリーエンジンにこだわりを持つメーカーとしても有名だ。一時期は全車ロータリー化を目指していた節もある。その表れのひとつがマイクロバスのパークウェイへの搭載だ。パークウェイとはどんなモデルだったのだろうか。
タイトルとURLをコピーしました