スバル、1社のみ下方修正 高いブランド力もあだ

スバル、1社のみ下方修正 高いブランド力もあだ

SUBARU(スバル)が半導体不足に苦しんでいる。必要な数を確保できず減産を強いられ、2022年3月期の連結純利益予想を引き下げた。利益予想の下方修正は日本 …

スバル、1社のみ下方修正 高いブランド力もあだ
SUBARU(スバル)が半導体不足に苦しんでいる。必要な数を確保できず減産を強いられ、2022年3月期の連結純利益予想を引き下げた。利益予想の下方修正は日本の自動車大手7社では1社のみ。その理由を探ると生産拠点が限られることなどに加え、同社の強みが一因となった構図が浮かぶ。スバルは2月上旬、22年3月期の純利益予想(国...

スバルが経理基盤を刷新–時流の変化に対応できる体制づくりに向けて – ZDNet Japan

SUBARUは2021年4月、国内自動車メーカーで初めてERP「SAP S/4 HANA Cloud」を経理領域で本稼動させた。順調な運用が確認されており、既に経理/税務品質の …

スバルが経理基盤を刷新--時流の変化に対応できる体制づくりに向けて
SUBARUは2021年4月、国内自動車メーカーで初めてERP「SAP S/4 HANA Cloud」を経理領域で本稼動させた。順調な運用が確認されており、既に経理/税務品質の向上・リスク低減、業務負荷の削減といった効果が出ているという。

スバルの2022年モデルが米国IIHSの安全性評価で6つの賞を獲得! | Motor-Fan[モーターファン]

スバルはこのほど、米国で販売している2022年モデルがIIHS(米国道路安全保険協会)によって行われた安全性評価において、4つの「TSP+(トップセイフティ …

スバルの2022年モデルが米国IIHSの安全性評価で6つの賞を獲得!
スバルはこのほど、米国で販売している2022年モデルがIIHS(米国道路安全保険協会)によって行われた安全性評価において、4つの「TSP+(トップセイフティピックプラス)」とふたつの「TSP(トップセイフティピック)」の計6つの賞を獲得したと発表した。各賞の獲得車種は以下のとおり。

バシッと止まるキレキレの低域…スバル レヴォーグ 前編[インストール・レビュー]

バシッと止まるキレキレの低域…スバル レヴォーグ 前編[インストール・レビュー] · シルバー仕上げのシンプル形状のバッフルにミッドバスを取り付けでキレの …

バシッと止まるキレキレの低域…スバル レヴォーグ 前編[インストール・レビュー] | レスポンス(Response.jp)
ベテランオーナーである牧野さんが愛車のレヴォーグに対して落ち着いたデザインで高音質オーディオを組み上げた。お気に入りのモレルを中心にシステムを構築。大人のデザインを標榜して茨城県のSOUND WAVEによる上質な取り付けを実践した。

スバルが米「IIHS」の自動車アセスメントで快挙!4車が「トップセイフティピック … – Clicccar

スバルのTSP+獲得は、累計61で単一ブランドとして最多 2022年3月7日(月)、SUBARUは、アメリカのIIHS(道路安全保険協会)による2022年の安全性評価 …

スバルが米「IIHS」の自動車アセスメントで快挙!4車が「トップセイフティピックプラス(TSP+)」2車が「トップセイフティピック(TSP)」を獲得! | clicccar.com
■スバルのTSP+獲得は、累計61で単一ブランドとして最多 2022年3月7日(月)、SUBARUは、アメリカのIIHS(道路安全保険協会)による2022年の安全性評価において、4モデルが「トップセイフティピックプラス(TSP+)」、2モデルが「トップセイフティピック(TSP)」を獲得したと発表しました。

スバルが経理基盤を刷新–時流の変化に対応できる体制づくりに向けて – Yahoo!ニュース

SAPジャパンはSUBARUが2021年4月、国内自動車メーカーで初めて統合基幹業務システム(ERP)「SAP S/4 HANA Cloud」を経理領域で本稼動させたと発表した。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

スバル、「ブランド力」裏目に – 日本経済新聞

SUBARU(スバル)が半導体不足に苦しんでいる。必要な数を確保できず減産を強いられ、2022年3月期は日本の自動車大手7社で唯一、利益予想を下方修正した。

スバル、「ブランド力」裏目に
SUBARU(スバル)が半導体不足に苦しんでいる。必要な数を確保できず減産を強いられ、2022年3月期は日本の自動車大手7社で唯一、利益予想を下方修正した。生産拠点が日米に限られていることに加え、皮肉にも「ブランド力」という同社の強みも収益の足を引っ張った。2月上旬、今期純利益を350億円下方修正し、前期比2%減の75...

スバル レガシィやアセント 米IIHS安全性評価で6つの賞獲得 | 中古車なら【グーネット】

スバルは3月7日、米国で販売している2022年モデルが、米国IIHS(Insurance Institute for Highway … スバル クロストレック ハイブリッド(米国仕様車).

スバル レガシィやアセント 米IIHS安全性評価で6つの賞獲得 | 中古車なら【グーネット】
2013年からの累計TSP+獲得数は単一ブランドとして最多の61に。

これいい! 話題になってないけど超いい!! 名門レガシィ最後の砦「新型アウトバック」時流に逆らう …

スバルのフラッグシップモデルは日本市場においてレガシィとなっている。しかし、セダンのB4は2020年に生産終了となり、とうとうスバルの伝統のネーミングを …

レガシィ最後の砦「新型アウトバック」時流に逆らう背の低いSUVの魅力とは? - 自動車情報誌「ベストカー」
 スバルのフラッグシップモデルは日本市場においてレガシィとなっている。しかし、セダンのB4は2020年に生産終了となり、とうとうスバルの伝統のネーミングを引き継ぐのはアウトバックだけとなった。  現行モデルのアウトバックは北米市場では202…

ヤマハ発動機製のEVユニット4基を積むスバル「STI E-RA CONCEPT」は – Clicccar

現在、化石燃料を使わないEVモータースポーツには、フォーミュラEというカテゴリーがあります。スバルらしく、2シーターのGTカーでのチャレンジに照準を合わせた …

ヤマハ発動機製のEVユニット4基を積むスバル「STI E-RA CONCEPT」は、ニュルブルクリンク北コースでの6分40秒切りを掲げる | clicccar.com
■モーターは、4基搭載で計800kW(1,088PS)に達する 今回のヤマハ発動機 広報グループによるニュースレターのテーマは、「東京オートサロン2022」に出展されたSUBARU(STI)の「STI E-RA CONCEPT」。この「STI E-RA
タイトルとURLをコピーしました