軽自動車EVに再挑戦する日産・三菱の勝算 – : – 鈴木ケンイチ「自動車市場を読み 解く」 – ITmedia

軽自動車EVに再挑戦する日産・三菱の勝算 – : – 鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」 – ITmedia

… する」という日産の電動化ロードマップの一里塚の一つとなるものです。 2019年の東京モーターショーに出品された軽EVのコンセプトカー「ニッサンIMk」 …

軽自動車EVに再挑戦する日産・三菱の勝算
近々、日産と三菱自動車から、軽自動車のEVが発売される予定です。ただし、軽自動車規格のEVは、なにも今回が世界初というわけではありません。

軽自動車EVに再挑戦する日産・三菱の勝算(ITmedia ビジネスオンライン) – Yahoo!ニュース

2019年の東京モーターショーに出品された軽EVのコンセプトカー「ニッサンIMk」. 近々、日産と三菱自動車から、軽自動車のEVが発売される予定です。

軽自動車EVに再挑戦する日産・三菱の勝算(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース
 近々、日産と三菱自動車から、軽自動車のEVが発売される予定です。日産と三菱自動車は、2021年8月に「共同プロジェクトとしてNMKVで企画・開発を進めている新型の軽クラスの電気自動車(EV)を、2

15台が参加したスーパーGT GT500クラス鈴鹿メーカーテスト。新色に彩られた車両も登場 …

また、ニッサンZ GT500はニスモ開発車両の230号車を含む3台が参加した。 2月6日に開催された『ホンダレーシングサンクスデー2021-2022』で『NSXタイプS』 …

15台が参加したスーパーGT GT500クラス鈴鹿メーカーテスト。新色に彩られた車両も登場(AUTOSPORT web)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
 3月3日より2日間にわたり、鈴鹿サーキットでスーパーGT GT500クラスに参戦する3メーカーの計15台の車両が参加するホンダ主催のメーカーテストが行われた。ホンダNSX-GT勢はHRD開発車両の99号車を含む6台が参加し、トヨタGRスー...(ヘッドライン)
タイトルとURLをコピーしました