次回のF1テストでは勢力図が見えてくる? フェラーリのサインツJr.「僕らの位置 がサッパリ分から …

次回のF1テストでは勢力図が見えてくる? フェラーリのサインツJr.「僕らの位置がサッパリ分から …

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、カタルニア・サーキットで行なわれたF1プレシーズンテストは好調であったものの、チームがどの辺りに位置している …

次回のF1テストでは勢力図が見えてくる? フェラーリのサインツJr.「僕らの位置がサッパリ分からない」
フェラーリのカルロス・サインツJr.は、カタルニア・サーキットで行なわれたF1プレシーズンテストは好調であったものの、チームがどの辺りに位置しているのかは「全く分からない」と語った。

フェラーリ、2022年型F1パワーユニットでメルセデスとホンダに匹敵 – F1-Gate.com

フェラーリの2022年のF1パワーユニットは、メルセデスとホンダと同じレベルまで進歩を果たしていると報じられている。2022年のF1世界選手権は、18インチ …

フェラーリ、2022年型F1パワーユニットでメルセデスとホンダに匹敵
フェラーリの2022年のF1パワーユニットは、メルセデスとホンダと同じレベルまで進歩を果たしていると報じられている。2022年のF1世界選手権は、18インチタイヤを装着した新しい外観の次世代F1マシンが導入されたが、これらの車に動力を供給するエンジンにも大きな作業が行われている。

メルセデスでの初テストを終えたジョージ・ラッセル「フェラーリやマクラーレンは強そうだ …

しかし、フェラーリとマクラーレンの速さも警戒しており、今年は複数のチーム間の戦いが激しくなりそうだ。 □ジョージ・ラッセル「フェラーリや …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

フェラーリF1代表 「ポーポイズ現象はすでに解決できている」 – F1-Gate.com

スクーデリア・フェラーリは、先週のF1バルセロナテストで多くのチームが苦しだポーポイズ現象を解決できたと自信をみえる。フェラーリ F1-75は、 …

フェラーリF1代表 「ポーポイズ現象はすでに解決できている」
スクーデリア・フェラーリは、先週のF1バルセロナテストで多くのチームが苦しだポーポイズ現象を解決できたと自信をみえる。フェラーリ F1-75は、カタルーニャ・サーキットのストレートでマシンが過度にバウンシングすることに苦労していた。F1が公開したビデオでは、シャルル・ルクレールがポーポイズ現象を経験しているシーンが示さ...

【津川哲夫F1新車私的解説】フェラーリのBチーム脱却へ。明確に見えたアルファ … – autosport web

2021年シーズンまでのアルファロメオはスクーデリア・フェラーリのBチーム的ポジションでマシン製作を行っていた。実際、パワーユニットとギヤボックス、 …

【津川哲夫F1新車私的解説】フェラーリのBチーム脱却へ。明確に見えたアルファロメオF1『C42』の独自性 | F1 | autosport web
 2月23〜25日にカタロニア・サーキットで行われた第1回プレシーズンテストでは迷彩柄をまとい、周回を重ねていたアルファロメオF1チーム・オーレンの新車『C42』。テスト終了後の27日に、ようやくオンライン上で正式発表を迎えた。

【津川哲夫F1新車私的解説】フェラーリのBチーム脱却へ。明確に見えたアルファロメオF1『C42 …

アルファロメオは依然としてフェラーリPUユーザーだが、『C42』のリヤサスペンションはフェラーリ『F1-75』とは異なりプッシュロッド式を選択している。

【津川哲夫F1新車私的解説】フェラーリのBチーム脱却へ。明確に見えたアルファロメオF1『C42』の独自性(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 2月23~25日にカタロニア・サーキットで行われた第1回プレシーズンテストでは迷彩柄をまとい、周回を重ねていたアルファロメオF1チーム・オーレンの新車『C42』。テスト終了後の27日に、ようやくオ

新規則の副作用『ポーパシング』への対応を迫られるF1チーム。フェラーリはすでに解決 | F1 …

… マシンが激しく上下に跳ねる現象に、どのチームも多かれ少なかれ苦しめられた。しかしフェラーリはすでにその問題を解決したと、マッティア・ビノット代.

新規則の副作用『ポーパシング』への対応を迫られるF1チーム。フェラーリはすでに解決 | F1 | autosport web
 新世代F1マシンが初登場したバルセロナテストにおいて、多用されたキーワードのひとつが『ポーパシング現象』だ。グラウンドエフェクトを活用する今季のマシンの性格により、高速走行時にマシンが激しく上下に跳ねる現象に、どのチームも多かれ少なかれ苦しめられた。しかしフェラーリはすでにその問題を解決したと、マッティア・ビノット代...

新規則の副作用『ポーパシング』への対応を迫られるF1チーム。フェラーリはすでに解決(オート …

2022年F1バルセロナテスト3日目 シャルル・ルクレール(フェラーリ) … しかしフェラーリはすでにその問題を解決したと、マッティア・ビノット代表は言う …

新規則の副作用『ポーパシング』への対応を迫られるF1チーム。フェラーリはすでに解決(オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース
 新世代F1マシンが初登場したバルセロナテストにおいて、多用されたキーワードのひとつが『ポーパシング現象』だ。グラウンドエフェクトを活用する今季のマシンの性格により、高速走行時にマシンが激しく上下に

Ferrari 2022年秋冬コレクション – Hypebeast

Rocco Iannone(ロッコ・イアンノーネ)が手掛ける「Ferrari(フェラーリ)」が、ミラノ・ファッションウィークにて2022年秋冬コレクションを発表。

Ferrari 2022年秋冬コレクション
ミラノの産業を象徴する『Fiera Milano City』でお披露目されたコレクションは、テーラリングとテクノロジーや流動性と複合性を融合させた未来的なイメージのピースが登場

フェラーリの新型!? マセラティ「グランツーリズモ」次期型、市販型デザインが初露出 | clicccar.com

また、低いノーズ、ベントを備えるボンネットなど、フェラーリ「599GTBフィオラノ」を彷彿させるエクステリアが確認できます。

フェラーリの新型!? マセラティ「グランツーリズモ」次期型、市販型デザインが初露出 | clicccar.com
■「599GTBフィオラノ」を彷彿させるエクステリア マセラティが開発中の2ドアスポーツカー「グランツーリズモ」次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。
タイトルとURLをコピーしました