ポルシェ 911「オールラウンドモデル」いよいよ登場か? ハイブリッドの可能性も

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

ポルシェ 911「オールラウンドモデル」いよいよ登場か? ハイブリッドの可能性も

ポルシェ『911』シリーズに追加されることが決定している「オールラウンドモデル」、その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」が捉えた …

ポルシェ 911「オールラウンドモデル」いよいよ登場か? ハイブリッドの可能性も | レスポンス(Response.jp)
ポルシェ『911』シリーズに追加されることが決定している「オールラウンドモデル」、その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」が捉えた。その全貌がいよいよ見えてきた。

ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(前編)

漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、ポルシェの2シーターミドシップクーペ「718ケイマンGTS 4.0」。4気筒版 …

ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(前編) - webCG
漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、ポルシェの2シーターミドシップクーペ「718ケイマンGTS 4.0」。4気筒版の「GTS」に対し35PS増しとなる、最高出力400PSの4リッター水平対向6気筒NA+6段MTの印象は?

完全な電気自動車なのになぜ? ポルシェ・タイカンに「ターボ」というグレードが存在する謎 (1/2 …

いまや世のなかは電動化一辺倒で、スーパーカーブランドでも電気自動車を設定しないと生き残れない時代になっている。たとえば、ポルシェも …

完全な電気自動車なのになぜ? ポルシェ・タイカンに「ターボ」というグレードが存在する謎
世界のクルマ好きを魅了するポルシェ。伝統を受け継ぐ911のほか、SUVのカイエン、電気自動車のタイカンなどさまざまなモデルがラインアップされている。いま注目のタイカンには、最上級グレードとしてターボの名を付けたモデルがある。エンジンを搭載していないのになぜなのだろうか?

ポルシェ・タイカンのド派手でトロピカルなアートカー、その落札価格は?

RMサザビーズがポルシェ・シュバイツと提携し、4月6日から13日にかけてオンラインのみで実施したオークション「PORSCHE TAYCAN CHARITY …

ポルシェ・タイカンのド派手でトロピカルなアートカー、その落札価格は? | octane.jp | Fuelling the Passion - 車に情熱を!-
RMサザビーズがポルシェ・シュバイツと提携し、4月6日から13日にかけてオンラインのみで実施したオークション「PORSCHE TAYCAN CHARITY ARTCAR」に、リチャード・フィリップスによる見事なアートが施されたポルシェタイカ

ポルシェ911 GT3の鍛え方。エンジンテストから風洞実験まで、開発の舞台裏を追う

ポルシェ ジャパンは992型ベースの「911 GT3」の国内予約受注を2021年4月7日にスタートした。6速MTと7速PDKの2タイプをラインナップし、車両 …

ポルシェ911 GT3の鍛え方。エンジンテストから風洞実験まで、開発の舞台裏を追う - GENROQ Web(ゲンロク ウェブ)
Porsche 911 GT3 ポルシェ911 GT3   &nbsp ...

車のブレーキ音なぜ煩くなる? ポルシェは「安全のため」 キーと鳴く理由

ポルシェは「安全のため」 キーと鳴く理由. 2021/04/18 07:30 くるまのニュース. 1/ …

車のブレーキ音なぜ煩くなる? ポルシェは「安全のため」 キーと鳴く理由(くるまのニュース)(ヘッドライン) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
■ブレーキが鳴るのは当たり前? クルマの運転中、ブレーキを踏み込むことで聞こえる「キィー」というブレーキ鳴きの金属音。なぜこのような異音が発生するのでしょうか。 走行中に使用するフットブレーキには、ディスクブレーキとドラムブレーキのふたつの...(ヘッドライン)

地球環境を考える「アースデイ東京2021」始まる

このうち、自動車メーカー・ポルシェの日本法人は、ガソリンを使わず電気だけで走行する最新のスポーツカーを展示し、訪れた人たちは車に試乗し …

エラー - NHK
タイトルとURLをコピーしました