ホンダF1撤退後も「何も変わっていない」とアルファタウリのボス(TopNews) – Yahoo !ニュース

ホンダF1撤退後も「何も変わっていない」とアルファタウリのボス(TopNews) – Yahoo!ニュース

アルファタウリのチーム代表を務めるフランツ・トストが、ホンダがF1から去ったとは“感じていない”ことを認めた。 ホンダは公式には2021年シーズンを最後 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ホンダ新型NT1100がデビューし、CB1300はファイナルエディションに!? その因果関係とは …

3月17日の発売に先駆け、ホンダが新型NT1100の試乗会を実施した。NT=ニューツアラー(New Tourer)という新しい大型のスポーツツーリングモデルで、CRF1100 …

ホンダ新型NT1100がデビューし、CB1300はファイナルエディションに!? その因果関係とは? - 自動車情報誌「ベストカー」
試乗するとNT1100は素晴らしいスポーツツアラーだった。ツアラーとしては十分CB1300スーパーボルドールをカバーするが、「プロジェクトBIG-1」のスピリットは30周年記念のファイナルエディションとともに有終の美を飾るだろう。

ホンダ新型「ステップワゴン」がクロスオーバー風で"ギア感"演出!? メタルな上質カスタムが超 …

2022年春に発売予定のホンダ新型「ステップワゴン」にはふたつの純正アクセサリーが設定されます。「エアー」「スパーダ」それぞれに用意されたカスタム仕様 …

ホンダ新型「ステップワゴン」がクロスオーバー風で“ギア感”演出!? メタルな上質カスタムが超クール!
2022年春に発売予定のホンダ新型「ステップワゴン」にはふたつの純正アクセサリーが設定されます。「エアー」「スパーダ」それぞれに用意されたカスタム仕様はどのようなものなのでしょうか。

ツアー初優勝で“祭典”出場決めたセップ・ストラカとはどんな選手か – ゴルフニュース

米国男子◇ザ・ホンダクラシック 最終日(27日)◇PGAナショナルリゾート&スパ(フロリダ州)◇7158yd(パー70) 「信じられない。クレイジーだよ、本当に …

ツアー初優勝で“祭典”出場決めたセップ・ストラカとはどんな選手か
◇米国男子◇ザ・ホンダクラシック 最終日(27日)◇PGAナショナルリゾート&スパ(フロリダ州)◇7158yd(パー70) 「信じられない。クレイジーだよ、本当にクレイジーだ」。大逆転でオーストリア勢として初のツアー優勝を果たしたセップ・ストラカ。ツアーでは無名だった28歳が歓喜のあまり口にした「スゴイ」「ヤバイ」とい...

カクつきボディのホンダ新型「ステップワゴン」はHV仕様に熱視線!? 一部で「高すぎでは?」の声も

ホンダが2022年春に発表・発売を予定している新型「ステップワゴン」は、ハイブリッド仕様とガソリン仕様のふたつが全タイプで選択できます。

カクつきボディのホンダ新型「ステップワゴン」はHV仕様に熱視線!? 一部で「高すぎでは?」の声も
ホンダが2022年春に発表・発売を予定している新型「ステップワゴン」は、ハイブリッド仕様とガソリン仕様のふたつが全タイプで選択できます。ユーザーは、もし購入するとしたらどちらを魅力的に思っているのでしょうか。

カクつきボディのホンダ新型「ステップワゴン」はHV仕様に熱視線!? 一部で「高すぎでは?」の声 …

ホンダが、2022年春に発表・発売予定としている新型「ステップワゴン」は、全長が4800mm以上になるなどボディが大型化したほか、ボックススタイルの外観も …

カクつきボディのホンダ新型「ステップワゴン」はHV仕様に熱視線!? 一部で「高すぎでは?」の声も(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ホンダが、2022年春に発表・発売予定としている新型「ステップワゴン」は、全長が4800mm以上になるなどボディが大型化したほか、ボックススタイルの外観も特徴的で、すでに多くの注目を集めています。

’22モトGP開幕直前! ホンダプレイバック【マルケス低調でRC213Vの課題が明確に】 WEBヤング …

ホンダ開発チームへのインタビューをもとに、元GPライダーの青木宣篤氏が分析する。 ○文/まとめ:ヤングマシン編集部(高橋剛) ○取材協力:ホンダ. 【解説:青木 …

’22モトGP開幕直前! ホンダプレイバック【マルケス低調でRC213Vの課題が明確に】
圧倒的な技術力を備えているホンダが、まさかの苦戦…。モトGP’21シーズンのホンダは、マルク・マルケスが3勝を挙げたものの、低調に終わった。絶対王者マルケスに負傷の影響が残り、本調子を取り戻せない中、開発チームには今までとは違う

初代オーナーも感涙!? CBR1000RR-R 30周年記念車と同カラーのライディングギア登場! WEB …

ホンダモーターサイクルジャパンは、2022年4月18日に受注期間限定で発売 … 外部リンク: Honda ライディングギア(紹介のみ)、HondaGO BIKE GEAR(3/14 …

初代オーナーも感涙!? CBR1000RR-R 30周年記念車と同カラーのライディングギア登場!
ホンダモーターサイクルジャパンは、2022年4月18日に受注期間限定で発売する「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」のカラーリングに合わせたライディングギアを発表した。また、3月10日に発売の

ホンダ・アコード300km試乗インプレ:そのスポーティさと上質感は乗ればわかる。だが乗ら …

ホンダ・アコード乗ればわかる。だが乗らなければわからない。【今や絶滅危惧種!? 歴史あるニッポンのミドルラージセダン】 …

ホンダ・アコード300km試乗インプレ:そのスポーティさと上質感は乗ればわかる。だが乗らなければわからない。ホットな「2.0T」の日本導入を!
約半世紀の歴史を持ちながら、次の世代へのフルモデルチェンジが危ぶまれている国産セダン。今後も生き残っていくためには、どのように進化すれば良いのだろうか? 「今や絶滅危惧種!? 歴史あるニッポンのミドルラージセダン」と題したこの企画、1台目は1976年に初代発売以降10代45年の歴史を持つホンダのDセグメントセダン「アコ...

フェラーリ、2022年型F1パワーユニットでメルセデスとホンダに匹敵 – F1-Gate.com

V6ターボハイブリッドエンジンが導入されて以来、メルセデスが支配していたが、ホンダは2021年に真のライバルとして浮上し、レッドブルのマックス・ …

フェラーリ、2022年型F1パワーユニットでメルセデスとホンダに匹敵
フェラーリの2022年のF1パワーユニットは、メルセデスとホンダと同じレベルまで進歩を果たしていると報じられている。2022年のF1世界選手権は、18インチタイヤを装着した新しい外観の次世代F1マシンが導入されたが、これらの車に動力を供給するエンジンにも大きな作業が行われている。
タイトルとURLをコピーしました