国内デビューがみえてきた! 新型「スバル・アウトバック」はここに注目

この記事は投稿してから3ヶ月以上経っているので情報が古くなっている恐れがあります

国内デビューがみえてきた! 新型「スバル・アウトバック」はここに注目

新型アウトバックの国内仕様の発売を待ち焦がれるスバルファンは、一連の報道にやきもきしているのだ。 今回発表されたアウトバック ウィルダネスの …

国内デビューがみえてきた! 新型「スバル・アウトバック」はここに注目 - webCG
スバルの新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」が米国でデビュー。その一方で、かの地で先行発売された新型「アウトバック」の国内販売がみえてきた。これら2モデルの注目すべきポイントとは?

スバル新型「BRZ」は9年ぶり全面刷新でどう変化? 令和のスポーツカーにふさわしい進化とは

スバルが2021年夏に発売する新型「BRZ」は、9年ぶりの全面刷新でどう進化したのでしょうか。初代モデルと比較していきます。 tags: スバル …

スバル新型「BRZ」は9年ぶり全面刷新でどう変化? 令和のスポーツカーにふさわしい進化とは
スバルが2021年夏に発売する新型「BRZ」は、9年ぶりの全面刷新でどう進化したのでしょうか。初代モデルと比較していきます。

【プロが選ぶ最強のお買い得車|スバル・インプレッサ STIスポーツ】STIチューンの足まわりが …

スバルとなると、4WD仕様が気になるだろうが、インプレッサはNAエンジン。ここはFFがベターだし、その軽快な走りは癖になる。FFのスポーツ …

【プロが選ぶ最強のお買い得車|スバル・インプレッサ STIスポーツ】STIチューンの足まわりが絶品! 軽快な走りがクセになる|ハッチバック|Motor-Fan[モーターファン]
エンジニアからエディターへ転身し、現在は多くの媒体で執筆活動を行う大音安弘さんが選んだ「最強のお買い得車」は、スバル・インプレッサ STIスポーツ、シトロエンC3シャイン、日産GT-R ピュアエディション。なかでもSTIスポーツはFFモデルの軽快な走りSTIチューンの足まわりとマッチしていてオススメだ。 TEXT...

2022年度新卒採用計画…三菱自とスズキ「増やす」、ホンダ、日産、スバル「未定」、トヨタは …

三菱自とスズキ「増やす」、ホンダ、日産、スバル「未定」、トヨタは?[新聞ウォッチ]. 2021年4月19日(月)08時54分. 国内の大手企業110社を …

2022年度新卒採用計画…三菱自とスズキ「増やす」、ホンダ、日産、スバル「未定」、トヨタは?[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)
国内の大手企業110社を対象とした2022年度(22年4月~23年3月)入社の新卒採用に関するアンケート調査で、採用数を21年度実績より減らすと回答した企業は22%に当たる24社に上ったそうだ。

ターボ投入で存在感アップ!! それでもフォレスターの販売が伸び悩む理由は?

昨年10月にマイチェンしたスバルのフォレスター。現行モデルになってラインナップから消えていたターボが復活した。 ところが、今年に入ってから …

フォレスター ターボ投入で存在感アップ!! それでも販売が伸び悩む理由は? - 自動車情報誌「ベストカー」
スバル『フォレスター』に待望のターボ復活! で売上倍増のはずだった。しかし国内販売が伸び悩んでいる。販売が伸びないその理由は何なのか? クルマそのものの出来の問題? 価格? そのほかに要因があるのか?

新型「ハリアー購入者」に見るトヨタSUV戦略

分析対象は、実質的な兄弟車である「RAV4」、スバル「フォレスター」、マツダ「CX-5」、そしてレクサス「NX」とした。購入時の比較環境や昨今 …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

新日本・オーカーン 内藤に前哨戦5連勝!LIJリーダー交代要求「一生、二番手」

終盤には4人が入り乱れる中で、SANADAに変型背骨折りの大空スバル式羊殺し、アイアンクロースラムのエリミネーターで大ダメージを与える …

指定されたページは存在しません|au Webポータル
タイトルとURLをコピーしました