ホンダ新型「ステップワゴン」採用で話題! 「ボタン式シフト」実際どう思う? 賛否分裂な …

ホンダ新型「ステップワゴン」採用で話題! 「ボタン式シフト」実際どう思う? 賛否分裂な …

また、2022年春に発売が予定されているホンダ新型「ステップワゴン」には、6代目として初採用となるボタン式シフト(正式名:エレクトリックギアセレクター)が …

ホンダ新型「ステップワゴン」採用で話題! 「ボタン式シフト」実際どう思う? 賛否分裂なユーザーのリアルな意見とは?「進化受け入れるべき」の声も(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース
 ひと昔前まで、AT車のシフト方式はレバーを前後に動かすタイプが一般的でした。  そんななか、最近ではシフト方式が多様化しており、「ボタン式シフト」や「電制式シフト(いわゆるプリウス式シフト)」な

ソニーとホンダが連携、電気自動車の合弁会社設立(朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュース

日本の完成車メーカーのホンダとIT企業のソニーが電気自動車開発と販売に向け手を握った。NHKなどが4日に報じた内容によると、両社は今年中に電気自動車の …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ホンダとソニーがEVを共同開発し、初期モデルはホンダが製造を担う | clicccar.com

ホンダとソニーが手を組んだ! 近未来のEV戦略に期待!! 2022年3月4日(金)、ホンダとソニーによるEVの共同開発、販売というニュースが飛び込んできました。

ホンダとソニーがEVを共同開発し、初期モデルはホンダが製造を担う | clicccar.com
■ホンダとソニーが手を組んだ! 近未来のEV戦略に期待!! 2022年3月4日(金)、ホンダとソニーによるEVの共同開発、販売というニュースが飛び込んできました。

ホンダ新型ツアラー「NT1100」の国内モデル登場! アフリカツインベースでDCT標準装備 …

外部リンク: Honda ホンダは、アフリカツインのエンジンとフレームをベースにスポーツツアラーへと仕立てた新型マシン「NT1100」の日本仕様を正式発表した。

ホンダ新型ツアラー「NT1100」の国内モデル登場! アフリカツインベースでDCT標準装備 | Webike Plus
●外部リンク: Honda ホンダは、アフリカツインのエンジンとフレームをベースにスポーツツアラーへと仕立てた新型マシン「NT1100」の日本仕様を正式発表した。欧州仕様で標準装備されたパニアケースはオプション設定となり、ラインナップはDC

ホンダCR-V次期型はこうなる!特許画像から再現 | clicccar.com

日本市場では、すでに後継モデルを開発中 ホンダは現在、クロスオーバーSUV「CR-V」次期型を開発中ですが、その予想CGをロシアのカーメディア「KOLES.

ホンダCR-V次期型はこうなる!特許画像から再現 | clicccar.com
■日本市場では、すでに後継モデルを開発中 ホンダは現在、クロスオーバーSUV「CR-V」次期型を開発中ですが、その予想CGをロシアのカーメディア「KOLES.RU」から入手しました。

ソニーとホンダ、EV事業などモビリティ分野で提携…それぞれの思惑 | レスポンス(Response.jp)

ソニーグループとホンダは3月4日、ソニーの本社で共同記者会見を行い、電気自動車(EV)事業などモビリティ分野で提携すると発表した。2022年中に合弁会社を …

ソニーとホンダ、EV事業などモビリティ分野で提携…それぞれの思惑 | レスポンス(Response.jp)
ソニーグループとホンダは3月4日、ソニーの本社で共同記者会見を行い、電気自動車(EV)事業などモビリティ分野で提携すると発表した。2022年中に合弁会社を設立して、25年にEVをホンダの工場で製造し販売する。

ホンダとソニー、夢のタッグが開発するBEVはどんなクルマになるか? ホンダはなにを得るのか …

ホンダとソニーが新時代のモビリティとモビリティサービスの創造に向けて戦略的な提携に向けた協議・検討を進めると発表した。両社で新会社を設立し、EVを …

ホンダとソニー、夢のタッグが開発するBEVはどんなクルマになるか? ホンダはなにを得るのか?
ホンダとソニーが新時代のモビリティとモビリティサービスの創造に向けて戦略的な提携に向けた協議・検討を進めると発表した。両社で新会社を設立し、EVを共同開発、25年に発売するという。どんなクルマになるのか?

ソニー・ホンダ、創業時のスピリッツ再起へタッグ – 日本経済新聞

ソニーグループとホンダが電気自動車(EV)の分野で提携した。本体から独立した共同出資会社を2022年中に設け、技術者が創造的に設計・開発できる自由な環境 …

ソニー・ホンダ、創業時のスピリッツ再起へタッグ
ソニーグループとホンダが電気自動車(EV)の分野で提携した。本体から独立した共同出資会社を2022年中に設け、技術者が創造的に設計・開発できる自由な環境を整える。両社のEV戦略に漂う停滞感を打破し、技術や事業モデルの開発スピードを上げる。自動車産業が100年に1度といわれる変革期を迎えるなか、ソニーとホンダが創業時のス...

ホンダ 次期型CR-Vの特許画像がリーク!しかし日本では現行で終了予定… – MOBY

ホンダのSUV「CR-V」の次期型と思われる特許画像がリークされました。現行のCR-Vは5代目で、まもなくフルモデルチェンジを迎えて6代目へと移行しようとして …

ホンダ 次期型CR-Vの特許画像がリーク!しかし日本では現行で終了予定… | MOBY [モビー]
ホンダのSUV「CR-V」の次期型と思われる特許画像がリークされました。現行のCR-Vは5代目で、まもなくフルモデルチェンジを迎えて6代目へと移行しようとしています。MOBYでも以前、開発車両のスクープ情報をお伝えしていますが、今回入手した特許画像はこの開発車両の市販型デザインを示しているものと思われます。

2022年型ホンダRC213Vは何が変わったのか? – Webike Plus

まずバイクの骨格となるフレームだが、ホンダはプレシーズンテストの中でおそらく3種類のフレームをテストしていたようだ。各テストに登場したバイクの …

2022年型ホンダRC213Vは何が変わったのか? | Webike Plus
2022年型RC213Vは今年大きく姿を変えた。2021年型から引き継いでいそうな部分はほとんど見受けられないと言えるほどの大改造となっているが、具体的にそれぞれのパートに着目して見ていこう。 フレーム まずバイクの骨格となるフレームだが、
タイトルとURLをコピーしました